ケアラータイムズ / The Carer Times

ケアラータイムズは、ケアラーに関する情報をわかりやすく発信している新聞です。発行人は、埼玉県議会議員・吉良英敏。年2回程度、紙で発行していますが、このnoteにも一部転載します。紙面の送付を希望される方は、吉良英敏のLINE(https://lin.ee/TSAmw3c)まで。

ケアラータイムズ / The Carer Times

ケアラータイムズは、ケアラーに関する情報をわかりやすく発信している新聞です。発行人は、埼玉県議会議員・吉良英敏。年2回程度、紙で発行していますが、このnoteにも一部転載します。紙面の送付を希望される方は、吉良英敏のLINE(https://lin.ee/TSAmw3c)まで。

    最近の記事

    【ケアラー’s コラム】ラフィングケアラー あなたが笑う未来を信じて

    ※この記事は「ケアラータイムズ 第4号」(2022年3月号)からの転載です。 ◆コラム執筆者: 元ヤングケアラー・現ケアラー/看護師 かんちゃん 誰もがケアに関わる「一億総ケアラー社会」が近く訪れようとしています。介護というと「暗い・しんどい」というマイナスの側面に焦点が当たりがちですが、私の経験から「学び・成長・日々のすべらない話」などプラスの側面を共有したいと思い、インスタライブで情報発信しています。私は自分に『ラフィングケアラー』(笑っているケアラー)と名付けて、日

      • 【編集者コラム】幸福の国・フィンランドの視点から

        ※この記事は「ケアラータイムズ 第4号」(2022年3月号)からの転載です。 幸福の国フィンランド。先日、フィンランド大使館を訪問する機会がありました。フィンランドは国連の「世界幸福度報告書」で4年連続第1位。その理由はどこにあるのでしょうか。 幸福度ランキングの調査項目は主に6つ。「GDP」「社会的支援」「健康寿命」「人生の選択の自由度」「寛容さ」「腐敗の認識」です。今回はこのうち、「社会的支援」「人生の選択の自由度」「寛容さ」の3つに注目して考えてみたいと思います。

        • <国の令和3・4年度予算> ヤングケアラー支援 国で初の予算化!

          ※この記事は「ケアラータイムズ 第4号」(2022年3月号)からの転載です。 国の令和3年度第1次補正予算、そして令和4年度当初予算に、初めてヤングケアラー支援が盛り込まれ、大きな予算が確保されました。また、令和4年度からの3年間はヤングケアラー支援の集中取り組み期間と位置付けられています。 表からもお分かりいただけるように、ヤングケアラー単独の事業はまだ少なく、「子育て支援」や「児童虐待防止」の括りに組み込まれた形のため、予算規模を正確に計算することは難しい状況です。た

          • <埼玉県 令和4年度当初予算>ケアラー支援関連 約12億円に

            ※この記事は「ケアラータイムズ 第4号」(2022年3月号)からの転載です。 埼玉県の令和4年度当初予算が発表され、ケアラー支援関連予算が、約12億円に上ることが分かりました(表)。令和3年度当初予算と比較しても約1200万円増額、事業数も「新規」で7項目増えています。令和3年度は初めてケアラー支援が予算化されましたが、2年目はより実態に合わせた内容に適正化されています。 総額は2憶から12億へ 令和3年度のケアラー支援関連予算は約2億円(本紙第2号参照)だったにもかか

            <チームネクサス>ヤングケアラー支援をテーマに全国優勝!

