見出し画像

実はおもしろい!ロックマンX エピソード5

ロックマンアドベントカレンダー企画 12/4の記事です】

はじめましての方ははじめまして。ゼロカゲです。
突然ですが、私はロックマンX5が好きです。
なんならXシリーズでもトップクラスに好きです。

え、X5はクソゲーなんじゃないかって?

…ちょっと待ってください!
世間的には駄遺産3部作とまとめて語られることが多い印象ですが、少なくともX5はアクションゲームとして面白いと思うんです!大真面目に!

確かに強制的に表示されるナビとか、運次第でゼロが使えなくなったりとか純粋に良くないところもあります。
でもそれで全体を否定するのはとてももったいないなぁ…と常日頃思ってまして、この機会に個人的なお気に入りポイントをいくつかお伝えしたいと思います!


■特殊武器がめっちゃ強い

Xシリーズで明確に強いと思える特殊武器って、シリーズ通してもそんなに多くないと思うんです。ギミック攻略用に近いものや、なんなら使い道がわからないものなどもいろいろ…。
(X4までの作品ではアームパーツを入手することでバスターが強化される要素が存在しているのもあるかも)

ところがX5の特殊武器はその多くが強い!めっちゃ強い!
まず通常版においては全体的に性能がシンプルで、しかも初期状態でも50発近く撃てる武器が複数あります。さらにアーマーを装着すると弾数が1.5倍になるオマケつき。
一部のザコには弱点武器が設定されていたりもします。

チャージ版になると壁貫通するわ超多段ヒットするわでもう無茶苦茶。
細かい敵が多いところでチャージクレッセントショット、硬い敵にチャージウィルレーザーをぶん回すだけで難易度が全然違ってくるので、バスター主体で遊んでいる人はお試しあれ。

ちなみにダークホールドはチャージすると効果時間が伸びますよ!

■実はステージはちゃんとしてる
X5のステージを思い出してみてください。例えば考えなしに浮遊しているザコ敵や避けさせる気の無い敵配置はないですし、ステージギミックもきちんと舞台に合わせたものになっていますよね。

…といってもこれはマイナスではないというだけの話ですが、大前提としてX5のステージはちゃんとしています。
(むしろちゃんとしすぎてて、地形やギミックなどがやや窮屈に感じやすい側面もあるかと思いますが)

で、X5のステージで個人的に好きなポイントとして挙げたいのが、『バスターオンリーでも攻略可能であることを前提に、特殊武器が光る構造』なところ。
例えばローズレッド面後半のロープ地帯はダークホールドを使うと邪魔されることなくノンストップで駆け抜けることができます。

壁が邪魔でバスターだとしんどい場面も、チャージジェルシェイバーのような壁貫通武器なら容易に突破可能です。

自分がこれまで遊んできた印象ではありますが、ステージ中の多くの場面で何らかの武器が有効な作りになっているように見えます。
さらに前項に書いた通り特殊武器の性能が良いことも手伝って、ステージ攻略がとっても楽になるんですよね。

以前に自分で特殊武器を使ったステージ攻略パターンを考えてみたものが上記のモーメントにまとめてありますので、見ていただければ伝わるのではないかと思います…!

■アーマーがとても強い
フォースアーマーが既に十分強いこともあってか意外と使われていない印象ですが、X5のアーマーはどれもこれも、シリーズ全体で見ても破格の強さを持っています。(ファルコンはX6の影響でイメージ悪くなってる気がしないでもない)

ファルコンアーマーは飛行能力が目立ちますが、実はチャージショットがめちゃくちゃ強い!ゲーム内では確か地形貫通性能しか説明がなかった記憶がありますが、実はザコ敵に対しては貫通しつつ多段ヒットするんです。それにより大型のザコを軽々と仕留められたりも…!
そして飛行中はザコ敵の接触ダメージ無効。組み合わせればステージを蹂躙できるパワーがあります。

(ファルコンのチャージショットは敵のガードもおかまいなしに貫通します)


対してガイアアーマーは、トゲ無効が目立ちますがダッシュは遅く特殊武器が使えないなどクセの強くテクニカルなアーマーです。
バスターも豆は画面内に1発しか撃てない上に飛距離が短いですし、チャージショットも溜めは早いが対ザコでは意外と火力が出ません。対ザコでは。
そう、ガイアアーマーが真価を発揮するのはボス戦!実は対ボス火力がエックスの他の形態より一回り高く、高速チャージでチャージショットを連発するとそれだけでボスの体力をモリモリ削ることができてとても爽快なんです。
さらに対ザコもただ苦手なわけではありません。対ザコにおいては豆の威力が他アーマーより少し高く、敵に密着して連射すればサクサク片付く!
(しかもボタンをチャージを始めない程度に長押しすると、ボタンを離した瞬間にも弾が出る連射サポート機能がガイアアーマーにのみ存在してたりします)
加えてガイアのバスターの弾には敵弾を破壊する効果がついているので、機動力が低く回避が難しい局面を敵弾ごとぶち抜くことができたりも。非常にパワフルな戦いが可能です。

(例えばクラーケン戦では、トライサンダー着弾後の電気弾が壊せます)

プログラムを4つ集めきらないと使えないのがネックではありますが、むしろ性能を4分割しなくてもよくなったが故のこの高性能なのかもと思うと、一概に否定できないかな…とも思ったりします。
ちゃんと作られたステージやボスをぶっ壊すの、楽しいですよ…!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回はアクションゲームとしての面白さという側面において気に入っている箇所に焦点を当ててみましたが、いかがでしたか?自分の好きポイントを通じて少しでもX5の魅力を伝えることができていたら嬉しいなぁ…。

このほかにも、BGMが好きだったり最終作っぽい雰囲気が好きだったり武器選択画面がカッコよくて好きだったり零空間1の入口のビジュアルがめっちゃ好きだったりと他にも色々と好きポイントはあるのですが、ひとまず今回はこのへんで。ありがとうございました!

(零空間1の入口の、このシリーズでも他にない異質な雰囲気好きです)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。