見出し画像

英語で題名を表記する

英語を書くときに、新聞記事のタイトル、雑誌名、本の題名、映画の題名、テレビ番組名、その一話一話の題名をどういうふうに表記するか、意識していますか? 日本語だと、カギカッコ(「」)で囲んだりするのですが、英語でもちゃんとルールがあるのです。

今回は題名を表記するときのルールについてみていきます。

イタリックにするもの

次のようなものの題名は、イタリックにします。手書きの場合は、アンダーライン(下線)を引きます。

画像1

題名が冠詞(a、an、the)ではじまるようなとき、それをつけると文の構文に合わなくなるような場合には、その冠詞を取ることができます。たとえば

画像2

とすると、Dickens' A Taleとなってしまい、文法的におかしくなってしまいますね。

そんなときには、Dickens'の次のAを取り除いて

画像3

のようにあらわします。

定期刊行物の題名が、冠詞ではじまる題名で、それが文中にくる場合には、その冠詞はイタリックにしたり下線を引いたりはしません(ただしその冠詞が文頭にくる場合は除きます)。たとえば

画像4

の「the Post」の前の「the」はイタリックになりません。

引用符でくくるもの

次のようなものは、ダブルクォーテーション(引用符)でくくります。

画像5

例:

画像6

まとめ

いかがでしたか?

題名の書き方には2種類あることをみていきました。

・本、パンフレット、コレクション、定期刊行物、新聞、長編詩、演劇、映画、ミュージカル作品、絵画や彫刻の作品、TV番組の題名は、イタリックにする
・新聞・雑誌記事、エッセイ、歌、本の各章、短編小説、短い詩、ミュージカルの一場、テレビ番組の一話の題名は、引用符でくくる

題名の表記のルールを知って、正しく英文を書くようにしましょう。

参考文献:The Princeton Language Institute. "21st Century Guide To Improving Your Writing". New York: Dell Publishing, 1995.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5