2020年冬アニメ振り返り

今年は1月9日から実質春休みが始まる無敵っぷりで、冬アニメ全部見るぞ!なんて威勢の良いこと言ってましたが(流石に冗談)、そんな今クールもあっという間におしまい。2019年度っていう括りだと何だかんだ一番充実したクールだったかな?春は賢者の孫を見る迷走っぷりだったし、秋は戦×恋しか記憶がない。変好きと手品先輩があった夏は悪くなかったかも。案外覚えてないもの。

22/7

棒読み演技が云々などいろいろ言われてはいたたけど、キャストのキャリアは皆無に等しいし、細かいところは目を瞑ってしまえば充分に楽しめたかなと。中盤のメンバー1人1人を掘り下げる回なんかは個人的に良かった。お陰で戸田ジュンちゃんと立川絢香ちゃんの区別がついたので() OPは欅テイストで好きでした。

異世界かるてっと2

1期も見てないし、かるてっとに当たる4作品(幼女戦記、オーバーロード、このすば、リゼロ)もこのすばしか見てなかったけど、15分と手短だったので暇つぶし感覚で見てしまった。このすば以外の3作品も機会があれば見てみようかな(リゼロは1度14話で挫折した)。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

メイプルちゃん可愛かった。サリーちゃんも可愛かった。この作品は恐らく異世界アニメとして見てしまうと、ちょくちょくゲームシステムに無理があったりするので楽しめないのかなと。可愛い女の子キャラや、ぶっ飛んだ主人公をゆる〜く楽しむ作品。戦闘シーンの作画に結構力入ってておお〜ってなりましたね。今期で一番楽しめたかな。2期も決まって嬉しい。異世界アニメは盾モノに限る。

プランダラ

小澤亜李が出てて、伊藤美来がOPを歌ってたアニメ。話の方向性が見えてこなかったので6話で切った。2クールらしいので4月以降も続くっぽい。YU-NOといいこの作品といい、小澤亜李の出る2クール作品は微妙な傾向にあって悲しい。

BanG Dream! 3rd Season

スタート遅かったのでまだ終わってないけど、今のところ3期は完全にRASのためにあるなあという感じ。これからRASを中心にポピパとRoseliaがどうなっていくのか楽しみ。3期でも良い楽曲がたくさん聴けて、そのあたりもマンネリ化はなく飽きずに楽しめてます。

推しが武道館いってくれたら死ぬ

インパクトのあるタイトルにファイルーズあい主演とかいう第一印象にパワーのある作品。めちゃくちゃ面白かった、とは言えないけど、ちょくちょく心に来るシーンがあって楽しめた。くまさがキツイシーンはマジでしんどかったし許してない。あとFOD独占配信はクソ。

恋する小惑星(アステロイド)

防振りとツートップ。それぞれのキャラやペアに良さがあって、それだけでなくそれぞれが持つ悩みや思いもきちんと描かれていて素晴らしかった。やっぱ男キャラは必要ないんだな〜。どのキャラも素晴らしい上で(ここ重要)、いの先輩が一番でした。関係ないけど環水平アークが出てきた時は思わず声が出てしまったよね(なんとか脳)。

ダーウィンズゲーム

面白かった。各プレイヤーが異能(シギル)と呼ばれる能力を持つ中、主人公のシギルは特別ではあるけど決して最強ではない。その力をどう使いどう戦うという部分があり、そこが俗に言う俺TUEEEEとは違ったのかなと。2期を意識した終わりのようにも感じたし原作が売れれば続編はあるのかも?レインも素晴らしいキャラな上で(ここ重要)、シュカが一番でした。

ランウェイで笑って

盛り上がるタイプの作品ではなかったけど、あまりないテーマで、ボリュームもちょうど良く楽しめた。原作があの後どう展開されてるのか気になるな〜。主人公がCV花江夏樹でたまにギャグが入るのとか、既視感があった。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

ゲームもやってなかったし(これが話の理解に関係あるかは分からないけど)、正直話はよく分からなかった。終盤になっても妹のういが出てくる感じもなかったし。でも放送終わってすぐ2期の制作が発表されたので、初めから2期もやるつもりで作ってたのかな。とりあえず総評するのは2期を終えてからかな。TrySailのOPとClariSのEDはどちらも曲の雰囲気が作品に合ってて良かった。作画の綺麗さも流石でしたね。まどマギ見たくなってきたし今度また復習しようかな。とにかく、マギレコについては2期を待ちます。

虚構推理

とにかくテンポが悪かった。結論から言うと9話までで見るのやめた。1,2話を見た時は虚構推理(嘘をでっち上げて相手を納得させる)みたいなものを1話あるいは2話くらいの単位で重ねて行くのかなと思いきや、なんと3話から12話まで同じ鋼人七瀬がテーマで横転。8話であれ?鋼人七瀬長くね?となり、9話でこれ最後まで鋼人七瀬だわと気がつき見るのをやめた。周りのオタクも同じ感想を口にしていたし、完走したか挫折したかは別としてテンポが悪いというのはおそらくオタクの総意。鋼人七瀬編の後にはもっと面白い話があるのかもしれないし、原作にも触れてないから作品に対する理解は薄いけど、アニメ化には向いてなかったのかなあという感じ。

春アニメ、気になるものがないのでいっそ過去のクソアニメをたくさん見るか。

〜完〜

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
日常や日々の中で感じたこと
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。