建武の新政 後醍醐天皇政権に加わった人々

建武の新政政権は、護良親王・足利尊氏・北畠親房など上層の人々と文観・楠木正成のように新興の人々で構成されていました。後醍醐天皇と護良親王、足利尊氏と新田義貞など政府内の不協和音が拡大し南北朝の争乱が始まります。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!

こちらでもピックアップされています

室町時代 大学講師と高校教師のコラボ日本史
室町時代 大学講師と高校教師のコラボ日本史
  • 13本

立命館大学授業担当講師秦野裕介と高校社会科教師松本恵司のコラボレーション動画です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。