「Cure」編集部

Japanesque Rock+Visual Styling Magazine「Cure」がお届けするオンラインメディア。 ヴィジュアル系バンドのリリース&ライブはもちろん、オリジナル企画を通してアーティストとしての魅力に迫ります!!

「Cure」編集部

Japanesque Rock+Visual Styling Magazine「Cure」がお届けするオンラインメディア。 ヴィジュアル系バンドのリリース&ライブはもちろん、オリジナル企画を通してアーティストとしての魅力に迫ります!!

    記事一覧

    【Interview】コドモドラゴン――MAXI SINGLE「BAD!!」から見える、強靭なバンド力

    7月20日に21枚目のMAXI SINGLE「BAD!!」をリリースし、現在はONEMAN TOUR 「必要悪」で全国を回っている。今回の「BAD!!」から強く感じたのは、今の彼らならではのバンド感…

    300

    【Interview】ダウト――メンバーの個性とバンド力を凝縮したMINI ALBUM「浪漫童樂的茶番劇」

    8月8日、THE D=OUT MANIFEST MINI ALBUM「浪漫童樂的茶番劇」がリリースとなる。こちらは“MANIFEST”とある通り、今年メンバーそれぞれが発表したバンド活動におけるマニ…

    300

    【Interview】DaizyStripper――9th FULL ALBUM「FUJIYAMA」遂にリリース!その全…

    前回は、先行配信された「HATSUYUME」を中心にアルバムについて聞いたインタビューをお届けしたが、今回は遂に完成しリリースされた9th FULL ALBUM「FUJIYAMA」の全貌につ…

    300

    【Interview】Ashmaze.―3rd MINI ALBUM「ジレンマ」で描く、葛藤に向き合う心

    6月29日に3rdミニ・アルバム「ジレンマ」をリリースし、7月は5週連続ONEMAN LIVEを行いながら、相変わらずの勢いを感じさせているAshmaze.にインタビュー。毎回リリースご…

    300

    【Interview】ザアザア――カクレンボ×愛で切ない恋心を描いた「カクレンボッチ」

    ザアザアの世界観の中で描かれる独特な恋愛観。今回リリースされた「カクレンボッチ」にも、恋心に気付いて欲しい主人公の恋愛を“かくれんぼ”をモチーフに描いている。今…

    300

    【Interview】THE MADNA――1st SINGLE「GiANT KiLLiNG」で示した番狂わせの存在感

    遂に“初の”シングルが完成! これまで2枚のEPをリリースし、ライヴを積み重ねていく中でバンド力を増強させ、「GiANT KiLLiNG」というタイトルの元1st SINGLEをリリース…

    300

    【Interview】KAKUMAY――新たに生まれ変わった5人が届ける1st SINGLE「UNDER THE BED…

    結成当初より、バンド名のごとく高い志を感じさせ、勢いのある活動を見せていた。3月には前任ドラマーの脱退発表があったが、KAKUMAYが止まることはなかった。G.アザミ、Dr…

    300

    【Interview】nurié――新曲「生きてて偉い」で踏み出す大きな一歩

    5月、大阪と東京にて行われた≪bouquet≫と題したライヴでステージへ戻ってきたnurié。その場で披露したのが、今回リリースされる「生きてて偉い」だった。昨年の事故後、…

    300

    【Interview】DaizyStripper――フル・アルバム「FUJIYAMA」で伝えたい、人生の歩み

    結成15周年を記念したツアー「5+10=DREAMER」で全15箇所を駆け抜け、6月5日に品川ステラボールにて行われたGRAND FINALE【KISS THE FUTURE~WE ARE DREAMER~】にて、9枚…

    300

    【Interview】Royz――フル・アルバム「Lync」に込めた13年目の“気合い”

    今回のフル・アルバム『Lync』を再生した瞬間に“ハッ”とした。取材はリリース前に行ったが、『Lync』が世に放たれた今、恐らく多くの人がそれを感じているはず。4人の気…

    300

    【Interview】コドモドラゴン――MAXI SINGLE「BAD!!」から見える、強靭なバンド力

    7月20日に21枚目のMAXI SINGLE「BAD!!」をリリースし、現在はONEMAN TOUR 「必要悪」で全国を回っている。今回の「BAD!!」から強く感じたのは、今の彼らならではのバンド感と、コドモドラゴンが持つ絶対的な音楽性だ。近況を交えながら、今作で示した想いやバンドのモチベーションについて聞いた。ONEMAN TOURは、9月10日 恵比寿LIQUIDROOMでのツアー・ファイナルまで続いていく。さらに、12周年 ONEMAN TOUR『暴徒祝我會Ⅱ』も開催決

    スキ
    23
    有料
    300

    【Interview】ダウト――メンバーの個性とバンド力を凝縮したMINI ALBUM「浪漫童樂的茶番劇」

    8月8日、THE D=OUT MANIFEST MINI ALBUM「浪漫童樂的茶番劇」がリリースとなる。こちらは“MANIFEST”とある通り、今年メンバーそれぞれが発表したバンド活動におけるマニフェストの一環として制作された作品だ。今後は、8月18日に代々木公園イベント広場野外ステージにてフリーライヴを。さらに、ミニ・アルバムを主体としたツアーが控えている。なお、この取材後に幸樹の頚椎ヘルニアについて発表があったが、現状はスケジュールを決行するという。16年目に突入しても

