【KW公開】トレンドブログ1記事1万PVの実例と、人目を引きつけるタイトルのつけ方。

【KW公開】トレンドブログ1記事1万PVの実例と、人目を引きつけるタイトルのつけ方。

こんにちは4bLOG(ヨンブログ)の、よんです。

本記事は、4bLOG内の記事

トレンドブログは稼げる?1記事当てた時の収益を公開【方法も解説】

の記事の中ではお伝えしていない、トレンドブログで実際に当てた時のキーワードを公開しています。

トレンドブログで1発当てたい。

でも書いても書いても全く検索上位に行かない、、、そんな悩みを持つ方も多いはず。

そんなあなたは、私が実際に当てた記事
「1記事で1万PVを稼いだキーワード」を見ることで、今後トレンドブログを書く際の参考になるはずです。

「たった1万PV?ザコが語ってんじゃねえよ!」
確かにそうですね。

そう思うあなたは、本記事を読む価値は当然皆無ですので絶対に読まないほうがいいです。あなたのような上級者には、本記事は完全に時間の無駄です。


さらに読む前の注意点があります。
・トレンドブログのKW(キーワード)は普通に検索すればわかることです。

芸能ニュースや、スポーツ速報など、それこそYahoo!ニュースをくまなくチェックすることで調べられます。

なので、わざわざこのnoteを読む必要はないんです。

それこそ百戦錬磨のトレンドニュースチャンネルを見たり、トレンドアフィリエイトの本を本屋で立ち読みしたり、、、いくらでもノウハウは手に入ります。

ですが私は同じようにして、Yahoo!ニュースなどを参考にして記事を書いてもヒットはおろか、検索10ページ目まで見にいっても自分の書いた記事は見当たらず、、、。

完全に萎えました。

理由は、現在手に入る情報はすでに手垢のついた手法であり、最新のノウハウではないことが原因です。
つまり、世の中に出ている情報はトレンドブロガー、トレンドアフィリエイターたちが食い尽くした場所(キーワード)だからです。

いわゆる「王道キーワード」ですね。
王道キーワードが稼げるのはがちですが、そこにはドメインパワーを持った強力なブログや、大手ニュースサイトが陣取っています。

つまりそこにあなたが座る席はありません。

なので王道キーワードで勝負するのはきついです。というか無理。
プロの試合に素人が挑んでも無駄ですよね。
サッカーを始めたばかりで、レアル・マドリードと試合をするようなもんです。

あなたも王道キーワードで書いてみたことありますよね?
「嵐 解散 いつ」とか。
そんな単純なキーワードじゃ、全くといっていいほどアクセス取れませんよね?


そりゃそうです。そんな簡単な王道キーワードでじゃんじゃん稼げるなら、「コツコツ毎日更新」で資産型ブログなんてやらなくていいじゃないですか。

毎日ニュース記事の真似事を書いていれば、仕事もせずに自由気ままな夢の暮らしが、誰にでも手に入ります。
それこそ80歳のおじいでも、キーボードさえ叩けば億万長者です。

そんなに甘くないです。

ですので蓮舫議員の有名な言葉「2位じゃダメなんでしょうか?」のように、王道キーワードは最初から無視し、ブログ内でも触れた、「ビッグキーワード+自分の言葉」で攻めるのがアクセスを集める鍵です。


・公開するキーワード自体にはそれほど価値はない

先ほどからお伝えしているように、キーワードは検索上位の記事を読めばわかるんです。

ですので、大事なのはキーワードの発想力なんです。
公開するキーワードについて、なぜそのキーワードを思いついたのか。
という所をしっかり解説します。

単にキーワード見ただけでは、あなたの知識にはなりにくいですので、キーワードを思いつく思考を知ること。

キーワードを自分で思考することができないために、アクセスが集まらないんです。
もっとも参考にして欲しい、この記事の価値のある部分はココですので、よく覚えておいてください。


・まだ1度もトレンドブログで当てたことがない。
・王道キーワードしか思いつかないので、キーワードの考え方を知りたい。
・サラリーマンでブログを毎日書けないので、トレンド記事でお小遣いを稼ぎたい。


そんなあなたの今後のトレンドブログの戦略にぜひ取り入れてください。そして読み終えたらすぐに記事を書くことをお勧めします。

それでは参ります。
1記事で1万PVをゲットしたキーワードは、

この続きをみるには

この続き: 4,371文字

【KW公開】トレンドブログ1記事1万PVの実例と、人目を引きつけるタイトルのつけ方。

よん

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
会社員+副業で生きています。 転職・副業・結婚などでお悩みの方へ向けて情報発信します。