リアサスの窒素ガス封入

リアサスの窒素ガス封入

長いこと替えてなかったリアサス(リアショックアブソーバー)の

オイルを替えました。

オイルを替える時はエア抜きにかなり苦労しました。

サービスマニュアルの方法でエア抜きしようとしたら、

オイルが噴水のように吹き出てしまって、悲惨な事になりました。


エア抜きは、このU.S.A.製チュートリアル・ビデオの通りにしました。

こっちの方が、簡単に出来ると思います。

最後に窒素ガス充填の作業をしますが、本格的にやろうと思うと

ガスボンベやレギュレーター等の機材を揃えるのが大変です。

そこで、もっと安上がりな方法を採ります。

用意するのは以下の機材

・理科の実験に使う窒素ガス・スプレー
・自転車用サスペンション・ポンプ
・適当な大きさの透明ビニール袋

窒素ガススプレーは、純度95%だそうです。

残りの5%は空気だと言う事なので、トータルでの窒素濃度は

約99%になってるはず。

サスペンションポンプはTOPEAK(トピーク) の

"ポケットショック"という商品。

これの良い所は、「プレッシャーライト口金」によって

ポンプ脱着時のエア漏れが無いという所。


袋に窒素ガスを入れて、ポンピングを繰り返し、

指定通り10kgf/cm2まで入れました。

窒素ガスはあと1〜2回位は使えそうです。


〈筆:Mr.V〉

(すべてがmotoになる:2014年2月1日投稿分)
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
blog ■□■ https://venimoto.blogspot.com/ ■□■