見出し画像

モノづくり産業の片隅で、愛をさけぶ~コンサルの皆様へのラブレター~

こんにちは!キャディのプラットフォーム戦略室で働いてるたけろーです!
最近Twitterをやりすぎ疑惑ですが、ちゃんと仕事もしております(笑)

さて、日々業務をこなす中、やはりキャディの事業とコンサル経験は非常にフィットが高く、もっともっとたくさんのコンサルタントの皆様にキャディで働く楽しさを知っていただきたい、と思って資料を作成しました。

フルの資料はこちらです・・・!
https://speakerdeck.com/caddi_eng/konsaruteinguye-jie-falsefang-xiang-ke-kiyadeihefalsezhao-dai-zhuang

大きくは、下記4点についてご説明をしたいと思って筆を執りました。
このnoteは、資料のダイジェスト版/込めた想いを編集後記的に記載できればと思います。
・1. なんでこのタイミングでコンサル採用強化してるの?
・2. コンサルで働くのとキャディで働くのってどんな事が違うの?
・3. キャディで、コンサルで培ったどんなスキルが活かせるの?
・4. どんなポジションで、どんな事ができそう?

コンサルの方で、経験を活かしてスタートアップで働くとはどういう事か、
もしご興味があればお付き合いいただけると幸いです!




1. なんでこのタイミングでコンサル採用強化してるの?


一言で言うと、「事業成長/事業領域拡大に伴い、難しい課題がめちゃくちゃたくさん出てきているから」です。コンサルの課題解決スキルが前にも増して活きやすいフェーズに入ってきたとも言えます。詳しくは私が愛を込めて書いた下記をご覧いただけると幸いです。

画像1

2. コンサルで働くのとキャディで働くのってどんな事が違うの?

大きく3つあります!
・インパクトの対象範囲
・打ち手の実行スピード
・働く仲間の多様性
です!

個人的に特に感じているのは、2番目のスピード感のところで、「これやった方がいいよね」という施策について、その日のうちにキックオフMTGをセットし、翌日には施策が走っている、実行までのリードタイムが非常に短いのがめちゃくちゃ爽快です。

画像2

3. キャディで、コンサルで培ったどんなスキルが活かせるの?

これも大きく3つあると思ってます!
・①事業ドライバーを分解し、ストーリー構築して物事をドライブする能力
・②様々なステークホルダーを巻き込んだプロジェクト設計・マネジメント能力
・③不確実性のある/非定型な状況への対応力

これはキャディという重厚長大産業における前代未聞の挑戦を行う上でどれも非常に重要なスキルだと理解してまして、詳しめに書いています。
ここは文字多すぎじゃない?と、社内で結構議論になったのですが、結局あまり文字を減らすことができませんでした(笑)


画像3

画像4

画像5


4. どんなポジションで、どんな事ができそう?

はい、色々あります。経営企画室で製造業重厚長大産業のKSFと、それが進捗している事を計測するメトリクスを設計していただくもよし、クライアントとの関係構築経験を活かしてアライアンスを担っていただくもよし、お好きなポジションをお選びください!

画像6


終わりに

いかがでしたでしょうか!
今までコンサルティングで培っていただいたスキルが、どのようにキャディで活かせるのか、少しでもイメージが湧いていただけたら幸いです。

少しでもご興味をお持ちいただけた方、是非カジュアルにお話しましょう!
Twitterでご連絡、お待ちしております!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
製造業の受発注プラットフォームのキャディでプラットフォーム戦略企画を担当しています。 一橋経済⇒新日本監査法人⇒BCG⇒キャディ