【馬券 流浪記】本気で予想してるの?

 先週の的中レース。

・天皇賞(春)    馬単12点 2220円
・秩父S       馬単10点 4130円
・春光S       馬単10点 4070円

 日曜は心臓が悪くなるようなレースばかりだった。
 阪神の端午Sは期待したスマッシャーが3着。思惑どおりの展開となり差し切ってくれると余裕で見ていたが、先に抜け出した2頭が渋太く1馬身3/4+クビ差。ラストでグイと伸び力が入ったが最速上がりも及ばなかった。捕らぬ狸~でオッズを見ると2着なら馬単139倍。連対は堅い思っていたから3連複(127倍)は考えてもいなかった。

 新潟の吾妻小富士Sはサトノギャロスが順当に勝ってくれたものの、取捨に迷い最後の最後に消したメイショウワザシが2着。サトノギャロスが1人気でもあり、相手は絞ろうと5頭にしたのが敗因。3連単1着流しの相手5頭なら20点、6頭でも30点だった。勝負勘が鈍ったか。う~む…。3連単235倍。

 府中Sのジョディーも不発で土曜の馬単2発の配当は溶けてしまった…。
 やや、意気消沈ながら天皇賞は公開どおり馬単と3連単を買った。中心視したワールドプレミアは個人的には順当勝ち。馬単は当たったが3連単は2頭軸にしたアリストテレスが4着。一瞬、2頭で突き抜けそうな場面もあったがあっさりと息切れ。阪神大賞典は折り合いを欠き、今回は少々距離が長かったとのコメント。菊花賞でコントレイルを苦しめた馬とは思えない。今後の評価は微妙。

 某専門紙のTMは契約社員で、予想成績に仕事ぶり等で翌年の年俸が決まるという。そのため、契約月が近づき成績の悪いTMは大穴狙いに転じたりするらしい。そんな予想を信じて馬券を買う読者はいい迷惑。
 久々に買った某スポーツ紙には、ゴースト(14人気12着)、ナムラドノヴァン(11人気9着)、オセアグレイト(9人気13着)に◎印があって少々ビックリ。某紙の雇用内容は知らないが、塩崎利雄さんの言葉を借りれば「偶然が頼りの穴狙い」。本気で予想しているとはとても思えない。馬券、買ってるのかな?

 以前、お伝えした手抜きナシの専門紙の評論家は「馬サブロー」の長谷川仁志さん。天皇賞の予想は◎○△でした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
既存の競馬理論に対する考え方を大きく動かした高橋研の馬券論。その集大成をここに伝える。千葉県船橋市出身。小・中学校時代は船橋競馬の厩舎関係者が大勢いる絶好の競馬環境の中で育つ。驚異の的中率で共同通信社の取材を受ける他、「競馬フォーラム」で“伝説のプロ馬券師”として紹介される。