新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ステイホーム週間に何する?人生を激変させるための過ごし方


青島です。

明日からゴールデンウイークですね(^^)

今年は新型コロナウイルスの流行で「うちで過ごそう ステイホーム週間」という呼び掛けで、自宅警備員状態で家で過ごそうと思っている人も多いと思います。

新型コロナウイルスが猛威を振るっているのに毎日会社に通勤しなければならず、恐怖に震えている人もいるかと思いますが、「ゴールデンウイークでやっとまとまった休みが取れそう」と少しだけ安心できるって感じでしょうか(^^)

僕は・・・というと、仕事の関係上、基本的に毎日が自由時間なので、わざわざ人ごみにあふれる時期に旅行に行くということもないので、いつもと変わらないステイホーム週間ということになりそうです(笑)

今回はこの「ステイホーム週間」で人生を変えようと思って、副業などに取り組もうと思っている人向けに、どのように連休を過ごしたらよいか?ということを、僕なりに少し書いてみようと思います。

ステイホーム週間で副業に取り組もうとして人生を無駄にする人の特徴

画像1

今現在、ネット上には様々な副業ノウハウが飛び交っていますが、取り組み方によっては安易に副業ノウハウに手を出すことで、逆に時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

副業ノウハウの教材を購入し、この連休中にさっそく取り組もうと思っている人も、成功させるためには教材には書かれていない「大切なこと」の意識が必要です。

ノウハウは、あくまで方法論であって稼ぐ方法のひとつでしかありません。

稼げないまま教材ばかりを買いあさっている人を「ノウハウコレクター」とよく言いますが、このステイホーム週間をきっかけにノウハウコレクター状態にならないように注意が必要です。

ステイホーム週間をきっかけに人生を激変させたいなら「何をやるか?」ということを真剣に考えて、ブレない計画を立てることが最も重要だと思います。

画像2

今回のように、まとまった休み、かつ、半強制的に家で過ごすというタイミングが人生でなかなかやってこない人もいると思います。

だったら、この大型連休しかできないことをやっていくのが効率的です。

それを考えずに、とにかく「何かやってみよう」とあれもこれも手を出し、情報に振り回されていると結局は何もできず、何も身につかずに終わってしまう可能性が高いです。

普段は「とにかく行動」という人も、今回のステイホーム週間を利用して「ブレない土台作り」をしていくことが、人生を激変させるために一番有効な時間の使い方かな~と個人的には思います(^^)

人生を変えたいと思っているのになぜ行動できないのか?

画像3

僕がネットビジネスや副業のサポートをしていく中で、稼げない人によく感じるのが「インプットが足りない」ということです。

「インプットばかりでアウトプット(行動)が出来ていない」と悩んでいる人も結構多いのですが、はっきり言ってアウトプットできていない理由は、インプットが足りないからだと思います(笑)

というか、正確にいうと教材などを手にしても「ただ読むだけ」という感じでインプットなんかできていないんです。

大半の人は「ただ読むだけ」を繰り返しているだけにすぎないのに「インプットしている」と思い込んでいるんですよ(笑)

なので「え?じゃあインプットしたことを、今から僕に説明してよ」といっても、多くの人が説明できません。

画像4

学んだつもりでも、知った気になって終わっているだけにすぎません。

教材をただ読むだけなら、小学校低学年の子供でも出来ます。

いや、むしろ小学校低学年の子供の方が読んで学んだことをしっかりとインプットして、真剣に考えているかもしれません。

だいたい、エラそうにうんちくをタレる人ほど、実際は何もできていないし本質を分かっていないパターンが多い印象です。

ちゃんとインプットできていないんだから、アウトプット(行動)が出来ないに決まっているんですよね(^^;)

ただ読むだけでは終わらない行動に移せるほどの本当のインプットを意識する

では、しっかりとインプットするためにはどうしたらよいか・・・というと、ちゃんと知識を身につけている人は、こんな行動をしていると思います。

●PDF形式のファイルを紙に印刷して、読みながら書き込んでいく

●読んだ教材をノートにまとめている

●教材の内容を自分なりにマインドマップに書き込んでいく

●わからないところはどこなのか?

