見出し画像

ぶっ壊れたHDDをメタメタに物理破壊してやりましたw

青島です。

先日、Twitterで「ネットで稼ごうと思ったら、レンタルサーバーとPCのバックアップは取るクセをつけておいた方が良いですねw」と偉そうにツイートしたのですが、その瞬間、自分のハードディスクがぶっ壊れました(笑)

さいわい、NASで6連ハードディスクにしてRAIDを組んでいたので、ひとつ壊れたくらいなら、速やかにハードディスクを入れ替えればデータには問題ないので、助かりました。

(データが無事か確認してないけど、たぶんw)

壊れたハードディスクですが、滞在中の別荘がある場所が超ド田舎なので、初めはこのままポイ捨てしてもいいかな~と思ったんですね。

でも最近、「HDD横領転売事件」が話題になったばかりで、ボロいハードディスクでもそこそこの値段で転売されていることが世間に知れわたりました。

なので、そのままハードディスクをポイ捨てたものを盗まれて(拾われて?)データ復元されても気持ち悪いなと思って、物理破壊をすることに決めました。

ハードディスクを物理破壊する方法

ハードディスクを物理破壊する方法としては、

1、業務用金属シュレッダー(もしくはプレス機)で粉々にする

2、ハンマーで叩いてボコボコにする

3、ドリルで穴をあける

4、分解してバラバラにする

5、水につける

というような方法が考えられます。(勝手に考えてるだけですけどw)

このうち、

『1』は、そもそも今回は無理。

『2』は、中身のデータ記録面まで破壊されているか不明。

『3』は、ジェイソンになりたくないから却下。

『4』は、ハードディスク物理破壊初心者の僕でも出来そう。

『5』は、東日本大震災で津波に流されたハードディスクも復活した例があるそうなので却下。

というわけで、4番目の「バラバラに分解する」にチャレンジしました。

結果的には、これが誰でもできる一番簡単で確実な方法かな、と思いました。

ハードディスクを分解して物理破壊する

ハードディスクの分解方法はとても簡単で、ねじを回すだけでほとんど完了。

あとは、データが記録されている円盤面をガリガリに傷つけてボッコボコに殴り倒してあげれば、おそらく復元不能になるでしょう。

ただし、ハードディスクに使われているねじはちょっと特殊で、星形をしています。

画像1

iPhoneやスーパーファミコンのカセットを分解するときにも、星形のねじが使われているので、分解好きな人は対応のドライバーを何種類か持っておくと、いざという時に役立ちます。

今回のハードディスク分解に使用したのは、だいたいT5~T8くらいのサイズの星形ドライバーでした。(Western DigitalのNAS用HDD・3TB Red)

僕が使用したドライバーが、こちら。

おそらく中華性の中国セラーから購入したもので、評判を見るとそこまで耐久性も高くなさそうですが、頻繁に使うものでもないから、まあいいやって感じです。

iPhoneを分解するときにも必要な工具が揃っているので、画面割りなどを自分で修理したい人は便利かもしれませんね。

今回は、ハードディスクの分解・物理破壊ですので、同梱されている中でも不要な工具もいくつかありました。

そして、肝心な分解方法ですが、初めてでよくわからないのでネジというネジを外してバラバラにしておきます。

黒い●の部分はシールになっていて、はがすとネジが隠れています。

さらに、ハードディスクに貼ってあるラベルをはがすと、その下に黒い●シールがあって、それをはがすとネジが隠れていました。

画像2

この1本に気づくのが遅くて、なかなか開けれませんでしたね。

無事に表面のねじをすべて外すと、商品説明でよく見かける画像の姿になりました。

画像3

記録面が鏡以上の鏡面仕様で、反射率が200%のピカピカで映り込みが激しいから、モザイク処理しています(笑)

昔のレコードを思い出すような懐かしい仕組みですが、内部のあらゆるネジも外して、バラバラにしていきました。(ぜんぶ星形ネジです)

円盤部分の中心にあるネジを外すと、円盤部分が外れます。

しかし、読み取りの針の部分が邪魔でなかなか外れないので、針の部分の周りのねじを外すか、ぶっ壊して円盤に干渉しないようにすると取れます。

画像4

そして、円盤部分を先ほどもお伝えしたように、ガリガリのボッコボコにして、フリスビーをした時でも飛距離が出なくなるくらい、壊滅的なダメージを与えて終了です。

画像5

これにて、ハードディスク内のデータはおそらく復元不能になったっぽいですが、円盤部分が鏡面仕様すぎて指紋がベタベタ、指紋十字斑状態です。

今度は指紋が盗まれないか心配にならなくも無いです(笑)

まったく、嫌な世の中になったもんだ(笑)

もしハードディスクを物理破壊しようとしている人は、少しでも参考になれば嬉しいです。

たぶん、何も道具がない素人が確実に物理破壊をしようとするなら、開封・分解が一番良いと思います。

『お知らせ』

いま、僕の方で無料のネットビジネスオンライン講座を開催しています。

PDF形式のレポートをいくつか配布しながら、稼ぐためのネットビジネスの基礎を学んでいく講座なので、興味がある人は参加してみてください(^^)

登録後、講座が不要であればいつでも簡単に登録を解除することが可能です。

⇒ 【完全無料】ネットビジネスオンライン講座の詳細はこちら

画像6

その他、ネットビジネスや副業で何か質問や相談があれば、お気軽にメールください(^^)

ではでは、青島でした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。 より多くネットビジネスで稼げるようになる、役立つ思考などを提供できるように頑張ります。 【無料オンライン講座を開催中】⇒ https://wss-info.net/?page_id=8

ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。無料オンライン講座を開催中!⇒ https://wss-info.net/?page_id=8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。