新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

若者たちを応援することは、明るい未来をつくること。3団体が団結してのクラウドファンディング「【#働くを取り戻す】コロナ時代の若者応援プロジェクト」実施中!

DxP、育て上げネット、キズキグループの
若者支援に関わる3団体が、
一致団結してのクラウドファンディング
「【#働くを取り戻す】コロナ時代の若者応援プロジェクト」を実施しています。

若者の「働く」をサポート

昨今の新型コロナウイルス感染症により、
社会には予想もしなかった事態が起こり、
それぞれに打撃を与えました。

医療現場などのサポートは緊急課題として
持ち上がっていますが、これから次の課題として
長期にわたり大きな影響を及ぼすと
考えられているのが「雇用」。

緊急事態宣言期間を中心にした外出自粛や
イベントなどの中止。
その他さまざまなところで
経済活動は縮小を余儀なくされました。

その影響で、内定を取り消されたり、
シフトが減らされ、今日明日の生活さえ
ままならず困っている若者の声が聞かれています。

現実に、失業者数も1年前より
増加しているというデータもあります。

経済不況と自殺者数は連動するため、
社会とのつながりを断たれた若者たちの
自殺などの増加も懸念されます。

また、コロナ以前から、
貧困・発達障害・家庭内不和などの
さまざまな背景により、働くことにハードルを
感じていた若者が、さらに孤立する事態に。

この事態を前に、これまで若者をサポートしてきた
・育て上げネット
・キズキグループ
・DxP

の3団体が、「#働くを取り戻す」をテーマに、
困難な状況下に立たされた若者を
サポートすべく、手を組みました。

3団体の強みを生かし、つないでいく

このクラウドファンディングでは、
3団体がそれぞれの強みを生かし、
知見を共有しながら連携し、
若者たちに必要なサポートを行い、
社会とつないでいきます。

対面、オンライン、動画の3つの方法で、
生活、スキル、就職/働くにつながるサポートを
行っていきます。

参加方法

「【#働くを取り戻す】コロナ時代の若者応援プロジェクト」
2020年6月22日まで支援を受付中。

現在受付中の支援は
5,000円から全8コース。

それぞれの形で、若者たちの就職支援を
行うこととなります。

詳細については、
「【#働くを取り戻す】コロナ時代の若者応援プロジェクト」
ページを参照ください。

若者を支えることは、未来をつくること

少子高齢化が進み、人口も減少している日本。
若者を支えることは、将来にわたっての
大きな投資につながっていきます。

支えが少なく、孤立してしまいそうな若者を、
たくさんの大人たちが支え、社会へつなぐことは
明るい未来をつくることにもなります。

支援募集期間は2020年6月22日まで。
宜しかったら一緒に、若者たちの希望を、
そして明るい未来をつくっていきましょう。



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!大好きです☺
3
2016.01.15 start。ブログ『コバログ』http://koba-since2014.blog.jp/ 毎日更新。CFP。美味しいもの。野球。サッカー。旅。生き方。働き方。写真。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。