見出し画像

OECD moves to redraw rules for taxing global giantsOECD、     OECD:世界の巨大会社のTaxを    規則する再編動向

Photo; A spokesperson for Google Canada said the company agrees that tax rules should be 'simpler and clearer.'

REUTERS FILE PHOTO/REUTERS

The OECD is proposing a rewrite of global rules to make it easier for countries to raise taxes on Big Tech and other multinational companies that have used an array of strategies to minimize the amount they pay.

The Organization for Economic Co-operation and Development proposed a global tax overhaul on Wednesday, advising that 134 participating countries could come together “on an equal footing for multilateral negotiation of tax rules” to adapt to today’s digitally driven global economy.

The proposal, the Paris-based OECD said in a statement, would guarantee that companies conducting significant business in countries where they don’t have a physical presence could still be taxed.

It also warns against countries unilaterally imposing their own tax regimes on multinationals before the OECD process is over. But Canada’s major political parties have promised to do just that. Last week, both the Conservatives and the NDP lined up behind the Liberals, pledging to levy more taxes on global tech companies, particularly on revenues earned in the country that might be reported in lower-tax jurisdictions.

The Liberals said Wednesday that their plan, anchored by a 3-per-cent tax on big digital companies’ revenue, would be a stopgap until participating countries reached a consensus.

The OECD hopes to have the overhauled international tax system agreed upon by 2020, after refining it through public consultations and multilateral negotiations. Big-tech companies have become the world’s most profitable and well-capitalized businesses while also coming under increasing public scrutiny.

OECDは、どの国も支払額を最小限に抑えるために、一連戦略を使用しているビッグテック、他多国籍企業に対して、増税のために、グローバル・ルールの書き直しを提案する。

経済協力開発機構は水曜日にグローバルな税制改革を提案し、134参加国が「税規則の多国間交渉の対等な立場」今日のデジタル主導の世界経済適応するために集合した。

パリに拠点を置くOECDが声明で述べた提案は、物理的に存在しない国で重要なビジネスを行っている企業が、断然、課税されることを保証するだろう。

また、OECDプロセス終了する前に、多国籍企業に独自の税制を強制的に課している国に対しても警告してきた。しかし、カナダ主要政党は約束した。先週、保守党とNDP、両党が「自由党」の後列に並んで、グローバルテクノロジー企業、特に低税率の管轄で報告される可能性のある国で、得た収入に対してより多くの税金を課すことを誓約した。

自由党は、参加国が合意に達するまで、大規模なデジタル企業の収益に対する3%の税に支えられた彼らの計画は、一時的なギャップになると水曜日に述べた。

OECDは、公的な協議と、多国間交渉を通じて合意を得た後、2020年までにオーバーホールした、国際税制を合意させることを望んでいる。ビッグテック企業は世界で最も収益性が高く、資本の充実した企業になりつつあるが、公的な監視も増えています。

These usually Silicon Valley-headquartered companies have faced criticism for booking significant amounts of their profits outside of the countries where they were generated, including in tax havens such as Ireland, to avoid hefty bills. The Independent Commission for the Reform of International Corporate Taxation (ICRICT) said Wednesday that multinational corporations push as much as 40 per cent of foreign-derived profits into tax havens.

The OECD will present details to next week’s meeting of Group of 20 finance ministers and central-bank governors; the organization is warning that global standards need to be put in place to avoid a messy patchwork of unilateral measures and subsequent trade disputes. France has already faced threats from the United States after recently passing a 3-per-cent tax on digital companies, which the Liberals in Canada used as a model for their own campaign pledge.

“The proposal by the Liberal Party, which was mirrored off the French proposal, is exactly what the OECD is trying to prevent from occurring, and could lead the U.S. to retaliatory trade measures,” said Patrick Marley, partner and tax-law co-chair with Osler, Hoskin & Harcourt LLP in Toronto.

Instead, the OECD’s multilateral approach would focus more on taxing similar multinationals; if France taxed a big tech company, for example, the U.S. could choose to tax French wines or designer goods, Mr. Marley said. “From my perspective, I would expect that whoever wins the election would be mindful that the OECD is moving quickly towards a global consensus solution.”

