見出し画像

宮迫博之がYouTube参入!初心者YouTuberはもう稼げないのか?

青島です。

1月の最後の週は、久々に自分自身をアップデートしていました。

久々に情報商材を買いあさり(笑)

そこで思ったのが、比較的古い情報や教材、システムでも充分通じる内容が多いな・・・という印象です。

ネットで稼ぐための本質は、今も昔も変わっていないってことですね。

変わっているのは、小手先のノウハウの部分だけだと思います。

小手先のノウハウだけで言ったら、スパム対策などで通用しなくなっているものも、いくつかあるのも実情です。

結局は、自分の基礎力を上げるために日々の情報収集や、書籍の読破、そして新旧含めた情報商材の取入れは、いつになっても重要だなと思い知りました。(たかだか3日程度でw)

画像1

というわけで、今回は雨上がり決死隊の宮迫博之氏がYouTubeに参入ということで、YouTuber系のノウハウに取り組んでいる人から悲鳴が上がっています。

僕の元にも「芸能人ばかりYouTubeに参入して、もう素人では稼げませんか?」というメールが何件か届きました。

回答としては、僕自身は芸能人が次々と参入するからと言って、YouTubeが稼げなくなるとは思いません。

宮迫博之氏をはじめとした芸能人が次々とYouTubeに参入したから稼げなくなるという理論なら、一昔前で考えてみると、芸能人が参入したらブログが稼げなくなるの?というレベルと一緒ですね。

僕自身、ネットで副業をやるなら、今でもブログが一番稼ぎやすいと思いますし、YouTubeに至っては今春から本格的にスタートが始まるスマホ5Gにより、ますます需要が高まっていくと思います。

結局ブログもYouTubeも同じことが言えますが、稼げるか稼げないかは、内容と演出次第ですね。

ただ、一昔前に適当にテキストを流すだけの動画や、無編集でつまらない動画では稼げないという部分では、事実だと思います。

VTuberはオワコン?芸能人が次々と参入するYouTube市場

芸能人がYouTubeに参入するという件と並行して質問が来るのが、「もうVTuberはオワコンですか?」という内容です。

Vtuberとは、バーチャルユーチューバーなどのことで、有名どころだとキズナアイなどが「バーチャルタレント」としてYouTube以外にテレビでも活動することがあります。

上記の埋め込み動画を見ていただければわかるとおり、素晴らしくクオリティが高いです。

「これと比較したら、素人のVTuberなんてゴミ動画同然だな・・・」と感じるのも仕方がないです。

「これからYouTubeで稼ごう!」と思っているのに、やってもやっても一向に再生回数が増えず、結局収入はゼロ円のまま、時間も労力も無駄になるんじゃないか・・・と考えるのが普通ですよね(^^;)

しかし、僕はVTuberに関しても「内容と演出次第」でまだまだ稼げると感じます。

なぜクオリティの高いキズナアイチャンネルに素人が勝てるのかというと、単純にクオリティの高いVTuberの動画は、めちゃくちゃ金がかかるだろうということが発覚したからです。

先日、ネットニュースで「キズナアイらバーチャルタレントを支援するActiv8、2019年8月期は6億7500万円の最終赤字」という情報が流れていました。

「いまさら8月期の決算報告するのかよ!」って感じです。

金が回らな過ぎて、資金繰りで走り回ってて決算報告が大幅に遅れているとしか考えられません(^^;)

ちなみに、Activ8は2018年8月にMakers Fundとgumiを引受先とした約6億円の第三者割当増資を実施しているそうなので、実質1年ほどで6億円を溶かした計算ですね・・・すごすぎる(笑)

6億円を投資した側としては、キズナアイをはじめとしたバーチャルタレントの可能性に、かなり期待を込めたからこその、この金額の投資だと思いますが、さすがに使い切るのが早すぎます(笑)

事務所の家賃、機材、スタッフ・・・諸々考えると、相当な金がかかるのも想像がつきます。

バーチャルタレントのチャンネル登録者数の一覧を見てみても、現時点では、キズナアイがダントツ1位の約270万人で、2位がキズナアイのゲームチャンネルで約142万人です。

画像2

そして第3位は一気にチャンネル登録者数が減って、30万人程度になり、大半のVtuberが10万人以下の登録者数です。(https://virtual-youtuber.userlocal.jp/office/upd8)

これで溶かした6億円を稼ぎ出すのは、YouTubeという市場だけだと結構厳しそうですね・・・。

僕だったら怖くて投資できません。

その点、素人の人なら、ほとんどお金を掛けずにVTuberとして活躍していくことが可能です。

お金がかかっていない状態で、チャンネル登録者数や再生回数を増やしていくには、結局は内容と演出になる、っていうことですね。

なので「Vtuberは参入障壁が高い」とか「芸能人がYouTube市場に参入してきて稼げなくなった」とかいうのは、僕からすると「副業としてYouTubeをやらない言い訳」にしか聞こえないです(笑)

重要なことは、大手Vtuberや芸能人のYouTuberに出来ない「素人チャンネルならではの強み」ということを、今まで以上に全面に出していくことだと思います。

そういった意味では、今後、YouTubeで稼ぎ続けるためには「視聴者との距離感」を上手に印象付けていくことが重要な戦略になると言えます。

ちょっと前に最新のYouTube教材が出て、かなり良い反響がありましたが、この教材のポイントも「視聴者との距離」になっている印象です。

そのひとつとして「ゲーム実況」が挙げられたりしていましたね。

「YouTubeを副業にするにしても、どんなことをやればいいのか・・・」

と迷う人も多いかと思いますが、YouTube初心者でも無理なく楽しみながらファンを獲得していけるジャンルで、最もハードルが低いものの一つが「ゲーム実況」だということは間違いありません。

芸能人や有名人もゲーム実況をやることがあると思いますが、芸能人とゲームを一緒にやるのが楽しいのか、友人とゲームをやるのが楽しいかは、人それぞれの感覚と演出次第・・・っていう例えで考えると、わかりやすいかもしれません。

これからYouTubeを副業として始めたいと考えている人は、チャンネルのコンセプトと内容、そして演出次第では、まだまだ楽しみながら動画を作成できるはずです。

大物芸能人の参入が続いたとしても、画面の向こうの視聴者をしっかりと意識することを忘れなければ、今後もYouTubeは副業として面白い選択のひとつということは断言できます。

「もう稼げないんじゃないのか?」と心配になるのもわかるのですが、やらない状態でネガティブな感情を抱いてばかりだと、何も行動できないままです。

この思考そのものが、一番稼げないことの原因になっているのに気づいていない人が多いな・・・と改めて思いましたね(笑)

どんな副業ジャンルでも「稼げない人の原因」は、相変わらず同じだと確信できる今日この頃ですw

【お知らせ】現在、僕の方で無料のネットビジネスオンライン講座を開催しています。

PDF形式のレポートをいくつか配布しながら、稼ぐためのネットビジネスの基礎を学んでいく講座なので、興味がある人は参加してみてください(^^)

登録後、講座が不要であればいつでも簡単に登録を解除することが可能です。

⇒ 【完全無料】ネットビジネスオンライン講座の詳細はこちら

画像3

その他、ネットビジネスや副業で何か質問や相談があれば、お気軽にメールください(^^)

ではでは、青島でした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。 より多くネットビジネスで稼げるようになる、役立つ思考などを提供できるように頑張ります。 【無料オンライン講座を開催中】⇒ https://wss-info.net/?page_id=8

2
ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。無料オンライン講座を開催中!⇒ https://wss-info.net/?page_id=8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。