アフリエイターさんへ"個人の事業内容についてのおたずね"が来た場合の書き方です。
見出し画像

アフリエイターさんへ"個人の事業内容についてのおたずね"が来た場合の書き方です。

自宅でアフリエイト作業だけをやると、個人事業主という事(フリーランス)になり"事業税"が法律により国に払わなければいけなくなります。

サラリーマンからフリーランスになった僕も事業税を収める義務が発生しましたが、事業内容についてのおたずねという書類が税務署から届きました。

やべぇ...税金をしっかり払っていなかったから監査なのか?!と思いましたが、そうではなく、「あなたは家でどんな仕事をやってるの?」という質問事項に答える書類が入っています。

しかし、ここでしっかりかけなければ手痛い罰金が科されるのかな!と書き方が分からなかったので今年の3月に確定申告をお願いした税理士さんに聞いたらなんと、封筒で書き方を郵送して教えてくれましたので、

自宅で仕事をしているアフリエイターさんが個人の事業内容についてのおたずねが届いたらどのように書いたらいいのかわかりやすく書いておきました。

この続きをみるには

この続き: 213文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

趣味で作っていたブログからアフリエイトで最高月収月170万円儲かるまでになったノウハウを色々と書きました。

または、記事単体で購入する

アフリエイターさんへ"個人の事業内容についてのおたずね"が来た場合の書き方です。

yu--suke

950円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!