見出し画像

【旧裏単体考察】ピクシー

ユミルテミルです。
趣向を変えて、いつものマイナー気味なデッキ紹介ではなくカード単体考察の記事です。今回はピクシーについて。散々使われてきたカードなので、蛇足っぽい説明は少な目でいきます。

【ピクシーの特徴】

ピクシーは1エネで相手の大技が使えてしまう、殿堂制限8点中4点を消費する強力なカード。1進化かつ1エネで攻撃出来るため、ベンチにピッピを置いておくだけで相手のアタッカーに対する反撃を構えておくことができます。
しかし、逆にバトル場で相手の軽めの攻撃しか持たないポケモンと対面すると、脅威にならなくなってしまうという欠点があります。

ピクシーの強さを存分に発揮するために、この欠点の解消に繋がる相性の良いカードを考えます。

【解消すべき状況】

そもそも、「バトル場で相手の軽い攻撃しか持たないポケモンと対面する」という状況になると何が問題なのか。

たとえば、複数枚エネを貼った相手のアタッカーを1エネのピクシーで倒し、バトル場にいる状況。相手は次のポケモンにエネが十分貼れていないかもしれません。そのまましっかり攻撃を続け主導権を握りたいところ。しかし、このときにまともに攻撃できない対面になったら倒すまでに時間がかかり、相手にベンチのポケモンを育てる隙を与えてしまいます。ピクシーは逃げるコストが2。追加でエネを貼らないと逃げられないため、1ターン自分のベンチの育成が遅れることになってしまいます。

【対処方法と手段】

この状況を解消する方法は主に以下の4つ
①自分のバトルポケモン(ピクシー)をいれかえる
②相手のバトルポケモンをいれかえる
③他の手段で攻撃する
(④そもそも時間を稼がれることを問題としない)

それぞれを実現できるカードを挙げると、

①自分のバトルポケモン(ピクシー)をいれかえる
・トレーナー
ポケモンいれかえ、ワープポイント、ポケモンぎゃくしめい(★)、ふうせんのみ、ポケモン回収、スーパーポケモン回収
・ポケモン
カイリュー(かけつける)、やさしいカイリキー(たすけだす)、アンノーンU(UNDO)
・その他
逃げる(コスト低減:ドードリオ(にげるサポート)、退化スプレー)

②相手のバトルポケモンをいれかえる
・トレーナー
突風(★★)、ワープポイント、ポケモンぎゃくしめい(★)
・ポケモン
エリカのウツボット(かおりのわな)、ライコウ(いなびかり)、ゲンガー(やみのちから)

③他の手段で攻撃する
・トレーナー
バトル場は穴だらけ
・ポケモン
わるいゴルバット(こっそりかみつく)、わるいクロバット(とつぜんかみつく)、エレキッド(わんぱくパンチ)、ゲンガー(のろい)

(④そもそも時間を稼がれることを問題としない)
LO系、鋼耐久、ロックで詰ませる系(ヤミカラス)等

【まとめ】

ピクシーを使ったデッキを構築するとき、上記のいれかえ系のトレーナーカードを普段より1~2枚多めに入れてみると、ピクシーの運用がスムーズになるかもしれません。少し意識してみるといいと思います。
エリカのウツボットやライコウは継続的に相手をいれかえることができ、ピクシーを活躍させたいという方にオススメです。

過去にオフ会で結果を残している、悪クロぎゃくしめいとの組み合わせは、複数の相性のいいカードで構成されており、強さが発揮できているのがわかります。

ということで、相性のよさそうなカードを挙げるだけの記事でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1