見出し画像

大人になったら友達ってどうやってできるの

「私、友達がいないんですよ」

最近、いろんな人からこの言葉をよく聞くというか、私の中にひっかかりが残る。なぜかって、私も友達が全然いない実感があるから。

でも私をある程度知っている人にそう言うと、「お前が友達いないなんて言うな」「いつもたくさんの人に囲まれてるじゃないか」「嘘をつくな」と、ツッコミがあるというよりは、半ば罵倒というか、責め立てられる。なんでさなんでさ、だって友達、全然いないんだもの!

休日に気になったイベントがあっても、誘える人がいない。頭に浮かぶ人もいない。誘われもしない。SNSに「このイベントに来てるよ!」と書いたところで「私も行きたかったのに!誘ってよ」なんてコメントもつかない。

私は夏の音楽フェスが好きなのだが、大抵いつもひとりで参加している。この話をすると、好き好んでひとりでフェスに行ってる人だと思われるが、そういうわけでもない。「現地で会ったら乾杯しましょう!」とかよく言うけど、実際遭遇して乾杯したことなんてほとんどないし、乾杯できたとしても即解散でまたひとりだ。

ここでこんな話をするのは変だけど、私はよくいろんな人から「あなたのことが大好き!」と言われる。かといって人気者かと言われるとそうではない。なんでもないことを連絡してきてくれるわけでもない。こちらから連絡をしても、なんとなく続かないまま、社交辞令のような空気のまま終わってしまう。もっとなんでもないことを連絡してきてほしい。「大好き」って何なのだろう、難しい。

少し話はずれるけど、世間一般の「恋人ができない」という話についてまわるのが「出会いがない」という話。実際そういった人たちの話を聞いてみると、職場や学生時代から続いている以外に新しい人間関係がほとんどない。それって結局、大人になると「友達」を作るのは難しいという話と近いところにいるんじゃないか?

確かに、私は平日であれば声をかけたりかけられたりして飲みに行く友達はそこそこいる。でも、ほとんどが飲みに行くだけの関係。ごくたまに休日に遊びに誘われても、それは飲み会とセットなのである。

昔、大人が読む雑誌やテレビ番組を見て「なんで大人はいつも食事のことばかりなんだろう、もっと趣味とかないのかな」と子供ながらに思っていたのだが、たぶん大人は食事以外に日々楽しめるものがあまりない。

大人は意識的でなければ、努力をしなければ、無趣味になりがちだ。好奇心を失うわけではないが、ある程度がんばらなければ、好奇心に餌を与え続けるあらゆる余裕がない。大人になっても自然にできる人はおそらくなかなか稀である。

やっぱり大人になると、「友達」を作るのは難しいんじゃないか?

30代を目前に結婚ラッシュが起きて、大学時代の友達の結婚式に呼ばれると、昔ながらの「職場の人たち」と「学生時代からの友達」、そして親族という構成がほとんどである。みんな社会人になってから、そういう場所に呼ぶほどの友達ができていない。社会人になってからの友達がいる結婚式というのはなかなか呼ばれない。

稀に、社会人になってからの友達がたくさん来ている人の結婚式に参列するが、そういった人の場合、仕事関係で「同志」と呼べるような人たちがたくさんいる。でもそれって同じ会社の人間関係がメインの人たちにしたらなかなか珍しい光景なんじゃないかと思う。

あと30代も目前になると、周りは結婚して子供が生まれるなどして、気軽に誘って遊べるような人はガクッと減ると思う。この話に関してはよく「そうそう」「あるある」と言われる。私はまだその状態になっていないが、これからどうなるんだろうとちょっと怖い。

やっぱり、大人になると、「友達」を作るのは難しいんだと思う。

「そんなに会う頻度が高くなくても友達じゃん」「年に何度か食事ができる関係で十分じゃん」「っていうかあなたはそんなに暇なの?」みたいに言われるのは覚悟してるつもりなのだけど、ちょっと今回はそうじゃなくて、ある程度ひとりが苦手で、学生時代みたいにつるむ仲間みたいなものが必要で、友達がいる・いない・少ないといった自覚を持っている人の話を聞きたい。

みなさん、社会に出てからの人間関係で「友達」と呼べる人はどれくらいいますか? そして、そういう人たちとはどんな関係ですか?(会う頻度とか、友達と何をするかとか)っていうか……友達って何だ!?(そんな疑問、社会人になるまでなかったのに)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!励みになります!!
269
日本のエンタメが主な領域の編集者/フリーライター。

この記事が入っているマガジン

何度でも読みたい
何度でも読みたい
  • 1530本

何度でも読みます。

コメント (17)
結婚し、子供ができた友達とも、一緒に遊んでます。うちは子供いませんが、ファミリー向けのイベントに子供になったつもりで参加してます。
ファミリー向けの空気だからって、空気なんか読まなくていいと思います。
そういう、〜向けと言うカテゴライズが、また一つ出会いをワンパターンにしてると思います。 好きと思えば参加する。セミナーでも、占いでも、運動イベントでも、ファミリーイベントでも。
私は友達を気にする暇がなく、障害の対処で人生ほぼ全部消費してたので、生命維持の方に必死で、友達とか夢の中や妄想で作ってましたね。
学生時代は専門課程に進むまで、友達らしい人は数人しかいなかった。 今でもゲームと、幼馴染たちとくらいしか人と触れてません。 好きな事を突き詰めてたら、意見出るし、ぶつかる人出るし、気があう人が出るかと。
好きな事を極めてれば、社会人になっても友達は勝手にできます。 なぜ、好きな事がないのか、惰性で続けてる、ついやっちゃうことがないのか、むしろ不思議。 私は疲れるけど楽しいからつい、FPS型のリアルなホラーゲームしちゃいますね。チーズやコミックエッセイも好きなのであらゆるチーズ食べたりエッセイ読みますし。 そういう惰性から、開ける世界もあるのでは。
うーん、友達がいないって気持ちわかります。個人的には会って酒だけ飲むってのはなんだかもったいないと思います。何か無駄なことをして帰りにちょっと飲んで解散というのが理想で、その実現のために地味な小企画を立てたりもしてます。
友達の定義は人それぞれでいいと思います。
ステレオタイプに当てはめて、自分は友達がいないとか、少ないとか思う必要はない。
そもそも友達が多い事が人に自慢するようなこととは思えない。
人と一緒にいないと落ち着かないのというのも大人気ないですしね。
個人的には、友達とは、自分が気にかけている相手のことだと思います。
会いたいなあって、時々でも思える人。
両想いである必要もない。
会いたいと思うときに、連絡して会ってみる。
また、会いたいと思ったら、また会う。
そんな関係が友達であって、大勢で連んでいても個人で見たときに気にもかけていない相手なら知り合いと呼ぶ方が相応しいかもしれない。
ぜひ、会いたいと思う人に自分から連絡してみて下さい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。