見出し画像

キャンプに行こう!(第一話)

小学生の時、2年ほどのボーイスカウトをやっていた経験があります。みなさん、ボーイスカウトはご存知ですか?駅で募金活動や海岸のごみ拾いなどしてるこんな格好の子たちを見たことありますか?

画像1

ぼくもこの制服を着て活動をしていました。
ボーイスカウトでは以下のように目的が定められています。

ボーイスカウトは、健やかな子どもを育成することを目的にし、 「社会で役立つ人格」「健康」「技能」「奉仕」の4本柱を掲げ、野外活動や奉仕活動を通して、たくましさやリーダーシップを育む。

そう、「野外活動」を通して成長するのです。
僕も青い制服を着て、野山で自分たちで火をおこしカレーや焼きそばなど作っていました。また、ロープの用途に応じた結び方やコンパスの使い方なども学びました。
しかしボーイスカウトをやめてから10年、野山での料理からは遠ざかっています。だから、今の便利すぎる世の中では味わえない、自然での不自由な生活にあこがれを持ち始めました。

こんな考えから、キャンプについて考えてみよう!と思い立ちこんなnoteを書き始めてみました。第一話では現在の多様化したキャンプについてまとめてみたいと思います。


0、まず注意すべきこと

キャンプをするとなるとテントでの宿泊はもちろんのことながら、料理をするために火をおこしたり、食料を得るために動物や植物、魚を捕まえるなどを考えると思います。しかしながら宿泊場所や火器取り扱い、動植物の捕獲は自由に好き勝手出来ません。与えられた場所以外での行動はくれぐれも注意して、必要ならば許可を取るようにしましょう。

1、キャンプ場へ行く

キャンプをするならキャンプ場へ。誰もがそう思うでしょう。最近のキャンプ場は手ぶらで行っても必要な道具をすべて貸してくれますので、道具をそろえる必要なく気軽にキャンプを楽しむことが出来ます。しかしひとくくりに「キャンプ場」といっても現在では様々なニーズに応じたキャンプが存在します。

・デイキャンプ

読んで字のごとく、日中のみのキャンプです。日帰りなので、ほとんどバーベキューなどと変わらないと思います。

画像2

・オートキャンプ

これが多くの方が想像する「キャンプ」だと思います。テントを張って、その中で寝袋に入って寝る。ただその中でも少し分けられています。
ちなみに、キャンプ場ではテントやタープを張るのに利用出来る区切られた場所のことをテントサイトといいます。

オートサイト:与えられたサイトの中にまで車で入って、車のすぐ横にテントを張る。様々な設備が整っていることも多く、快適なアウトドア空間での近代的なキャンプ。

画像3

フリーサイト:エリア内に自由にテントを張る。大型のテントや広いリビングなどが確保できる。

画像4

区画サイト:与えられた区画内にテントを張る。車をサイト内に持ち込めないため利便性が低いが料金は安い。

画像5

・グランピング

いわゆる「インスタ映えキャンプ」のこと。グラマラス×キャンピングの造語であり、キャンプでありながらホテル顔負けの素晴らしいサービスを受けられる近頃話題のキャンプです。
様々な種類があり、高級料理店のシェフに料理をふるまってもらえたりするものもある。

サファリテント

画像6

ティピーテント

画像7

2、野営キャンプ

野営とはキャンプ場以外の野外での宿泊を指します。管理されたキャンプ場ではない、リアルな自然の中で寝泊まりする、いわゆるゲリラキャンプというやつ。最近では芸人のヒロシさんがYouTubeチャンネル「ヒロシチャンネル」にて自然の野山でのキャンプをあげています。これは正真正銘の野営キャンプですね。

では、僕らが野営キャンプをするときはどこでするか、、、思いつくのは河川敷や森林、無人島などだと思いますが、日本の土地は基本的に、私有地か共有地のどちらかでしかないです。そして当たり前の話ですが、私有地で無断にキャンプしたら、土地の無断使用、不法侵入に当たることになります。

また、テントを張る許可だけでなく、火気使用、河で釣りをするなども許可も合わせて必要となります。なので入念な下調べをし、しっかりと許可を得ることが出来ないと野営キャンプは不可能となります。


3、まとめ

キャンプの種類について書いてきましたがいかがだったでしょうか?ひとことに「キャンプに行こう!」といってもどんなキャンプをするかによって目指すキャンプが変わってくると思います。是非この記事が皆さんの目指すキャンプの参考になればいいな、と思います。

このnoteがいいなと思ってくれたりこここうしたほうがいいよとアドバイスある方はいいねやコメントお願いします!

次回、「僕のあこがれるキャンプ~ブッシュクラフトって?~」を書きたいと思います。

ではまた!


<参考文献>
キャンプの種類とグランピングの多様性(http://xn--qcka1iod4bb.jp/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E/)
初心者必見!キャンプ場での宿泊の種類とおすすめキャンプ場(https://hinata.me/article/669092213781269659)
ボーイスカウト(https://www.scout.or.jp/)
キャンプ場以外でキャンプをする為に Part1(https://backcountry-boys.net/column-1212-7298.html)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
大学三年生/神奈川→福岡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。