WADATSUMI
天のオイルと地のオイルの使い方 1
見出し画像

天のオイルと地のオイルの使い方 1

WADATSUMI

使用方法】起床時(朝)「天と地のオイル」を盆の窪に1滴ずつける。就寝前「天のオイル」を盆の窪に1滴つける。
☆盆の窪から脊髄を通して全身にオイルの波動が広がります。
天のオイルによって結界を張り、地のオイルによって施錠を開きます。

いろいろな使い方】朝(天と地のオイル)晩(天のオイル)、盆の窪に塗るのが基本的な使い方ですが、お使いのみなさまのアイディアをご紹介させていただきます。

<<下記すべて、オイルは1滴〜2滴程度使用>>

◎ 水に入れてor直接口に垂らす(飲用として発売されておりませんので、自己責任でお試しください)人の影響を受けにくくなった。軽くなった。などの感想をいただいております。

◎ 水かアロマ水などスプレーボトルにオイルを入れ使用する。

◎  電球につける 部屋全体にオイルの波動が広がり柔らかな空間になります。(オイルなので火事などに気を付けてお使いください)

◎ 急性の痛みや怪我をしたとき 地のオイルを塗る。慢性的なものは天地オイルを手のひらで混ぜて不快なところにすりこむ。

◎ 自分のもっているマッサージオイルや化粧水などに入れる。

◎ ペットに人間と同じように朝晩、盆の窪にオイルを塗る。

◎ お風呂に入れる(お湯を張るときにオイルを垂らすとお湯全体に波動がゆきわたります)

◎ 名刺につける(名刺ケースにいれるくらいの量の名刺を手にとり、地のオイルを片手の手のひらにのせ、名刺の4つの側面をオイルのついた手のひらの上ですべらせるように塗ってください)

◎ 第3の目に天のオイルをつける。

◎ 切り花の水に地のオイルを入れる。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
WADATSUMI