株式会社揚羽

株式会社揚羽は「未来の一歩を創りだす」をミッションに活動する、 ブランディング&エグゼキューションパートナーです。 オウンドメディア「MAGAZINE」にてブランディングに関する情報を発信しています。 https://www.ageha.tv/magazine/

株式会社揚羽

株式会社揚羽は「未来の一歩を創りだす」をミッションに活動する、 ブランディング&エグゼキューションパートナーです。 オウンドメディア「MAGAZINE」にてブランディングに関する情報を発信しています。 https://www.ageha.tv/magazine/

    マガジン

    最近の記事

    SDGsとビジネスの密接な関係07 目標7「エネルギーをみんなに。そしてクリーンに」【事例・動画解説あり】

    SDGsをビジネス視点で捉えるみなさま、お久しぶりです。ディレクターの加藤です。久々の投稿は、SDGs関連について取り上げていきたいと思います。 最近では、消費者にとっても感度の高いテーマとなってきたかと思います。企業としてSDGsを経営に取り入れる流れは、上場企業だけでなく中小企業の間でも広がってきました。自社でもSDGsに取り組もうと考えている方は多いのではないでしょうか。ビジネスにSDGsを取り入れるため、まずはSDGsを本質的に理解していきましょう。 当社のYouT

    スキ
    1
      • 「SDGs Biz“共創”Meetup」を開催!サステナブルな未来を実現するコミュニティが始動

        「SDGs Biz“共創”Meetup」を開催いたしました2022年7月6日(水)に弊社オフィスにて、交流イベント「SDGs Biz“共創”Meetup」を開催いたしました。 今回開催した「SDGs Biz“共創”Meetup」は、「SDGs Biz“共創”コミュニティ」における記念すべき第1回目の活動です。「SDGs Biz“共創”コミュニティ」とは、サステナブルな未来の実現のため、サステナビリティ経営で日本を代表する企業が集い、意見を交換し協力し合いながら価値を創出する

        スキ
        3
        • 自社の採用力を見える化。ビズミルサーベイの使い方を解説します。

          はじめに皆さんこんにちは。株式会社揚羽ブランドマーケティング部の橋本です。 普段は、本記事で解説するビズミルサーベイをご導入頂いたお客様向けに、導入後の活用に関するサポートを行っています。 この記事では ・ビズミルサーベイってどうやって使うの? ・取ったデータからどんなことが分かるの? ・操作/運用にはどれくらい手間がかかるの? といった疑問にお答えしていきます。 「何となくサービスの概要は掴めたけど、自社でどのように活用出来そうかまではイメージが湧いていない」という方は

          • 「採用ブランド力」のPDCAを回す、新卒採用振り返り方法

            はじめにこんにちは。揚羽のブランドマーケティング部 ビズミルサーベイサポート担当の水谷です。 今年の1月からビズミルサーベイサポート担当として、お客様のフォローを中心に業務を行っております。 採用振り返りについて近頃は、採用活動の振り返りをお伺いしながら、次年度の施策についてのお打ち合わせをさせていただく機会が増えてまいりました。そこで、本日は弊社がご支援している各社様にお伝えしている効果的な振り返りの方法についてご紹介します。 まず、皆様は採用の振り返りをどのような目的

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • サステナビリティ・SDGs
            株式会社揚羽
          • 採用ブランディング
            株式会社揚羽
          • インナー&アウターブランディング
            株式会社揚羽
          • クリエイティブ
            株式会社揚羽
          • マーケティング
            株式会社揚羽

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            SDGsとビジネスの密接な関係06 目標6「安全な水とトイレを世界中に」【事例・動画解説あり】

            SDGsをビジネス視点で捉えるみなさま、こんにちは。ディレクターの松村です。 先日、SDGsを象徴する17のゴールのカラーを使用したモザイク模様が印象的な「SDGsトレイン」という東急電鉄の車両を見かけました。SDGsバッジをつけたビジネスマンを見かけることも多くなり、朝日新聞社の調査では2021年12月時点で「SDGsという言葉を聞いたことがある」と答えた人が76.3%に達したそうです。盛り上がりが顕著になってきた今、企業がSDGsへの取り組みを発信するのは当たり前になって

            食わず嫌い就活に終止符を!Win-Win採用への道のり 前編 〜Z世代の就活を考えてみる〜

            食わず嫌い就活とは?みなさま、こんにちは。ディレクターの松村です。 「食わず嫌い」と聞くと、みなさまも何か思い当たる食べ物があるのではないでしょうか。食わず嫌いとは、「食べたこともなく、味もわからないのに嫌いだと決め込むこと」ですよね。食べ物以外にも、特に理由もなく避けてしまうモノ・コトなど、誰でも経験したことがあるでしょう。 今回は、就職活動においても「食わず嫌い」の実態があるのではないかという仮説のもと、現代の就活生にあたるZ世代の特徴を分析し、どのような採用活動を行

            スキ
            1

            学生のイメージギャップに要注意!?就活前後の企業ブランドイメージを比較!

            はじめにこんにちは。揚羽のブランドマーケティング部 ビズミルサーベイサポート担当の橋本大貴です。 23卒選考が解禁されて1カ月、目の前の23卒と同時に24卒の早期イベントも始まる時期となりました。各社、23卒の振り返りと24卒の計画を進められる頃かと思います。皆さまの会社では、どのように振り返りをされていますでしょうか? 揚羽では毎年、就職活動中の学生に「企業ブランドイメージ」のアンケートを実施していますが、今回は、23卒の学生に秋・春に分けて調査を行いました。そこで本記事

            スキ
            2

            コーポレートブランディングのプロセスをご紹介!ブランドの基盤づくりとは?

