VALORANT JCG TOURNAMENT # 2 でSCARZを破った謎のチーム単芝ブロッサム調査報告(追記あり)

ひょうきんなチーム名と選手名に、似つかわしくない確固たる実力。実力者のサブアカウントのみで結成されたチームなのではないか、という疑いを私は持った。過去に似たような事例があったからだ。

諸兄はいかがお考えだろうか。

結論から言うと彼らはワンショット(※一度限りという意)の幻影などではない。「単芝ブロッサム」は実在する。

選手名で検索をかけたところ、あっさり見つけることができた。

@N_FrancisVL
@killgreedval
@tarezouvalo
@arashioganen1
@JoseGon1223
※チームのアカウントは見つからず

また、敗れこそしたものの、彼らはVALORANT from TOKYO # 1 においてもLag Gaming相手に12-13と接戦を演じている。つまるところ、SCARZに勝利した実力は紛れもなく本物だ。

ただひとつ、全員に共通して「Twitterのアカウントが開設されたのが2020年6月以降」だという事実はとても気になる。それ以前の活動の痕跡はどこにも見当たらない。

今時SNSをやらない硬派なゲーマーが、チーム活動をするにあたってTwitterを始めたと考えるべきだろうか? やはり本アカウントは別でどこかにあるのだろうか? 何かしらの狙いはあるはずだが、推し量るすべがない。

いずれにしても、彼らは本気でVALORANTで栄光を掴もうとしているようだ。それは実力が物語っている。残念ながら週末のRAGE VALORANT JAPAN INVITATIONALへの出場はないが、謎多き単芝ブロッサムの今後の動向には要注目だ。

今回の調査はここまで。

(6/20追記)やはりサブアカウントによるチームだったことまでは突き止めたが程なく解散が発表された。よってこの調査はここまでとする。彼らの本来の姿での今後の活躍に期待したい。

- 参考 -
VALORANT JCG TOURNAMENT # 2 - YouTube
VFT # 1 - Challonge
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こちらでいただいたお金は純粋に記事を書く原動力となります。

╭( ・ㅂ・)و̑ グッ
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。