両学長_保険の話

「日経1年生!」も挫折した私が、お金の基本を学んでメモしていく。#6-2

どうもです。ウトウトハットです。

YouTubeでお金の勉強ができる動画を配信している、両学長さんの動画を観て私が学び、その内容をnoteにまとめていきます。
初回#0はこちら。
https://note.mu/uto2hat/n/nc343b1658e76

今回は、両学長のYouTube動画【お金の勉強 初級編 】#6-2の内容をまとめています。


第6-2回 医療保険は必要か? 追加解説 前編【お金の勉強 初級編 】


医療保険は不要。皆、もう「健康保険」という最強の保険に入っている。

「高額療養費制度」がある。

医療費が何百万とかかったとしても、月給30万円の人の場合、自己負担額は月額、上限約8万円で済む。10万円を見ておいたら大丈夫。
民間の保険は不要。

「傷病手当金」または「休業補償給付」というのがある。

病気や怪我で仕事を3日以上休んだ場合、4日目から最大1年6ヶ月間支給される。額は平均給与の3分の2。

なので、働けなくなったからといって、突然収入がなくなるわけではない。

民間の保険は、使い勝手が悪いものも多い。

例えば、入院や手術を伴わない通院は保険金が支払われない。
また、疾患の定義が微妙に異なる。
この病気は保険に入っているから大丈夫、と思っていたら条件が違っていたり、病名が微妙に違っていたりして保険金が払われない、というパターンも。

だから、民間の医療保険は不要。
それよりも、最低限の貯金を貯めることを優先しよう。


保険とは?

ギャンブルである。自分が病気になるかどうか?当たるか当たらぬか(保険の対象になるか、ならないか)

積立・貯蓄は「ぼったくり」の投資信託。
貯蓄するなら、投資信託をしよう。


なぜ保険に入るのか

いざという時、生活に困窮しないため。
要は、お金に困らないように 保険に入る。

お金を増やすために保険に入るのか?
増やすなら、投資でいい。
保険なら、掛け捨てでいい。


必要と思う保険は?

家庭持ちの人なら、掛け捨ての生命保険。
対人、対物の自動車保険。(車両保険は不要。)
火災保険。
あとはオプションで、自転車保険。
医療は、最低限の貯金があれば乗り切れる。

これはウトウトハットのパートナーがよく言う言い方なのですが、

「もし起こったとき、人生詰んでしまう(もう人生終わり、みたいな状態のこと)ようなことに対して、保険をかけるべき」

と言うんですよね。
これ聞くと、なるほど、保険とはそういうものかと、いい大人になった今更思っているわけです。


医療保険が掛け捨ての前提で、出た質問について

ここについては、動画で見てみてくださいね。

保険で得をした人も確かにいるけど、ギャンブルに勝っただけ。
ほとんんどの人は損をする。
入ってなくても生活には困らないから、保険の分貯金をしよう。

次回#6-3は、医療保険は必要か?の追加解説です。

続きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます
3
つくりたて。2019年9月11日。 主にガジェット周りで欲しいものがたくさんあるんですが、小遣いが足りません。 パートナーに説得(説教?)され、お金の勉強をちょっとずつ始めました。

こちらでもピックアップされています

「日経1年生!」も挫折した私が、お金の基本を学んだメモ。
「日経1年生!」も挫折した私が、お金の基本を学んだメモ。
  • 8本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。