じゃらんアプリのリデザインPart1


こんにちは、ミャンマーでデザインを勉強中の村上雄太郎です。


前回の投稿では書いていなかったのですが、実は現在「20/20」というデザイナーコミュニティを活用し、デザインを学んでいます。
ミャンマーにきてからデザインに興味を持ち始めたので「どう学んでいこうかな笑」と感じていた中、出会ったコミュニティでした。
詳しくはコチラ↓
https://note.mu/design_school/n/n5959ded13c15


そしてこのコミュニティ内複数人でじゃらんアプリのリデザインをしています。同じアプリのリデザインでも一人一人アウトプットは変わってくるので、楽しみです!

僕もまだ全てを設計できたわけではないので、何回かに分けて投稿していきたいと思います。




リデザインについて


今回のリデザインではただUIを改善するだけではなく、ステートメントシートでターゲットを設定し、そのユーザーにあったUI設計をしていく、というものです。

そして今回のターゲットは「自分」です。
僕のステートメントシートはコチラ↓

https://paper.dropbox.com/doc/sHTTG70vi8Gq4PyqWPIrE





ステートメントとUI改善理由


今回のステートメントとしては、ズバリ
「旅行先の各スポットを地図上で可視化し比較できるアプリ」です。

というのも、僕が旅行の計画を立てる際のフローを下記画像に表しているんですが、


もーなかなかめんどくさい。笑
インスタ開いてはブログも見て探し、場所をグーグルマップで検索して、
また別の良いスポットがあれば「さっきの〇〇と近いかな?」と再びグーグルマップ開いて検索して、、、

ってカンジで、楽しいけど疲れる。笑


そんな僕の旅行計画フローの①、②、③を1つにしてくれるのが今回考えたじゃらんアプリです。



既存アプリの課題点と改善点

改善点というか、もう原型も機能もほとんど残っていないのですが、笑




こんなカンジにしてみました。

ほとんど同じような画面なのですが、、、笑
最後は現在のアプリとの比較です。


既存アプリの課題点

既存アプリの課題点として僕が考えたことは、

①機能面

・機能が多すぎてわかりずらい
・観光地検索をマップで表示可能だが、ピンを合わせにくく、毎度更新しないといけないのがめんどくさい
・アプリ使っているのにwebにとんでいくのがおおい


②UI面

・Ponta大きくですぎ
・1枚のページに全て盛り込まれてるので分けたい
・組織化がされていない(例:「国内 宿」と「国内 宿(その他)」がはなれている)


改善点

今回使える機能は、

①登録されているスポットが地図上ででてくる機能
②スポットの検索・管理機能

の2つだけにしぼっています。

なのでユーザーにとってはものすごくシンプルで、直感的につかえるのではないかと考えています。


UI面では、

・ページを5つにし、それぞれ1コンテンツの検索に特化。お気に入り機能でまとめて見ることができること
・白をメインに、オレンジを要所で使う
・地図上でも画像を表示し、選びやすくした

といったところです!



今回あまり深く考えずに「こうじゃないかな〜」とポンポン進めていったので、またアドバイス等いただいてPart2に繋げたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
ミャンマーの事業会社でマネージャー → 株式会社ゆめみ Interaction designer / 沖縄出身🌴/ 東南アジアとデザインが好きです

こちらでもピックアップされています

じゃらんアプリのリデザイン
じゃらんアプリのリデザイン
  • 3本

デザインを学びはじめてから初めてのリデザイン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。