            ※この記事は「ケアラー新聞(現ケアラータイムズ)第3号」からの転載です。 「未来自治体全国大会2021」の『30年後の日本一住みたいまちを決めるコンテスト』にて、チームネクサス(吉良事務所のインターン生)が提案した、ヤングケアラー支援をテーマとする政策「きずな家(け)」が、全国優勝を果たしました。コンテストには全国から約1500人574チームがエントリーし、3月に実施された最終審査では国会議員とのディスカッションもあり、この大舞台に学生たちは力を存分に発揮してくれました。

            【元ヤングケアラー’sコラム】ヤングケアラーを支えるために、周りの大人ができること

            ※この記事は「ケアラー新聞(現ケアラータイムズ)第3号」からの転載です。 ◆コラム執筆者: スクールソーシャルワーカー くみさん 私が小学生の時、父が脳腫瘍のため長野の病院へ入院となり、母も付き添いで長野へ。私と兄は祖父母の家に預けられ、両親と離れ離れの生活になりました。当時、祖父母の家から長野の病院まで片道7時間かかり、携帯電話もなく、母とのやり取りは、病院の公衆電話からかかってくる電話と手紙だけ。父は目も見えず耳も聞こえなくなっており、会話も歩行も困難な状態にまで進行

            「病気や障害があっても大丈夫!」と思える社会へ~病気の子どもとその家族編~

            埼玉県は2020年3月、県議会にて全国初「埼玉県ケアラー支援条例」を制定。現在、有識者会議を設け、ケアラーおよびヤングケアラーの実態調査を実施し、2021年3月までに具体的な推進計画を策定する方向で進めております。今回は、病気の子どもとそのご家族への支援のアドバイスをいただきたいと思い、ニモカカクラブ代表 和田芽衣さんにお話を伺いました。 ◆テーマ:病気の子どもとその家族への支援について  ◆ご協力:病気のこどもと家族の会 ニモカカクラブ代表 和田芽衣さん ◆ご参加:お

            差別や偏見を越え、理解とつながりを~精神障害者とその家族編~

            埼玉県は2020年3月、県議会にて全国初「埼玉県ケアラー支援条例」を制定。現在、有識者会議を設け、ケアラーおよびヤングケアラーの実態調査を実施し、2021年3月までに具体的な推進計画を策定する方向で進めております。今回は、精神障害者とそのご家族への支援のアドバイスをいただきたいと思い、埼玉県精神障害者家族会連合会の岡田会長にお話を伺いました。 ◆テーマ:精神障害者とその家族への支援について  ◆ご協力:埼玉県精神障害者家族会連合会 会長 岡田久実子さん(写真右) ◆ご参

            きょうだい・きょうだい児 支援と向き合う

            埼玉県は、2020年3月議会にて全国初「ケアラー支援条例」を制定。私は提案者代表として条例制定に携わりました。現在、埼玉県は有識者会議、実態調査を実施しており、2021年3月までに推進計画を策定する方向で進めております。 今回は、「きょうだい・きょうだい児」支援のアドバイスをいただきたいと思い、ブレイブキッズさん、ケアラーアクションネットワーク協会さんにお話を伺いました。 ◆テーマ:きょうだい・きょうだい児支援について  ◆きょうだい児とは:慢性疾患や障がいを抱えている

            ケアラー支援に関する埼玉県議会「一般質問」全文

            埼玉県は、2020年3月議会にて全国初「ケアラー支援条例」を制定。私は提案者代表として条例制定に携わりました。 これまで全国の議員さんから、「ケアラー・ヤングケアラー支援について議会で取り上げたい、質問をしたいと考えています。どのような内容が良いでしょうか?」という相談やお問合せを多数いただきました。 そこで、埼玉県議会9月定例会(一般質問)でケアラー・ヤングケアラー支援について取り上げた内容をご参考に公開いたします。動画は埼玉県議会HPにて公開されております。(10月6日

            ヤングケアラー支援を考える

            埼玉県は2020年3月、県議会にて全国初「埼玉県ケアラー支援条例」を制定。現在、有識者会議を設け、ケアラーおよびヤングケアラーの実態調査を実施し、2021年3月までに具体的な推進計画を策定する方向で進めております。今回は、ヤングケアラー支援のアドバイスをいただきたいと思い、家族の介護をしている20~30代の就職・転職支援Yancle(株)宮﨑代表のオフィスにお伺いしました。 ◆テーマ:ヤングケアラー支援を考える ◆ヤングケアラーとは:通学や仕事のかたわら、障がいや病気のあ