続・エポパテによるダボの作り方

この記事は、初代プラモ制覇 Advent Calendar 2018の22日目の記事です。

こちらの記事の続きになります。

前回は、下の写真のところまで作業していました。

今回は、右側のグレーのエポキシパテに、レジンで複製した爪の部分を移植します。

レジンで複製したパーツは、下の写真のようになりました。8個ある白っぽいパーツが、複製したものです。

レジンパーツに若干、凸を作ってある為、プラモデルのパーツ埋まるように、エポパテを削って調整します。出来上がった物が、下の写真になります。

プラモデルのパーツと並べてみます。

嵌めてみた写真です。

脱着して、分解すると下の写真のようにバラバラになります。

これで、デビルクローの脱着ギミックは完成になります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

埼玉に住んでいる、ゲームプログラマーです。 プラギルドさんで活動している模型モデラーで、SD作品を中心に制作しています。 模型でもゲームでもどちらでも、絡んでやってください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。