ZENB initiative

ZENB initiativeは、お酢の会社Mizkanが、10年後、20年後の世界の人々の食生活にどうやったら貢献できるかを考え発表した「未来ビジョン宣言」のもとスタートした新しい取り組みです。みなさんと一緒に食の未来について考えていければと思っています。よろしくお願いします。
  • テレビ番組として放送していた、未来に遺したい究極の一皿を作品としてコレクションする次世代のフードミュージアム「パレ・ド・
  • ZENB initiativeの取り組みにご賛同頂いた専門家の皆様に、これからの食の未来についてのお話を伺いました。
    1フォロワー

#9 みんなのパセリ

狐野扶実子 / 料理プロデューサー・出張料理人  料理のわき役としてすっかり定着してしまっているパセリ。 彩りを添えるという役割が終わると食べられずに捨てられてし…

世の中の空気が変われば、解決できる食の問題がある

安中千絵 / 管理栄養士・フードディレクター 氾濫する情報を鵜呑みにせず、環境に負担をかけない食べ方を提唱していきたいですね。 環境にも体にも負担をかけない食べ方…

#8 胡麻豆腐

秋山能久 / 六雁 今回の料理人は和食の名店、六雁の秋山能久さん。 和食の店ではめずらしい、さらしの板場に立つ。 精進料理をベースに素材感を活かす独自のスタイル…

#7 甘鯛と聖護院かぶらのスパゲティ 黄ゆずの香りで

笹島保弘 / IL GHIOTTONE 今回、未来へ遺すべき作品に挑む料理人は、イル・ギオットーネの笹島保弘シェフ。 東京と京都の店を昼と夜で行き来するほどの現場主義。 大…

食材選びは、シェフの責任で行う社会貢献活動

パスカル・バルボ / パリ「アストランス」オーナーシェフ 食材を選ぶということは、その農地で作られるものを選び、生産者を支えること。その意味でレストランの仕入れは…

#6 イセエビのビスクフォンデュ

杉本敬三 / レストラン ラ・フィネス 今回のシェフは、新橋にあるレストラン ラ・フィネスの杉本敬三シェフ。 杉本シェフは、高校生の頃からアルバイトで稼いだ数日分…