見出し画像

Gender: 上野ら、が、何故「男女参画」という「参画」概念を嫌うのか?

JiRo TANIcAWA

上記のビデオでは「日本の固定概念である男性優位社会」と「北欧・南欧、ジェンダーイコール社会」の対比から「男性優位社会」では「少子化が促進される」という理論形成エビデンス、論文ビデオである。

上野2019’は言う。「男女共同参画」というのは「女」を参画させたいわけだから「様々な意向」があるだろう・・・永田町の「背広を着たおやじ達」の策略であり、「女をどうしたいのだろう」?

谷川2020’の違和感。女は「生まれながらにして参画」を「もう」しているのであり、今更「参画」して下さいと「政府にコピーを造られても「違和感しか感じない」策略である。女は生まれた瞬間に「参画」しているのである。

María Nelsy Contreras Garzón: "Care is work and should be recognized as such".
Date: Friday, 29 April 2022

María Nelsy Contreras Garzón is a care worker who graduated from high school a little over a year ago. Her studies were postponed due to the care work she has always prioritized in her family. She is a caregiver for her 75-year-old mother and 16-year-old son, with whom she lives in the Jerusalén Bellavista neighborhood in Ciudad Bolívar, Bogotá, Colombia.

Two years ago, she found out that at her local SuperCADE, there was a Care Block offering services for caregivers. To date, the Care Blocks have benefited more than 11,000 caregivers in Bogotá. This resource allowed her to complete her high school studies and advance in a virtual course on tools for caregivers, taught by the District Secretariat for Women and the National University of Colombia.

マリア・ネルシー・コントレラス・ガルゾンは、1 年ちょっと前に高校を卒業した介護福祉士です。彼女の研究は、彼女が家族で常に優先していたケアワークのために延期されました.彼女は、75 歳の母親と 16 歳の息子の介護者であり、コロンビアのボゴタのシウダー ボリバルにあるイェルサレン ベラビスタ地区に一緒に住んでいます。

2 年前、彼女は地元の SuperCADE に、介護者向けのサービスを提供する Care Block があることを知りました。今日まで、ケア ブロックはボゴタの 11,000 人以上の介護者に恩恵をもたらしてきました。このリソースにより、彼女は高校での学習を完了し、女性のための地区事務局とコロンビア国立大学が教える、介護者向けのツールに関する仮想コースに進むことができました。

"I live with my 75-year-old mother and my 16-year-old son. I entered the program for women caregivers in 2021 and from that moment on, life has changed significantly for me. I was able to finish high school and now I have a paid job. During this time, the most revealing thing that has happened to me is that I have become aware that caregiving is work and should be recognized as such," says Contreras.

In Bogotá there are eight Care Blocks and five mobile units that reach urban and rural areas offering educational training and services, simultaneously guaranteeing alternatives that meet the needs of caregivers and the people they care for.

All this is part of the District Care System to which, since 2020, UN Women, with the support of the Government of Sweden, has contributed to the design of the public policy that makes the initiative real and that seeks to establish actions for the accompaniment in the analysis of the supply and demand of care; analysis on masculinities and co-responsibility; design of the strategy for the territorial implementation of the System and the construction of Local Networks in the Care Blocks, among other strategic actions, which allow for the recognition of care work and those who perform it; redistribute care work between men and women and reduce unpaid care work time for caregivers.

"Women have always been taught that we must take care of others. I have always done it with love, and I didn't think it had to be a visible task, I assumed it was something "natural". However, today when I see that the care that women do in our homes is not valued, it makes me very sad. Spaces like the Care Blocks are important to make this work visible, to be able to certify it and to make women aware that it is work and it is important," says María Nelsy.

「私は 75 歳の母と 16 歳の息子と暮らしています。2021 年に女性介護士プログラムに参加しましたが、その瞬間から人生が大きく変わりました。高校を卒業し、今は有給の仕事に就いています. この間に私に起こった最も明白なことは、介護は仕事であり、そのように認識されるべきであることに気づいたことです」とコントレラスは言います.

