海猫ふれんず

「海猫ふれんず」は、八戸都市圏を中心に青森県の魅力を発信するwebメディアです。地方都市での懐かしい暮らし、心豊かな暮らし、ていねいな暮らしを覗いてみませんか?https://instagram.com/umineco.friends?igshid=gbinsfllynqk

海猫ふれんず

「海猫ふれんず」は、八戸都市圏を中心に青森県の魅力を発信するwebメディアです。地方都市での懐かしい暮らし、心豊かな暮らし、ていねいな暮らしを覗いてみませんか?https://instagram.com/umineco.friends?igshid=gbinsfllynqk

    最近の記事

    【2021年活動記録】ふるさと納税ワークショップを開催しました!【海猫ふれんず】

    2020年に発足し、八戸圏域への移住者(UJIターン)を増やすため情報発信活動を行ってきた、私たち海猫ふれんず。 2021年は動画の更新が前年よりも少なくなってしまった私たちですが、実は情報発信以外にもなにかできることはないかと模索し、新たな活動に挑戦した一年となりました。今回はそのとある挑戦の活動記録となります。 私たちの故郷が消滅する?突然ですがみなさん、「消滅可能性都市」という言葉をご存知でしょうか? 簡潔な説明を引用しましたが、こちらは2014年5月に少子化対策

    スキ
    5
      • 【東日本大震災と海猫ふれんず】中学校卒業式の2日後に被災。八戸市みなと体験学習館〈みなっ知〉で当時を振り返り震災と向き合う【前編】

        それは長い冬を越え、東北の地にも春がちらりと顔を覗かせたかのように空が青く晴れ渡った日のことでした。平成23年(2011年)3月11日(金)午後2時46分。たった2日前に中学校を卒業したばかりの15歳の少女は、卒業の記念にともらったショートケーキを乗せた小皿の横に、つい最近味を覚えたばかりのコーヒーを並べ、少しだけ大人になった気分でダイニングテーブルの椅子に腰掛けようとしたところでした。 黒いコーヒーにさざなみがたち、カタカタと皿や棚の小物が揺れはじめました。思えばここ数日

        スキ
        8
        • 【イベントレポート】青森ゆかりのみオンラインvol.1<三八地域>後編

          前編に引き続き、先日のオンラインイベント青森ゆかりのみオンラインvol.1<三八地域>のトークの一部をご紹介していきます。 今話題の小話みなさんも年末年始の大雪には悩まされたかと思います。やはり新聞などで取り上げられ、大きな話題となった除雪の話も登場しました。地方によって天候差が激しい青森県。最初にお話したように今年は八戸市でも大雪となり、道路状況が悪く除雪についての苦情が市には多く寄せられたそうです。青森市などでは除雪がとてもきめ細やかに行われ、いくら雪が降っても街中の道

          スキ
          8
          • 【イベントレポート】青森ゆかりのみオンラインvol.1<三八地域>前編

            青森県の中では冬の降雪量・降雨量が少ないとされている八戸市でも、今年の年末年始は大雪に見舞われました。新型コロナの流行により、毎年恒例となっている忘年会や初詣すら自粛した方も多いのではないのでしょうか。静かすぎる忘年会シーズン、実家への帰省も何だか気が引けたりして、おまけに道路は雪が積もってデコボコ状態。鬱屈した年末年始を過ごされた方も中にはいらっしゃるかもしれません。 しかし、コロナ流行中だから自粛しなければならないということは、捉えようによってはコロナ流行中の今だからこ

            スキ
            10
            • 【青森県/三戸町】11ぴきのねこを探して

              とらねこたいしょうを筆頭にいつもお腹がペコペコなねこたちが、ニャゴニャゴニャゴと一致団結し、ときには読者をあっと驚かせるような愉快な物語を繰り広げる大人気絵本「11ぴきのねこ」シリーズをご存知だろうか。 その作者馬場のぼるさんのふるさとであり、地域一体となって「11ぴきのねこ」によるまちづくりに取り組んでいる三戸町(さんのへまち)へ、11月某日私たち海猫ふれんずは旅に出る。目的はひとつ、町の各地に設置されているという11ぴきのねこたちの石像を探すこと…… と、いうわけで行

              スキ
              14
              • 【青森県八戸市】人気No1は手作り餃子!みやミートショップ取材レポート

                木枯らしが落葉を攫っていき、あっという間に八戸市に冬がやってきました。昼間はバスや車通りが多く、夕暮れにはこどもたちの声が聞こえてくる、いつも賑やかで明るい旭ヶ丘団地内には地域に長く愛され続けているお店があります。 昭和46年創業の老舗精肉店みやミートショップさん。こだわりのもとに仕入れているお肉はもちろんのこと、そのお肉を使って作られている餃子やお惣菜も人気です。先日、私たちはみやミートショップさんにお伺いしその魅力を探るべく取材をさせていただきました。 取材動画、また

                スキ
                12
                • 【八戸市】大須賀海岸の夕暮れ

                  スキ
                  12
                  • 薄明に溶けていく海と空と夜と、私

                    秋は夕暮れ。夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 「枕草子」 かの清少納言が言ったように、澄んだ空に広がる秋の夕焼けは美しく刻々と色を変え私たちに幻想的な風景を見せてくれます。枕草子では山の景色について触れていますが、私の住む青森県八戸市で夕焼けを楽しむのであれば、ぜひ海へ行くことを個人的におすすめしたいところです。 マジックアワーという言葉をご存知でしょうか 日の出前や日没後の空がうっすら明るい薄明

                    スキ
                    9
                    • 我が家のエデンの園より

                      こんばんは。なつめです。昨日飲んだニカラグア、今日にはすっかり名前を思い出せずにいたので記事になっていて助かりました。語彙力のなさに頭を悩ませることはしばしばありますが、コーヒーの味を言葉で表現することは私にとってとりわけ難しいもので、眉間に皺を寄せてうーんと意味ありげに頷くジェスチャを多用しがちです。 コーヒーは大好きで作業時には欠かせない相棒となりますが、不甲斐ない女でごめんね。豆の違いがいまいちピンと来ないし、作業に夢中になるうちに冷めきっていることもしばしば。せっか

                      スキ
                      10
                      • 本日のコーヒーvol.1 「ニカラグア」

                        「本日の〇〇」という文言は大変魅力的だ。 特にその分野に明るくなくても、「本日の○○ってなんですか?」と聞きたくなるのが人間の性だと思う。 本日は「八戸市内のWi-Fiとコンセントのある過ごしやすいカフェ」を探していたのだが、「vida cafe 八戸ニュータウン店」に行き着いた。 こちらのカフェは TSUTAYA 八戸ニュータウン店内にあり、美味しいコーヒーにお食事が楽しめる他、なんとTSUTAYAさんの本を持ち込み、読むことができるのだという。(2020年10月17日現

                        スキ
                        8
                        • 贅沢な秋に私しがみついている

                          金木犀の花が散りはじめた。こちら青森県八戸市、本州最北県の太平洋側に位置する街である。秋の風物詩ともいえる金木犀だが、その栽培北限は一般的に東北南部までとされていて案外こちらでは馴染みが薄い人も多いのかもしれない。 しかし全く咲かないわけでもないらしく、私の祖母の家では十数年も前に植えた金木犀の木が大きく育ち、毎年濃厚な甘い香りで庭をいっぱいに満たした。幼い頃から私はそんな祖母の庭が大好きで、今でも毎年この時期になると秋の訪れを確認するかのように金木犀の花とその香りを楽しみ

                          スキ
                          13