●どういうところがわかりにくいと感じたのか?

という感じですね。

でもこれって、よくよく考えてみると「インプットしながらアウトプットしている」とも取れます(笑)

そして、今までの自分と照らし合わせて新しいこと、学んだこと、わからないことをしっかりと分析できているという特徴があると思います。

だから、手に入れた情報に対して、

●どの部分が新しいのか

●どういったところが活用できそうなのか

●なぜこれが有効なのか?

ということをしっかりと把握できています。

しっかりと把握できているということは、すぐにでもその情報を元に行動を起こせる準備が出来ていると言えます。

結局、しっかりとインプットしている人は同時にアウトプットできているから、すぐに行動が具体的にイメージできている人が多いんですよね。

人生を激変させるために情報や教材を手に入れて勉強しているんだから、しっかりとインプットできていれば、すぐに行動に移せるのは必然といえるかもしれません。

自分をしっかりと見つめなおして、やるべきことをインプットしまくる

画像5

しかし、インプットをしっかりできていても、情報量が足りなければ行動している途中で行き詰まることは多々あると思います。

今回のようなまとまった連休をうちで過ごす場合でも、休みの期間は実際は限られているわけで、厳密にいうと人生を変えるためには一瞬一瞬が非常に大切です。

だから、時間を無駄にしないためにも、がむしゃらに行動するよりは、今後の行動がスムーズになるような土台となる知識やスキルを、しっかりと身につけていくことをおすすめします。

普段、仕事をしながらでは、忙しい合間をぬってネットビジネスに取り組んでいる人も多いかと思います。

忙しい時は、がむしゃらに行動してどんどん経験値を積み上げていくということも有効です。

しかし、今回のようにまとまった時間が取れる場合は、今後の作業がスムーズに進む「未来」に繋がるような取り組みをしていくことで、また忙しい日々に戻ったときの合間の時間での作業効率が大幅に上がります。

連休中に一気にネットビジネスで成果を出したいと感じるかもしれませんが、実は腰を据えてしっかりと自分を見つめなおし、必要な情報をしっかりと身につけて実践できるようにすることが、長い目で見ると成功までの期間を短くできるというわけです。

忙しい時の合間の時間でも、スムーズに作業ができるのと作業のたびに手が止まって悩んでしまうのでは、作業効率で天と地の差が出てきますからね(笑)

そして必要な知識やスキル、そして考え方を身につけているからこそ、手に入れたノウハウを最大限、活用できるようになります。

ノウハウコレクター状態で副業の迷宮入りしている人は、小手先のノウハウばかりに目移りしたり「楽して稼ぎたい」という気持ちが先行しすぎて、一番重要な部分がすっぽり抜けているのが、メールで相談をいただくだけでわかります。

せっかく手に入れたノウハウやシステムをフル活用して一気に稼ぐためにも、この連休中は「自分を見つめなおして必要な情報を本気でインプットしていく」という時間にしても良いのかなと思います。

強い武器(ノウハウ)を手に入れることはネットビジネスで稼ぐために非常に有効ですが、武器だけでは無く、自分自身もしっかりとレベルアップしていくことで攻略できる道は大幅に広がりますよ(^^)

ネット副業で稼ぎたい人は、ステイホーム週間の過ごし方として参考にしていただけると嬉しいです(^^)

【お知らせ】完全無料ネットビジネスオンライン講座を開催中!

PDF形式のレポートをいくつか配布しながら、稼ぐためのネットビジネスの基礎を学んでいく講座なので、興味がある人は参加してみてください(^^)

登録後、講座が不要であればいつでも簡単に登録を解除することが可能です。

⇒ 【完全無料】ネットビジネスオンライン講座の詳細はこちら

画像6

その他、ネットビジネスや副業で何か質問や相談があれば、お気軽にメールください(^^)

ではでは、青島でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。 より多くネットビジネスで稼げるようになる、役立つ思考などを提供できるように頑張ります。 【無料オンライン講座を開催中】⇒ https://wss-info.net/?page_id=8

1
ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。無料オンライン講座を開催中!⇒ https://wss-info.net/?page_id=8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。