ツナグみらい
暮らしの学校開校いたします
見出し画像

暮らしの学校開校いたします

ツナグみらい


週3回の暮らしの学校(フリースクール)を開校することとなりました。



自然の中での暮らす営みの中で

基礎学力を土台に得た知識を本物の知恵に変えていく。

種を植える、魚を取り、火を囲み、自分で使うものを作る。

これからの時代に必要なことは、自分で考え、自分で行動できること

わたしという『個』を最大限に発揮することで

『全』へと貢献していくこと 

 暮らしの学校(フリースクール)は自然の中の暮らしの中で

​学び、作り、遊び、心と身体と魂を磨きます。



大切にしていきたいこと

●自然と繋がり、自分と繋がる
​自然と繋がることは自分の根っこと繋がること
自然に生かされていることに感謝し、自分自身を活かすことで、自然の恵みを活かし、それを循環させていく。

●自然の循環の一部としての暮らしの中で学ぶ

種を植える、育てる、獲る、生活に必要なものを作る。

出来る限り食べるものを自分たちで作ることや

時には海にでて魚を捕る、食器やナイフ、必要なものを作ることを大切にします。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5


●ただ、遊ぶ、ただ学ぶではなく

知識を体感し、身体と心につなげ本物の知恵をする

1つ1つの体験もそのメカニズムや仕組みも学びながら

知識も身につけることを大切にします。

そその知識をしっかり体感する体験へとつなげ

頭と身体、心で理解することを目指します。

画像6


●自活する術を学ぶ

自分の働きがどのように社会に還元できるか

自分の好きややりたいことをお金に変えていく術を

学び、実際に小さな経済をまわしてみる体験をします。

画像7

画像8

画像9

画像10


●食べることから学ぶことを大切にする

出来る限り自分たちで育てたお野菜、そこにある野草や、獲ってきた魚やエビなど、オーガニックの食材を中心に使用し、役割分担をしながら、自分たちで作るということを大切にしていきます。

食はわたし達の中心であり、色々なことに繋がる学びの宝庫です。


●自由なだけでなく 基礎学力や役割分担は大切に

フリースクールは基本的にはこども達の意志を尊重し、自由ではありますが、あらゆる物つくりや学びをする際にも基礎学力は必要だと考えます。それぞれのペースで、静かに学習する時間も設けています。

また、暮らしをしていく上では様々な仕事があることを知り、その役割を担うこともこども達の幅や世界を広げてくれることでもあると考えます。

こども達の意志を尊重しながら、一定の秩序とのバランスの中で活動することを大切にします。



お問合せ 05036362270(田中)

HPはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ツナグみらい
自然を遊び、自然に学び、自然と生きていく フリースクール、ツナグみらい学校、冒険あそび場、自立型コミュニティー など自然と繋がり、自分自身と繋がることを大切に活動しています。