見出し画像

犬を自分に置き換える!!

犬は人間とは違う生き物です。姿形も違えば、必要とされる栄養素も違います。しかし根っこの部分でそこまで大きく違うものでしょうか?今回はそういったポイントについて解説していきます!

1.人と犬は違います!

・人は2本足で歩きます。犬は4足で歩きます。

・人は全身から汗をかきます。犬は肉球からしか汗をかけません。

・人は雑食です。犬は肉食寄りの雑食です。

このように、人と犬の違いをあげれば次から次へ出てくると思います。

こういった違いを理解して、犬に適した対応をしてあげる事はとても大切なことです!!

2.人と犬は全てが違うの??

それでは人と犬は全てが違うものでしょうか?私には、人と犬の心理的な部分がそこまで大きく違うとは思えません。

多くの場合、犬の立場にたって『自分だったらどう感じるか』を考えてあげれば、犬の気持ちから大きく外れる事はないと思っています。


例えば見ず知らずのワンちゃんに近づく時も、可愛いワンちゃんを見つめながら近づくと犬はどう感じるか自分に置き換えてみるとどうでしょう?

初めて見る自分よりも遥かに大きい外国人が、こちらをジッと見ながら謎の言葉を話しながら近づいてくる、、、恐怖しかないですね、、、


サークルの中でお留守番するワンちゃんも自分に置き換えてみるとどうでしょう?

自分の布団2〜3倍くらいの大きさの牢屋の中に何時間も1人でいます。スマホも何もありません。あるのは水です。更に牢屋の半分はトイレスペースです。こんな環境にいるとアナタはどうなりますか?


これは一例ですが、犬の立場をこのように自分に置き換えて考えてみるとそれが犬にとってどんな影響を与えるのかも見えてきませんか?

逆に、犬と良好な関係を築くためにどうしたら良いかも見えてくると思いませんか?

当然ですが、人と犬では心理的にも異なるところは多々あります。そういった部分はしっかりと学んでいく必要がありますが、まずは犬の気持ちを自分自身でしっかりと考えてみる事が愛犬との素敵なドッグライフに繋がるのではないかと思います!!

3.まとめ

今回は犬を自分に置き換えてみようという話をさせて頂きました。先程も少し触れた通り、人と犬で異なるところは多々あります。そういった場合は自分に置き換える事ができないかもしれません。そういう人と犬の違いについては、このnoteの記事でドンドンご紹介していきますので、ぜひ一緒に犬について学んでいきましょう!!

という事で今後も愛犬のためになる情報を発信していきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき ありがとうございます。 これからも一緒に わんちゃんの勉強できたら嬉しいです😊 もしサポートいただけましたら すべてわんちゃんのために活かしていきます!

このスキでやる気アップしました!!
12
夫婦でドッグトレーナーの資格取りました! 愛犬の獅子丸(ペキニーズ)とマチュー(元野犬)と一緒に生活してます! 普段は診療放射線技師として病院で働きながら、ドッグトレーナーとして犬のために出来る事を探してnoteを始めました! 犬のためになる情報を発信していきます!

この記事が入っているマガジン

犬のための思考
犬のための思考
  • 54本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。