見出し画像

クリエイターズモデルのチラシ出来ました!

画像2

クラウドファンディングのスタートに向けて、諸々準備中です。
11月にはいくつかイベントもある為、皆さんにお渡しできるチラシを用意しました。

チラシは、パパバッグクリエイターズモデルのデザイナーでもある小島さんにデザインしていただきました。
こちらの細かい要望も汲んでいただいたレイアウトとなっています。

画像2

内緒話。
小島さんにデータを納品していただいた後、入稿時にはちょこっと思い出したことなどを勝手にプラスしてしまいました!
印刷後になんか違和感ある場所があったとすれば、それは私の仕業です。

私は前職では、カタログも作っていました。
もちろんデザイナーとしてではなく、内容を考え、デザイナーさんや印刷屋さんにあーだこーだいう側です。
なので、デザインの難しさはいくらかはわかっているつもり。
自分でレイアウトすると隙間なく埋め尽くす危険なタイプです。

格好良いデザイン=売れるデザインとは限らないのですよね。
きれいなデザイン=伝わるデザインとも限りません。
ブランドのカタログもありだし、特売のチラシもアリなんです。


そういった点では、今回は小島さんもデザイナーとしてもっとこだわりたい点もあったかと思いますが、妥協しつつ、こちらの納得する形に落とし込んでいただき、感謝です。
つくづく、今回のプロジェクトメンバーは個々のスキルが高く、バッグのデザイン以外にも頼れる超強力メンバーだと感じます。

harupitogramさんのモデル力、発信力。
ゆむいさんのアイデア力、イラスト力。
小島さんのデザイン力、レイアウト力。

そうそう、ゆむいさんのイラストを生かしたアイテムも作りました。
クラウドファンディングのリターンメニューの一つにする予定です。

これについては次回の記事でご紹介します。
お楽しみに!

そして、前回の記事で妻のことを書きっぱなしにしてしまいました。
ご心配いただいている方もいらっしゃるかと思います。

妻の7年前の手術は無事に成功し、現在は夫婦でミックスダブルスの大会に出場するほどに復活しています。
独身時代に妻自身が立ち上げた会社も今年で11年目を迎え、今ではpapakosoと2足のわらじ、いや、地域の子育てサロンや、家庭との両立、さらにその他いくつかのわらじを履いています。

先日はタウンニュースさんにもご取材いただきました。
記事はこちら。

夫婦ともども宜しくお願い致します!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ついでにフォローもしていただけるとさらに嬉しいです!
7
子育て応援ブランド「papakoso(パパコソ)」運営。大切にしている想いは「Share with~」。家族と共有、親子で共有。 (株)ワンスレッド代表取締役/睡眠環境・寝具指導士(第190104号)/タオルソムリエ(第2066号)/日本子育て学会認定子育てコミュニケーター

こちらでもピックアップされています

NEWプロジェクト「パパバッグクリエイターズモデル」
NEWプロジェクト「パパバッグクリエイターズモデル」
  • 34本

「パパの子育てから、家族に笑顔を」 パパバッグの新デザイン、クリエイターズモデルのプロジェクトです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。