見出し画像

新たなスタートライン。新たな試み。

緊急事態宣言が解除され6月から競輪も徐々に開催されるようになってきました。

この、今までにない大きな変化が世界中で起こっているなか、競輪界でも大きな変化がありました。

まず、開催にあたり地区斡旋という形になりました。これは、北は北海道・函館から南は九州・佐世保まで、全国へ斡旋される選手の移動を抑えるため、出来るだけ近隣の競輪場に斡旋されるということです。

開催期間中は密を防ぐため、控え室がソーシャルディスタンスとして広々設けられ、食事も入浴も時間制!
そして、分宿と徹底した対策、選手の協力、そして開催に尽力して下さった関係者の努力で行われています。

そして、今月7月からはオール7車立ての9レース制と開催人数が大幅に減り、勝ち上がりやレース形態も変化します。

今はまだ無観客開催が行われていますが、お客さんを入れている競輪場もチラホラ出てきたようなので、ぜひ、本場で生の競輪の迫力を体験してもらいたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
競輪選手の新田康仁です。現在45歳。現役最長記録更新を目指して日々鍛えています!競輪界のあれこれを楽しく紹介したいと思います。個人ブログhttp://nittayasuhito.blog56.fc2.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。