見出し画像

標本室

季節が変わる前に 誰もが泡になろうとして
蛹の月の中で 慰みものになってるらしい

葬列は皿の上を行く
骨も遺ってない ぼくら誰かのうつせみ

季節が腐る前にあなたを連れていこう
傷痕はそのままで
欠けていく海の目が見えたら歌を書こう
たまゆらの永遠を
神さまのように閉じこめよう

5
歌詞など
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。