五行小説

99
記事

喪中ハガキ

しまった! もう亡くなった人に年賀状を出してしまった! と、思い出したのは、松の内が明けた頃にその方のご主人から喪中ハガキが送られてきたからで…

パソコンが使えない

「えっと……この”ctrl”ってキーを押しながら”C”を押すと……ああ、間違えた。」   「ちょっと、コピー&ペーストくらいのことができないって、ど…

履歴

-- 320年前の今日、私は備前の百姓の家に生まれました。名を「いち」と申します。貧しい家で朝から晩まで両親と夫の仕事を手伝い、子供を八人産ん…

あいさつに来て

「隣に誰か引っ越してきた気配があるのに、ウチに全然あいさつがない。最近の若い人はなってないわ。」 と、向かいの奥さんに愚痴を言ったのは、つい昨…

帰ってくる

今日も、夫はちゃんと帰ってきた。   気配を感じて玄関をふと見たら、キッチンと廊下の間にかかるのれんの下から足が見えた。 「お帰り。」 と言っ…

無料処分

はい。確かにこちらでは5年ほど前までブラウン管テレビなど無料でお引き取りしていました。 送料だけ持っていただいて、箱に詰めて送っていただければ…

悪習

大人になるにつれ、他人の言葉が本音なのか建て前なのか分からなくなり、カードのお告げに頼って行動するようになってしまった。 古びた木の箱に入った…

手相を描く人

「手相描き師」という人を知っていますか? その人に足らない相を描いてもらうと運勢が変わるといいます。   例えば、生命線を伸ばしてもらうと寿命…

私、こう見えましても

私は子供の頃から「いじられ」やすい。 「いじられる」といえば聞こえが良いが、要は馬鹿にされているのである。 いつもニコニコした顔を作って、気弱…

中の人

寒くなってきたので、やっとファンヒーターを出した。 1年ぶりに灯油を入れて電源をオン。 横に広がった口から温風がゴォーーっと吹いてくる。 真っ…