ボゴタには 8 つのケア ブロックと 5 つの移動ユニットがあり、教育訓練とサービスを提供する都市部と農村部に到達し、介護者と介護者のニーズを満たす代替手段を同時に保証しています。

これらはすべて、2020 年以来、UN Women がスウェーデン政府の支援を受けて、イニシアチブを実現し、伴奏のための行動を確立しようとする公共政策の設計に貢献してきた地区ケア システムの一部です。ケアの需要と供給の分析;男らしさと共同責任に関する分析。システムの地域的実施のための戦略の設計、およびケアブロックにおけるローカルネットワークの構築、およびその他の戦略的行動の中で、ケアワークとそれを実行する人々の認識を可能にする;男性と女性の間でケア作業を再分配し、介護者の無給のケア労働時間を削減します。

「女性は常に他人の世話をしなければならないと教えられてきました.女性が私たちの家で行うケアが評価されていないことを見て、私はとても悲しくなります. ケアブロックのようなスペースは、この仕事を目に見えるようにし、それを証明し、女性にそれが仕事であり、それが仕事であることを認識させるために重要です.重要です」とマリア・ネルシーは言います。

For her, this has been a process of self-discovery and valuing care. María Nelsy is one of the women who, because of the pandemic, saw her unpaid care work increase, dedicating on average twice as much time as men, who dedicate 3 hours and 25 minutes a day to this work compared to women who dedicate 7 hours and 14 minutes, according to the National Time Use Survey - ENUT, 2016 - 2017, of the National Administrative Department of Statistics, DANE.

On International Labor Day, María Nelsy vindicates the work performed by 30 million people in Colombia, mostly women (60%, according to the National Time Use Survey - ENUT 2016 - 2017, DANE) in an unpaid manner.

"Care is love, dedication, consistency, and total dedication. Care requires us to give all that we are. In this work one dedicates one's entire life. For me, despite the difficulties, becoming aware of the care work I have been doing for years has been an opportunity for personal growth," stresses María Nelsy.

"To those who are still not convinced that care is work, I say: put yourselves in our shoes, do the work that we women do, such as getting up at 4 or 5 in the morning, taking care of our families, their clothes, their food, whether they are sick or not. At home we are not only mothers, wives, daughters or sisters, we are also psychologists, nurses, cooks. A thousand and one professions that we perform in one place: our home, a place so small, but that carries so many responsibilities, where we work so hard, but your work is never given importance. I encourage you to carry the suitcase of your caregivers, a daily suitcase that we cannot unload because we carry it 365 days a year, 24 hours a day, 7 days a week. It is a suitcase that only when we die do we stop carrying it," says Contreras.

彼女にとって、これは自己発見のプロセスであり、ケアを大切にするプロセスでした。マリア・ネルシーは、パンデミックのために無給のケア労働が増加した女性の 1 人であり、平均して男性の 2 倍の時間を費やしており、この仕事に 1 日 3 時間 25 分費やしている女性と比較して、男性は 7 時間費やしています。デンマーク国立統計局の全国時間使用調査 - ENUT、2016 - 2017 年によると、14 分。

国際労働者の日、マリア・ネルシーは、コロンビアの 3,000 万人の人々が無給で行っている仕事の正当性を立証します。そのほとんどが女性です (60%、National Time Use Survey - ENUT 2016 - 2017、DANE によると)。

「ケアとは、愛、献身、一貫性、そして完全な献身です。ケアには、私たちのすべてを提供することが求められます。この仕事では、人は自分の人生全体を捧げます。私にとって、困難にもかかわらず、私が行ってきたケアの仕事に気づくようになりました。何年も個人の成長の機会でした」とマリア・ネルシーは強調します。

「ケアが仕事であるとまだ確信していない人たちに言います。私たちの立場になって、朝の4時か5時に起きて、家族や衣服の世話をするなど、私たち女性がしている仕事をしてください。 , 彼らの食べ物, 彼らが病気であろうとなかろうと. 家では、私たちは母親、妻、娘、姉妹であるだけでなく、心理学者、看護師、料理人でもあります.とても狭い場所ですが、そこには非常に多くの責任があり、私たちは懸命に働いていますが、あなたの仕事は決して重要視されていません. 介護者のスーツケースを運ぶことをお勧めします. 1 日 24 時間、週 7 日、スーツケースを運ぶのをやめるのは、死ぬときだけです」とコントレラス氏は言います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
JiRo TANIcAWA
I'm NGO is fighting HIV/AIDS Stigma about Worldwide STEREO-type! Because of the HIV issue NOT only one thinking! Color of Different!