    スキ
    11
    有料
    300

    【Interview】DaizyStripper――9th FULL ALBUM「FUJIYAMA」遂にリリース!その全貌を語る。

    前回は、先行配信された「HATSUYUME」を中心にアルバムについて聞いたインタビューをお届けしたが、今回は遂に完成しリリースされた9th FULL ALBUM「FUJIYAMA」の全貌について詳しく話を聞いていこうと思う。活動16年目を着実に一歩ずつ歩んでいくことを“FUJIYAMA”というタイトルに準えたテーマを通して伝える作品……しかし、今回のアルバムから感じられるパワーの要因は、確固たるコンセプトだけではなさそうだ。是非、8月2日にリリースされたアルバムと合わせて今の

    スキ
    8
    有料
    300

    【Interview】Ashmaze.―3rd MINI ALBUM「ジレンマ」で描く、葛藤に向き合う心

    6月29日に3rdミニ・アルバム「ジレンマ」をリリースし、7月は5週連続ONEMAN LIVEを行いながら、相変わらずの勢いを感じさせているAshmaze.にインタビュー。毎回リリースごとにコンセプチュアルな表現をしている彼らだからこそ、”ジレンマ”と題されたミニ・アルバムを軸に、今伝えたいことについて語っていただいた。この夏はTHE MADNA との2MAN TOUR’22 「スタンガン」、9月からはワンマン・ツアー「HORIZON」を控えている。バンドにとって史上最大規模

    スキ
    13
    有料
    300

    【Interview】ザアザア――カクレンボ×愛で切ない恋心を描いた「カクレンボッチ」

    ザアザアの世界観の中で描かれる独特な恋愛観。今回リリースされた「カクレンボッチ」にも、恋心に気付いて欲しい主人公の恋愛を“かくれんぼ”をモチーフに描いている。今回は収録曲の歌詞がすべてカタカナであり、そのカリグラフィーを活かしたMVも必見である。前作の「毒チョコ」が過去最高セールスを記録しているという程、ますます注目を集めている彼ら独自の世界を覗いていこう。 【「カクレンボッチ」は特に届きやすい曲になっているんじゃないかな】――6月29日にシングル「カクレンボッチ」がリリー

    スキ
    10
    有料
    300

    【Interview】THE MADNA――1st SINGLE「GiANT KiLLiNG」で示した番狂わせの存在感

    遂に“初の”シングルが完成! これまで2枚のEPをリリースし、ライヴを積み重ねていく中でバンド力を増強させ、「GiANT KiLLiNG」というタイトルの元1st SINGLEをリリースした。今回の作品のインスピレーションのもととなったtour22「OverHEAT」も、7月24日 池袋EDGEにてファイナルを迎える。始動から約半年、等身大の自分達を放出させながら存在を確立させてきたTHE MADNAの下剋上の一手ともいえる最新作についてインタビュー! 【「OverHEAT

    スキ
    4
    有料
    300

    【Interview】KAKUMAY――新たに生まれ変わった5人が届ける1st SINGLE「UNDER THE BED」

    結成当初より、バンド名のごとく高い志を感じさせ、勢いのある活動を見せていた。3月には前任ドラマーの脱退発表があったが、KAKUMAYが止まることはなかった。G.アザミ、Dr.晴を迎えた5人体制となるまでの想いや、新体制となって初のシングル「UNDER THE BED」について、彼らの言葉を通してその意気込みをお届けしたい。7月27日に高田馬場CLUB PHASEにて行われる無料ワンマン「新生KAKUMAY」では、生まれ変わった5人の新たな決意を感じられるはずだ。 【出来る限

    スキ
    1
    有料
    300

    【Interview】nurié――新曲「生きてて偉い」で踏み出す大きな一歩

    5月、大阪と東京にて行われた≪bouquet≫と題したライヴでステージへ戻ってきたnurié。その場で披露したのが、今回リリースされる「生きてて偉い」だった。昨年の事故後、生きている“今”から目を背けず、一歩踏み出す後押しをしてくれるメッセージが詰まっている。そんな大切な1曲についてはもちろん、常に音楽に誠実な姿勢で活動している彼らの姿を感じることが出来た同時収録の2曲についても伺った。7月29日 池袋EDGEにて控えている3周年を記念するワンマン・ライヴもまた、nuriéに

    スキ
    7
    有料
    300

    【Interview】DaizyStripper――フル・アルバム「FUJIYAMA」で伝えたい、人生の歩み

    結成15周年を記念したツアー「5+10=DREAMER」で全15箇所を駆け抜け、6月5日に品川ステラボールにて行われたGRAND FINALE【KISS THE FUTURE~WE ARE DREAMER~】にて、9枚目となるフル・アルバム「FUJIYAMA」のリリースと、今作を引っ提げて回る「フジヤマノボレ」ツアーを発表。アルバム制作も佳境に差し掛かかり、アルバムからリード曲「HATSUYUME」が先行公開された7月上旬、メンバーにコンタクトを取った。15年を迎えてもなお、

    スキ
    12
    有料
    300

    【Interview】Royz――フル・アルバム「Lync」に込めた13年目の“気合い”

    今回のフル・アルバム『Lync』を再生した瞬間に“ハッ”とした。取材はリリース前に行ったが、『Lync』が世に放たれた今、恐らく多くの人がそれを感じているはず。4人の気合いが込められた渾身の作として仕上がったアルバムは、13年間で積み重ねてきたバンドに対する意識の強さとアーティストとしての進化に加え、コロナ禍を経てRoyzが「作りたい」と思い辿り着いた音楽の形なのだとメンバーの話を聞いて痛感した。 【「アルバムを作りたい」って、メンバー発信で決めたことはすごく大きな意味があ

    スキ
    14
    有料
    300