見出し画像

アラサー編集およびライターを蝕む「いいね!」の病

「今井くんの文章は、自分にしか興味がないし、
カメラも主観ばっかりでつまんないんだよね」

文章における「カメラワーク」の記事
書いているあいだ、頭でリフレインしていたことばです。

1年半ぐらい前、とある先輩に言われたことばでして、
意味はまあ、書いてあるまんまです。

文章をあつかう仕事で食っていく以上は、
直さないといけない欠点だと思って
ここ数年、たびたびこれについて考えてきました。

まだまだ克服にはほど遠いし、
ともすればこの文章も該当してしまうかもなのですが、
最近ようやく、そうなってしまう「原因」が
わかってきたような気がしています。

たぶん同じ悩みというか、課題を抱えているアラサー以下の
編集・ライターさんはこの「原因」となる経験をお持ちの方が
多いのではないかと推測しているのですが、それは


「はじめて文章を書いた場所が、
実名(あるいは準実名)のSNSだった」


という経験です。
(これは、学校での作文や小論文、
レポートなどを除いた、私的な文章のお話しです)

ぼくの場合はmixi日記がそうだったのですが、
リアルの友だちとしかつながっていなかったので
読んでくれるのも、コメントしれくれるのも知ってる人でした。
そして、当時の大学生にとってのmixiは(今のFacebook以上に)
「じぶんのこと」を書く場であり、
それが推奨される場であったように思います。
ポエムやバトンなどの文化は、その象徴だったと
言えるのではないでしょうか。

身内に向けてじぶんのことだけを発信してきたぼくは、
しだいにそれがわるい癖となり、
Facebookでいいね!はもらえるけど、
じぶんのことを知らない人にとってはつまらないものしか、
発信できなくなっているのかもしれません。

書いてみて、商売がら相当やばいことだと再認識しました。
もっと本を読む! 映画を観る! 精進する……!

■よかったら合わせてお読みください。
[文章にも「カメラワーク」がある! 『嫌われる勇気』はなぜスラスラ読めるのか - エディターズダイアリー | ジセダイ]
(http://ji-sedai.jp/editor/blog/post_196.html)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

1986年生まれの編集者です。ツドイという会社の代表をやっています。滋賀県出身新宿在住。オフィスは神保町。

おおすめのWikipediaは「味覚糖」です。
96
編集者。 編集とイベントの会社「ツドイ」をやってます。つくる人の古本市 #ツドイ文庫 や、ノンアルコールバー #BarStraw もやってます。Twitterのほうが高頻度でいろいろ書いてますので、鳥のアイコンからぜひ。もちろん、noteも書きます。

こちらでもピックアップされています

意味の図画と言葉の工作、このふたつで僕は文章をつくる
意味の図画と言葉の工作、このふたつで僕は文章をつくる
  • 685本

図画とはクリエイティブであり、工作とはエンジニアリングである。実用に資する公的に正しい文章は、伝達と行動を企図した徹底的な他者志向から生まれる。 文化人や知識人は世の言葉の乱れを嘆き「美しい日本語」を取り戻せというが、それは個人的主観にすぎない。ビジネスや社会活動に必要なのは「己の企図を正しい言葉遣いで淡々と一意的に表現する文章技術」だ。 誤字脱字や誤記誤用を排したまともな公文書や技術文書を書ける者と、その主旨を曲解することなく読み取って行動に移せる者だけが、人々の心を動かす本来の「美しい言葉」について語る資格がある。

コメント (1)
こんにちは!noteのトークでシェアさせていただきました。
https://note.mu/tamami_tata/n/n8819b7c348f4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。