見出し画像

外飼いについて

皆さんのワンちゃんは室内飼いですか?外飼いですか?最近は室内飼いのおウチがかなり増えてきてるように感じますが、外飼いのおウチもかなり多く感じます。ウチの近所で外飼いの方が多いかもしれないですね!という事で、今回は犬の外飼いについて解説します。

1.外飼いって何??

ほとんどの方はご存知だと思いますが、そもそも外飼いとはどんな飼い方なのでしょうか?読んで字の如く、犬を外で飼う事を外飼いと言います。

昔はお庭がとても広かったり、家の外を自由に犬が走りまわっても許されるような環境がありました。なので自由にずっと走り回ったり、食事などの必要な時に家に帰ってくるような犬もいたそうです!その頃のなごりで、犬は外で飼うものだという認識の人もいまだに多いようですね。

今でもお庭で自由に走り回る子もいますが、リードで繋がれて動きを制限された状態で外にずっといるような子も増えてきているように感じます。

2.外飼いのワンちゃんの心理

犬は群れで生活する生き物です。群れでは寝るときも食事の時も基本的に目の届く範囲に仲間がいます。こういう環境でこそ犬の精神は安定します。外飼いのワンちゃんで、複数で自由に動き回れるのであれば問題ないと思います。しかし、ずっと1匹でいる子が多いのではないでしょうか?そういう子は精神的に不安定になってきます。

また、外にいると外からの様々な刺激があります。車も通るし、家の前を他の犬が散歩で通る事もあります。ネコが横切る事もあるでしょう。こういった刺激に24時間さらされる訳なので安心できません。犬の群れであれば、順番に睡眠を取るという事もできると思います。しかし1匹でいた場合はどうでしょう?ずっと警戒していなければいけないので、かなりのストレスになってしまいます。このストレスから、犬が吠えたり噛んだりする行動に発展していく事もあります

そんな状態で、食事や散歩の時に飼主さんが来てくれたら犬は大喜びします!それこそ我を忘れて大喜びする子もいるのではないでしょうか?これは完全に興奮状態です。犬の興奮については別の記事で解説してますので、そちらをご覧ください。

犬の興奮について→ https://note.com/440machu/n/n262e7ed859c7

3.外飼いのメリット

それでは外飼いのメリットは何でしょうか?今回は一般的な1匹だけで飼育している場合のメリットについてご紹介します。

・抜け毛などで部屋が汚れない

・部屋の物を傷つけられたり壊されたりしない

・散歩後に足を拭いたりしなくても部屋の中が汚れない

・ちょっとした刺激で吠えたり噛んだりするようになれば優秀な番犬になる

以上がメリットとして考えられるのではないてしょうか。このメリットの共通点は全て人目線の事であり、犬目線での話が1つも出ていない事に気付いていただけたら幸いです。

4.外飼いのデメリット

それでは逆に外飼いのデメリットは何でしょう?

・犬にとって大きなストレスになる

・犬が吠えたり噛んだりするようになる可能性がある。

・外で生活しているので、吠えると近所に声が響き渡る

・外で生活しているので、すぐに汚れてしまう

・夏場の猛暑や冬場の寒さ等、環境の変化によって体調を崩す事がある(最悪の場合、命に影響する)

以上がデメリットとして考えられます。メリットもそうですが、こういったデメリットをどう飼主さんが捉えるかが大切になってきます!

5.まとめ

今回は外飼いについて解説しました!我が家では獅子丸もマチューも室内飼いをしています。私たちは犬は大切な家族と考えています。そして何よりも犬の幸せを考えています。その観点からいくと、外飼いという選択肢は選ぶ事はできません。犬の幸せのためにも私は室内で飼うべきだと思っています。

しかし犬を室内で飼うか外で飼うかは飼主さん次第です。優秀な番犬として犬を求めている飼主さんもおられると思います。悲しいかな、犬の幸せは結局のところ飼主さん次第なのです。

私は犬達が少しでも幸せになれるようにnoteを始めました。私の意見に共感してくれて、室内で犬を飼おうと思ってくれる飼主さんがもっと増える事を願っています。

という事で今後も愛犬のためになる情報を発信していきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき ありがとうございます。 これからも一緒に わんちゃんの勉強できたら嬉しいです😊 もしサポートいただけましたら すべてわんちゃんのために活かしていきます!

次もスキしてもらえるように頑張ります!!
4
夫婦でドッグトレーナーの資格取りました! 愛犬の獅子丸(ペキニーズ)とマチュー(元野犬)と一緒に生活してます! 普段は診療放射線技師として病院で働きながら、ドッグトレーナーとして犬のために出来る事を探してnoteを始めました! 犬のためになる情報を発信していきます!

この記事が入っているマガジン

犬のための思考
犬のための思考
  • 53本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。