通常、シリコンバレーに本社を置く企業は、多額請求を避けるために、アイルランドなどのタックスヘイブンを含む、利益が生み出された国以外で多額の利益を計上しているという批判に直面している。国際法人税改革独立委員会(ICRICT)は水曜日、多国籍企業は外国から利益の40%をタックスヘイブンに押し込むと述べた。

OECDは、来週20人の財務大臣グループと中央銀行総裁会合に詳細を提示する。組織は、一方的な措置とその後の貿易紛争の乱雑なパッチワークを回避するために、グローバル標準を導入する必要があることを警告している。フランスは、最近、カナダの自由主義者が彼ら自身のキャンペーン公約のモデルとして使用したデジタル企業に3パーセントの税を渡した後、アメリカから脅威を、すでに直面しています。

「フランスの提案を反映した、自由党の提案は、まさにOECDが起こらないようにする行動であり、アメリカを報復的貿易措置に導く可能性があります」トロント、オスラー・ホスキン・ハーコート法律事務所/代表。

代わりに、OECD多国間アプローチは、同様の多国籍企業への課税に重点を置いている。たとえば、フランスが、大手ハイテク企業に課税した場合、アメリカはフランスのワインやデザイナーグッズに課税することを選択できると、マーリー氏は言いました。                    「私の観点からは、選挙に勝った人はだれでも、OECDがグローバルなコンセンサス解決に向けて急速に動いていることに留意するだろうと期待している。」

Liberal spokesperson Eleanore Catenaro said that the party’s proposal would effectively be a placeholder policy until a consensus was reached within the OECD next year, to ensure the country took action on big-tech taxation.

Don Drummond, a former Toronto-Dominion Bank chief economist who explored a similar tax nearly two decades ago in the federal Finance Department, said in an interview that the OECD’s "intent is clear” to give governments more freedom to tax multinationals. But he doesn’t expect details to be resolved soon because of the forthcoming consultations and 2020 deadline.

In an e-mail Wednesday, Facebook Canada spokesperson Erin Taylor said that “We continue to support multilateral approaches like that being undertaken at the OECD." The company reiterated that it pays applicable taxes in every country where it operates, including, in Canada, corporate income taxes, sales taxes and payroll taxes.

Aaron Brindle of Google Canada said that the company agreed that tax rules should be “simpler and clearer. Google complies with the tax laws in Canada and all the countries in which it operates. If governments change the rules, we’ll comply with the new ones, too.”

NDP spokesperson Mélanie Richer called the OECD proposal “a start," saying that the party “would work with them to develop a system that is simpler and stronger.” Simon Jefferies of the Conservatives said the party’s forthcoming platform would have more details about taxing multinational tech companies.

In a statement, ICRICT chair Jose Antonio Ocampo said that the progress the proposal represents is limited, and that it would mostly benefit the 36 member countries of the OECD, forcing developing countries to work within a system designed for other markets.

Your time is valuable. Have the Top Business Headlines newsletter conveniently delivered to your inbox in the morning or evening.

左派のスポークスマン、エレノア・カテナロは、来年OECD内でコンセンサスが得られるまで、党の提案は事実上プレースホルダー政策になり、国がビッグテックの課税対処することを確実にすると述べた。

約20年前に連邦財務省で同様の「税」を調査した、元トロント・ドミニオン銀行チーフ・エコノミストである「ドン・ドラモンド」は、インタビューで政府が多国籍企業に課税する自由を増やすために、OECDの「意図は明確である」と述べた。今後の協議と2020年期限により、詳細が、すぐに解決されるとは思わない。

Facebookカナダ広報担当者エリン・テイラーは、水曜日、電子メールで、「OECDで行われている多国間アプローチを引き続きサポートしています」と述べた。同社は、カナダを含む事業を行うすべての国で、適用税を支払うことを繰り返した。法人所得税、売上税、給与税。

Google Canadaのアーロン・ブリンブルは、税法は「よりシンプルで明確でなければならない」という点で、同社が同意したと述べた。 Googleは、カナダ、事業展開するすべての国税法を順守しています。政府が規則を変更した場合、新しい規則も遵守する。

NDPのスポークスマン Mélanie Richer(メラニエ・リチャー)はOECDの提案を「スタート」と呼び、党は「より簡単で、強力なシステムを開発するために彼らと協力する」と述べた。ハイテク企業。

ICRICT議長ホセ・アントニオ・オカンポは、声明中で、提案が示す進展は限定的であり、OECD36加盟国にほとんど利益をもたらし、発展途上国が他市場向けに設計されたシステム内で働くことを強いると述べた。

ーーーーー

あなたの時間は貴重です。 Top Business Headlinesニュースレターを朝または夕方に便利に受信トレイに配信してください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ 私も・・・
I'm NGO is fighting HIV/AIDS Stigma about Worldwide STEREO-type! Because of the HIV issue NOT only one thinking! Color of Different!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。