見出し画像

【Kuryuカップ優勝】ドラパルトデッキ紹介、解説

こんちには。ヤナギラスです。

バズーカ三銃士でポケモンカードのYouTubeやってます。

今回は前回の続きでドラパルトデッキの紹介をしたいと思います。(前回はれんげきドラペルトの紹介)

前回の記事に環境整理などを書いてあるので、まだ読んでない方はこちらを先に読んでいただくとスムーズかと思います。

デッキレシピ

レシピはこんな感じです。

画像1

◆コンセプト
相手を止めてダメカンをばらまく。

◆問題点
強すぎる。

カード採用の理由

ジラーチ 2
デッキを回すシステムとしての役割と攻撃を受ける役割を持っています。

システム的な面で言うとゆめのおつげを試合中に数回使うだけで、サポートを使ったのと同じくらいリターンがあります。デッキトップを知っているのと知らないのとではプレイングも変わってきますので、重宝しています。

また攻撃を受ける面でいうと、HP満タンのドラパルトが必要だったり、あなぬけのひもでVポケモンを攻撃されるとサイドを詰められてしまうので、ジラーチで受けてもらうことも想定してます。

ドラパルトV VMAX 4-3
普段は3-3で使っていますが、なんとなくこの日は引ける気がしなかったので4にしました。

クイックボールかドラパルトを引く確率で言うと大差ないのでどっちでもOKです。

スピード重視なら4、リソース重視なら3ですね。

クロバットV 2
普段は1で回してます。が、やはりこの日は引ける気がしなかったので2枚入れておきました。クロバットを増やすにあたり、クロバットスタートの確率を下げたかったので、ドラパルトを4にしたところもあります。

ジグザグマ 1
これがあると、ドラパルトの戦術の幅が広がります。露骨にHP60のポケモンに10のせても良いですし、対面したくないポケモンにのせて、圧力をかけるようなブラフ的な使い方もします。

ヤレユータン
普段は使わないのですが、やはり、この日は何も引ける気がしなかったので、博士の研究を4枚フルで採用し、大切なリセットスタンプやボスの指令をトラッシュしないように採用しました。

ミミッキュV 1
このカードについては使い方がたくさんありすぎて、また別の機会に解説できればと思います笑

とりあえずリセスタ、ダミードールで1ターンお祈りします。

フィオネ 1
ダメージ調整、ザマゼンタ突破カードとして採用しています。

ゲンガー&ミミッキュGX 1
好きなので採用。後攻1ターン目のホラーハウスの強さ。1ターン欲しいとき

ギラティナ 1
特殊エネルギーを破壊します。
相手が特殊エネルギーデッキであれば、ギラティナに回収ネットを使うようにします。また、不利マッチであるムゲンダイナに対してもこのカードで勝率が変わってきます。

クイックボール 4
ドラペルト4ならクイボ3で良いんじゃね?とも思いますが、僕は常人なので4枚採用しました笑

レベルボール 1
ジラーチ、ジグザグマ、フィオネをサーチします。クイックボールへの負担が減るので採用。

ポケモン通信 2
VMAXサーチするのて採用。博士の研究でトラッシュするのも防ぎます。

回収ネット 4
いれかえて、アサルトジェット。特性使い回しができる最強カード。これはフルで採用しない理由はない。

クラッシュハンマー 3
普段は4です。が、やはりこの日は何も引ける気がしなかったので、デッキを回すカードに変更しました。

三神、ムゲンダイナはクラッシュハンマーで勝ちを狙っています。

リセットスタンプ 2
ドラパルトは勢いに乗った相手と対戦するのはきついので、相手を一回止めて逆転を狙います。ミミッキュを採用しているのもあるので2枚採用。

エネルギー転送 1
エネルギーを引いて、山札を圧縮するために採用。基本エネルギー11枚目より良いかと思います。

無人発電所 1
相手のジラーチGX、MM、オドリドリGX、デデンネGXを止めます。とは言え、無人でジラーチを止めなくてもウーラオスに勝つ自信があったので、1枚の採用(強気)。

博士の研究 4
普段は3枚で使っています。正直使い過ぎは弱いと思っています。大切な札をトラッシュすると負けると思っているからです。言い換えると博士の研究の使いすぎは運ゲーになるとも考えています。ですが、やはりこの日は何も引ける気がしなかったので4採用。やはり実際の決勝で博士の研究は引きませんでした。

マリィ 3
ドローソースかつ、後半に使う札を山札に戻す重要なカードです。とはいえリセットスタンプを4枚採用しているので、3枚採用に止めています。

ボスの指令 2
正直3枚欲しいけど、使うのは1回か2回なので2枚採用。

マオ&スイレン
れんげき相手にミュウかマオスイのどちらかを使いたかったので、マオスイにしました。

ツールスクラッパー
お守り許さない。ダメ絶対。

Uターンボード
逃げエネ1のポケモンが多いので採用してメリットしかないカード。

ふうせん
Uターン2枚目よりこっちの方が良い

あなぬけのひも 2
普段は3で使っていますが、気が変わったので2。どっちでもOK。

エネルギー 10
これ以下だと引けない。11枚目の採用もありだが、キリが良いのでこの枚数。その代わりエネルギー転送を採用。

おわりに

ちょっと駆け足になりましたがこんな感じでデッキを採用しています。
正直ドラパルトは攻撃に必要なエネルギーが少なく、カード採用の枠が多く空いているので、その枠を楽しむかつ、ドラパルトをサポートしているイメージです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいボル!
46
バズーカ三銃士のヤナギラスです! YouTubeでポケモンカードの動画を投稿しています。 ポケモンカードやYouTubeのことについて記事を書いていきます!