見出し画像

【競馬】「伝説の新馬戦」も霞む? フィデルが来週デビューに向け抜群の動き

先日から何度も取り上げているように、宝塚記念当日の阪神芝1800mに注目が集まっている。ディープインパクト産駒の良血も多数出走予定で、「伝説の新馬戦」とも呼ばれるほど。我がPOG指名馬ではレッドベルアーム・ダノンフォーナインがスタンバイ。きょうも最終追い切りの内容が届くのをソワソワしながら待っていたが、そのへんの話はまた週末に。

しかし、それらも霞ませてしまうかもしれない逸材がデビューを控えている。友道康夫厩舎のハーツクライ産駒・フィデルだ。セレクトセールで「ラウンドワン」の杉野公彦氏が1.9億円で落札したこともあり、早くから評判にはなっていたのだが入厩後の動きが秀逸。きょうの一週前追い切りタイムも抜群だった。

<フィデル>
栗CW良 81.6-66.1-51.6-38.1-11.8(一杯)
ジュンブルースカイ(古馬2勝)一杯の外0.7秒先行0.4秒先着

すばらしい。この時期のデビュー前にこれだけ動けるハーツクライ産駒とかこの先どうなっちゃうの。ラジオNIKKEI賞に出走を予定しているジュンブルースカイに並ばせないフットワーク。新馬戦はまず負けるようなことは考えづらいし、早めに来季クラシックへの賞金を重ねてしまいたいところ。

正直、未知数なところが多かったしPOG検討期間では地雷認定してたんですよね..しかもライバル陣営がドラ1で単独指名に成功。このまま当たり確定したらスゴいとしか言いようがないです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハシスポ|競馬とガンバ大阪と野球

ハシスポは皆さまからの「投げ銭」によるご声援をお寄せいただくことを目標としています。 ぜひ、この記事への評価としてサポートをいただけませんでしょうか。いただいたご支援はスポーツ関連の情報収集や、他のnoteクリエイターの方々へのサポート等に活用する予定です。よろしくお願いします。

Thank you !!
2004年からブログを書き続ける男が、毎週の競馬の見どころや振り返り、ガンバ大阪の観戦記などを中心にほぼ毎日更新しています。好きな馬はゴールドシップとスティルインラブ。奥さんと4歳の娘と平和な三人暮らし。京都府。【旧ブログ】http://bujikore-life.blog/