見出し画像

#神保町編集交差点 8月は吉田豪×TAITAIインタビューの「マイルール」

Webメディア「BLOGOS」さんが主催し、弊社ツドイが企画・制作している月イチの連続クロストークイベント「神保町編集交差点」。

第2回のテーマは『インタビューの「マイルール」』です。ゲストは、吉田豪さんとTAITAIさん。お二人とも、紙とWebとでしびれるようなインタビューとその原稿を発信し続けていらっしゃいます。

吉田豪さん

吉田豪さんは、言わずと知れたプロインタビュアー。芸能人はもちろん、プロレスラー、格闘家、アイドルにバンドマン、時に政治家までおよぶ多種多様な相手に対して「だれも引き出せなかった話」を聞き出し、原稿にし続けていらっしゃいます。

代表作であるインタビュー集『人間コク宝』はもちろん、自らのインタビュー手法をまとめた『聞き出す力』を読むと、そのすごさの一端を感じていただけるはずです。

昨年は、ご本人にとって長年の夢だったという、明石家さんまさんへのインタビューをCM企画上で実現。CM制作の担当者もその実力を「吉田さんは、さんまさんも一目置く存在です。真剣勝負の話を引き出すには、欠かせない存在でした」(出典)と激賞しています。

TAITAIさん

そんな吉田さんと向かい合っていただくのは、編集者のTAITAIさん。いま、いちばん支持されているゲームメディア「電ファミニコゲーマー」の編集長です。

「電ファミニコゲーマー」が世に放つ記事は切り口、準備の周到さ、構成の巧みさ、どれをとっても一級品で、個人的にも毎度更新がたのしみで仕方のないメディアです。

ほとんどのインタビューに同席され、入念な下調べとゲーム愛で門外不出のエピソードを引き出していかれるTAITAIさん。そんなTAITAIさんの技術がいかんなく発揮されているのが、こちらの記事です。

こちらはぜひ、以下のインタビュー音源と実際の原稿を聞き比べてみられることをおすすめします。いずれも編集が入っているとはいえ、その構成の違いとTAITAIさんの巧みな技術の一端を垣間見ることができます。

当日は、いずれ劣らぬインタビュー技術をお持ちのおふたりに「インタビューでやると決めていること/やらないようにしていること」つまり、インタビューの「マイルール」についておうかがいします。

神保町編集交差点 吉田豪×TAITAI インタビューの「マイルール」

■イベント概要
「神保町編集交差点」は、現場で奮闘する若き編集者の方々に、付け焼き刃のノウハウとは一線を画す、簡単にはマネのできない一線級の「編集術」を届けることを目的とした、月に一度の連続トークイベントです。7月から、毎月第二金曜日に開催いたします。

■第2回 吉田豪×TAITAI インタビューの「マイルール」

・日時:8月10日(金) 19:30~21:30 (19:00開場)

・会場:神保町EDITORY イベントラウンジ(東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル 2F)

・料金:2,000円(税込)

・主催:LINE株式会社 Webメディア「BLOGOS

・申込フォーム: https://jhk-2.peatix.com/
※チケット発売開始は7/17(火)12時を予定しております。←発売開始しました(7/17 12:00)
※本イベントに関するご質問はLINE株式会社 広報( press@linecorp.com )までご連絡ください

■今後の登壇予定者(敬称略、順不同)
柿内芳文(編集者)、古賀史健(ライター)、小林由佳(メイビー!編集長)、金井茉利絵(AM編集長)


おおすめのWikipediaは「味覚糖」です。
10
編集者。 編集とイベントの会社「ツドイ」をやってます。Twitterのほうが高頻度でいろいろ書いてますので、鳥のアイコンからぜひ。もちろん、noteも書きます。