ゴールドシップと「華麗なる一族」の巡り会い、エドノフェリーチェに秋の飛躍を願って
見出し画像

ゴールドシップと「華麗なる一族」の巡り会い、エドノフェリーチェに秋の飛躍を願って

いつもなら週末はブログで見どころを書いているのだが、明日はさほどネタがなかったりするもので、代わりに一頭のゴールドシップ産駒を取り上げたい。

エドノフェリーチェである。

デビューから一貫して芝の2000m以上を使われている、超正統派のゴールドシップ産駒。なかなか速い上がりを使えず、位置取りが悪くなると差し届かないという意味でも正統派と言えちゃったりする。

ところが、この男との出会いが運命を変えた..かもしれない。ご存知ユーバーレーベンでオークスを制した「ゴールドシップ使い」ミルコ・デムーロである。前走の信夫山特別で初めてコンビを組むと、これまでのレースぶりとは見違えるような積極策。2番手追走から早々と先頭に躍り出ると、何と2着に7馬身差をつける圧勝。これまで現級で5戦して勝ち切れなかったのが信じられないほどのパフォーマンスを見せてくれた。

はいそこ、東京の速い上がり勝負で通用しなかっただけとか言わないの。

実は今までこの馬の血統をしっかり見たことがなかったんですけど、母系を辿ると三代母がハギノトップレディなんですよね。その母イットー、弟ハギノカムイオーら快速馬を輩出した「華麗なる一族」の末裔だったとは。
そこにラムタラ→ブライアンズタイムと重厚な血を重ねた末にゴールドシップじゃそりゃこういう馬になるよなと苦笑いしつつも、こうして日本古来から伝わる血脈から活躍馬が出てくる意義は大きいし、そこに同じく在来牝系が繋がり産まれたゴールドシップが良いエッセンスになればうれしい話。

この勢いに乗って21日(土)新潟メインの日本海Sに出走する。鞍上はもちろん引き続きミルコ。一気にOP入りを果たせれば、秋のエリザベス女王杯出走もかすかに見えてくる。こっそり新潟牝馬Sあたりで賞金加算する計画が密かに練られていることを期待したい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハシスポ|競馬とガンバ大阪と野球

ハシスポは皆さまからの「投げ銭」によるご声援をお寄せいただくことを目標としています。 ぜひ、この記事への評価としてサポートをいただけませんでしょうか。いただいたご支援はスポーツ関連の情報収集や、他のnoteクリエイターの方々へのサポート等に活用する予定です。よろしくお願いします。

Thank you !!
競馬コラムやガンバ大阪の観戦記を連載中。ブログも同時更新しています。 http://bujikore-life.blog/