見出し画像

異性を沼らせる方法(2)

Twitterでは今日も元気に男女の呟きが流れていく。
表層的なモテ非モテ論や生々しい男女の現実、乞食のようなパパ活や奢り奢られ論、果てには女性のぼったくり恋愛コンサルや恋愛ライターの「デリヘル呼んで五時間何もさせずに休ませれば感謝されてモテるよ」という童貞顔負けレベルのモテアドバイス。

兎にも角にもTwitterは男女関係の情報で溢れていて、かくいう私もそれを呟く一人である。
今回は以前も書いた『 恋愛で異性を沼らせる方法』の第二弾を書いていこう...........と思ったのだが、今回は方法ではなく女性観について書いていく。
タイトル詐欺みたいにはなるが、まぁ最終的には恋愛に繋がることなので似たようなものだ。

何はともあれ、僕の言動についてはフォローしている方々なら分かるように、普段からかなり踏み込んだツイートをしている。

そんな僕のTwitterを知っているリアルの友人は言う「お前は筋金入りの女性蔑視だな」と。
その度に僕は「そうか?神聖視もしてないし女性は男性と違う能力や優秀さがあるからそこはちゃんと評価して尊敬してるけどな」と返すのだが、お互い納得には至らず、ここ最近までそのやり取りは平行線を辿っていた。

今回はそんな友人と久々に話し、最近異性との交流が上手くなってきた友人から見た僕の女性観についての言及をまとめていこうと思う。
友人から見てもあらゆる面で器用だが飛び抜けた才能は無いという程度の評価しかもらえない僕が、どうして異性との交流でそれなりの評価を得て恋愛経験を積み重ねられるのか。
その原因が僕の女性観にあるんじゃないかと思い至ったが故の執筆である。

必然的にモテメソッドならぬモテマインド(僕はこの言葉が嫌いだ)になってしまう訳だが、かなりドギツイ内容なので有料にさせてもらう。
心が強くない人は絶対に読まないで欲しい。


また今回の内容は男性向けなので、女性でも使えそうなモテテクが知りたいという方はこちらではなく第一弾の方を買って欲しいし、そもそも女性はテクニックより積極性が一番重要なのでこんなものを読むより先に人とたくさん会うのが解決への近道であると思う。

とりあえず前置きはこれくらいにして、今回の本題である僕の女性観について書いていこうと思う。

この続きをみるには

この続き: 3,463文字 / 画像6枚

異性を沼らせる方法(2)

しの。

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
これであなたもメンヘラ製造機!
33
なんか適当に書いてます。