株式会社ウィン様が運営するシーシャカフェ「Shamba」のホームページを作成させていただきました。
見出し画像

株式会社ウィン様が運営するシーシャカフェ「Shamba」のホームページを作成させていただきました。

株式会社アップデートのFです。
この度、株式会社ウィン様が運営するシーシャカフェ「Shamba」のホームページを作成させていただきました。

画像3


「株式会社ウィン」
https://wvw.co.jp/
飲食事業に注力し、「目の前の大事な人を笑顔にする」という企業理念を大切にしながら人財育成、サービス向上に取り組んでいる企業です。

「Shamba」
https://shamba-shisha.com/
シャンバとは、静けさの聖地であるチベットの『シャンバラ』
に向かうという意味が込められており、
日常から解放される新しいリラックス空間
気軽に入れて楽しめる「シーシャカフェ」
充実したドリンクバーが特徴で打ち合わせやミーティングでビジネスマンも利用しています。

シーシャのアングラなイメージを払拭し、初めての方にも美味しいと感じてもらえるというコンセプトの素敵な空間となっております。過ごしやすい店内、ソフトドリンクや軽食の持ち込み可など気兼ねなく利用できる今までにないタイプの本格シーシャカフェです。

画像1

気軽に入店できて、リラックスできる空間をアピールできるようにクリーンな内装を映像でページ上に表示しております。アングラなイメージのない店内のアピールでお店のコンセプトをアピールしています。映像を多用して動きのあるホームページにすることでアクセスしてきた方々の目をひきます。

わかりやすいオーダーの説明、単純明快な料金システム・メニューの表示でシーシャを吸ったことがない人も一目見ただけでわかる内容に仕上げています。店員さんにお任せできることも記載することで初めての方も入りやすくしています。店員にお任せでオーダーできる点も表記することで敷居を下げることができております。


また、1問1答形式のQ&Aを掲載することでシーシャを吸う前に不安に思っていること、シーシャ自体に対するイメージを払拭できるような内容を掲載することで入店しやすくなる内容にしています。

昨今で集客やPRの為に必須なものとなったSNS。ページ上部のリンクをアイコンにすることでわかりやすい仕様にして、簡単にアクセス・集客につながるように工夫をしています。


Shambaのイメージを崩さず、それでいてわかりやすい内容、目をひく色使い、お洒落なデザインのページに仕上がっております。幅広いジャンルに対応できるのもアップデートの強みです。

画像2


業界問わず様々な企業、お店のホームページを手がけている当社。
お打合せにて細やかなヒアリング、最適なご提案をさせていただきます。
ぜひホームページをご検討であれば当社にお任せくださいませ。

下記ホームページに記載のアドレスに気軽にお問合せください。

株式会社アップデート
https://www.update-up.com/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!