見出し画像

絨毯と銀杏

山形県に出張に行ってきた。

メインの取材先は「山形緞通」さん。絨毯屋だ。

丸1日取材に付き合ってもらったのだけど、その想いや技巧にため息をもらしっぱなしだった。この模様は、『BAMP』とういメディアに掲載予定なので、そちらでぜひご覧いただければと思う。

実はこの山形緞通がある山辺町という場所には、銀杏BOYZのリーダーにして現在唯一のメンバー、峯田和伸さんの実家がある。

実家が営む峯田電器は地元ではそこそこ有名な会社だそうで、この日もその本店となるサービスショップは、地元のお年寄り中心ににぎわっていた。ひっきりなしにお客さんがくるし、みんなお茶を飲んで楽しそうに店員さんとおしゃべりしている。いわゆる「町の電器店」でここまで盛り上がっているのをみたのははじめてだ。


特に買いたいものもなかったのだけど、せっかくなのでと、店内に飾られた新譜や朝ドラ『ひよっこ』のポスターを眺めつつウロウロしていたら、「峯田のファンの方ですか?」と声をかけていただいた。「ぜひ書いていってください」と差し出された大学ノートには、来訪したファンたちのメッセージが銀杏ファンらしい熱量で綴られていた。ぼくも、いちばん好きな曲の感想をひとこと書かせてもらった。

ノートを書いてる間にお茶まで出していただいてしまった。礼を言って、何も買わないのを申し訳なく思いながら退店。しめて5分の出来事だったけど、これまで以上に銀杏BOYZのことが好きになった。

『ぽあだむ』、タイトル通りやさしくて気持ちよくて、タイトルとは裏腹に荘厳な曲です。ぜひ聞いて見てください。

ぼくが代表をやっている会社「ツドイ」初の自社イベント、チケット発売中です! 週明けには、もう1人ゲストが追加されるかも……お早めに!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

32歳の編集者です。ツドイという会社の代表をやっています。滋賀県出身新宿在住。オフィスは神保町。

おおすめのWikipediaは 「細野晴臣」です。
12
編集者。 編集とイベントの会社「ツドイ」をやってます。つくる人の古本市 #ツドイ文庫 や、ノンアルコールバー #BarStraw もやってます。メールはこちら imai@tsu-doi.jp ツドっていきましょう。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。