            コーポレートブランディングとはこんにちは、ブランドコンサルティンググループに所属するジュニアコンサルタントの米山です。 普段のビジネスシーンから「ブランディング」という言葉も活発に使われるようになった昨今ですが、例えば会議で「うちもブランディングに力を入れよう!」と声が上がっても、何から始めたらいいかわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。 コーポレートブランディングは、今では企業のブランドを構築するための企業活動全体を指すことが多く、インナー(従業員)、アウ

            スキ
            1

            コンビニってスゴイ!? case.1 ペットボトル編 「デザインで考える」コンビニでペットボトルを買うまで。#クリエイティブ#デザイン

            はじめにみなさんこんにちは。デザイナーグループ マネージャーの名古屋です。 デザインは生活の中に溶け込んでいます。たくさんの革新的なデザインが生まれ生活は豊かになりました。デザインは進化だけでなく伝統的なものとも共存し、豊かな感性を持てる時代になってきています。そんな時代にワクワクしながら未来を楽しんでいければと思います。 私の記事第一弾としては、私がほぼ毎日行っているコンビニエンスストアをデザインの視点から、深掘ってみました。 コンビニの役割コンビニは欲しいものがいつ

            スキ
            1

            SDGsとビジネスの密接な関係05 目標5「ジェンダー平等を実現しよう」【事例・動画解説あり】

            SDGsをビジネス視点で捉えるみなさま、こんにちは。ディレクターの松村です。 SDGsは2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。国連サミットで採択されたのは2015年ですが、2030年まで10年もないところまで来ています。多くのメディアで取り上げられている現状ですが、生活者・消費者としてだけでなく、ビジネスとしての取り組みが盛んになることも期待されています。 当社のYouTubeチャンネル「SDGsBiz(エスディージーズビズ)」では、「SDGsはビジネ

            スキ
            1

            デザイナー社内勉強会「Monthly Training」はじめました(第1回)

            はじめにこんにちは!はじめまして!デザイナーの近藤です。2017年に新卒で揚羽に入り、4月で6年目に突入します。 デザイナーグループではサブマネージャーをしながら、アートディレクター兼デザイナーとして日々パンフレットやwebサイト、イラストレーション、ロゴマーク、パッケージなどなど幅広い分野のデザインをさせていただいてます。 さっそくですが、みなさまの会社ではデザイナーの勉強会をされてますか?? 揚羽のデザイナーグループでは2021年7月から月に1回、勉強会をはじめました

            スキ
            1

            デザイナーってなにを見てどう考えている?デザイナーの頭を解き明かす!Vol.1「デザインを視ること、伝えることって何だろう」

            はじめにこんにちは。猫好きなデザイナー&マネージャーのにしです。 デザイナーとして日々仕事をこなす中で、時折「センスがある/ない」といった会話を聞くことがあります。非デザイン系の学校を卒業した自分は、センスってなんだろう?それって備わってるものなの?それとも後天的なもの?などとよく考えたりしています。 「デザインってなんだろう」 「デザインで伝えるってなんだろう」 ともすると、なにを考えてるか分からない“ちょっと不思議な集団”に見えちゃう時もあるデザイナーという職業。今

            スキ
            2

            SDGsとビジネスの密接な関係04 目標4「質の高い教育をみんなに」【事例・動画解説あり】

            SDGsをビジネス視点で捉えるみなさま、こんにちは。ディレクターの松村です。 近年、SDGsという言葉は広く知れ渡り、2021年11月にはその年に最も話題になった言葉を選ぶ『現代用語の基礎知識選 2021ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート30語にランクインされました。一般向けのメディアでは、生活者に向けて自然保護やエコロジー活動として語られることが多いかと思います。単なる流行で終わらせないためには、企業による活動が不可欠です。 当社のYouTubeチャンネル「SDGs

            スキ
            3

            デザイナーの仕事の成長と評価、そしてデザイン組織のマネジメントをどう描く?(後編)

            はじめにこんにちは。デザイナー&マネージャーの西です。 デザイナー個人のキャリアと、デザイン組織をどうマネジメントすべきか、揚羽のデザイナー&マネージャーという立場から解説します。前回の前編では、揚羽におけるデザイナーの成長の流れを、どのように評価に結びつけるかについて、デザイナーのキャリアを分解することで紐解きました。後編の今回は、デザイナーの成長ステップと、成長のための「デザイン組織」をどうマネジメントしていくかについて記してみようと思います。 前編をまだご覧になって

            スキ
            2

            デザイナーの仕事の成長と評価、そしてデザイン組織のマネジメントをどう描く?(前編)

            はじめにこんにちは。デザイナー&マネージャーの西です。 近年、DXやデザイン経営の必要性が語られるようになり、デザイナー自身もCDO(最高デジタル責任者)として経営ボードと綿密に連携し、ビジネスと直結した活躍を求められるようになってきています。そんな中でデザイナーのキャリアをどう作っていくか、そして組織としてデザインをどう捉えて活かしていくかを考える大変重要な時期に来ているのだと感じています。デザインの偏差値を上げながら組織としてデザインにどう取り組んでいくか…。 今回は

            スキ
            1

            SDGsとビジネスの密接な関係03 目標3「すべての人に健康と福祉を」【事例・動画解説あり】

            SDGsをビジネス視点で捉えるこんにちは。制作ディレクターのヒナタです。 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標です。地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓い、発展途上国のみならず、日本を含む先進国も積極的に取り組んでいます。 当社のYouTubeチャンネル「SDGsBiz(エスディージーズ

            スキ
            1