【目指せ!収益化】YouTubeで稼げる動画を作る10のポイント
見出し画像

【目指せ!収益化】YouTubeで稼げる動画を作る10のポイント

トール


YouTubeからの収益が「月30万円」を超えたとき、10のポイントに絞って活動していました。


どうもー!トールです(@tooru_medemi


YouTubeを始めるなら、やっぱり稼ぎたい!」これが本音ですよね♪


費用も時間も使って動画を作ってるんですから、もちろん【収益化】していかないと、正直なところYouTubeってなかなか続かないです・・・

しかも、YouTubeを始める人ってどんどん増えてるので、やみくもに動画を量産しても「稼げなくなった」というのが実感です。(わたしの周りでも、2019年以降はユーチューバーのデビューラッシュでした♪)


わたしはこれまでに、延べ「1,000本以上」の動画を投稿してきましたし、最近では「240日間連続投稿」なんてこともしてました。

で、結局のところ「収益化していける動画(稼げる動画)」を作るには、いくつかポイントがあることに気がついてしまいました!

そして、いくつかあるポイントをテストしながら自分用にまとめたのが、この有料記事を作るきっかけだったんです。


YouTubeの初心者の人や、なかなか成果が出ない人って、情報が「多すぎる」か「少なすぎる」のどちらかなんですよね。

だから、収益化していける動画(稼げる動画)が作れるポイントを、究極の実践書として「必要最小限」にまとめました!


画像4


今回お話させていただく「10のポイント」さえ押さえておけば、たとえ初心者でも収益化できる動画を作れるんですよ。

ちなみにですが、高額な撮影機材や編集ソフトは必要ありません。わたしも、動画の撮影はスマホですから♪


まずは「月5万円」を目指して頑張りましょう!


YouTubeは「収益化の仕組み」が整っていて、しかも収益化の手段はいくつもあります。ですから、いずれは「月100万円」も夢ではないので、めちゃめちゃ可能性を感じますよね♪

ということで、はじめの一歩は「収益化ができる動画を作る」ことです。ぜひ今回紹介するポイントを理解して、稼げる動画を作っていきましょう!


【本書のテーマ!】
・YouTubeで「収益化できる動画を作る」ポイントをお伝えします
・「視聴者のための動画作り」の本質についても、お届けします

10のポイントを理解してしまえば、何度でも、どんなジャンルでも「稼げる動画」を作れるようになります。


通常価格:5,000円
↓↓↓
【3,000円】
note限定価格
・ただいま「note限定価格」で購読できます。
・YouTubeで稼ぐための動画の作り方について、どんなジャンルにも応用できる「本質的なテクニック」をお伝えしています。

何度でも再現できる情報をお伝えしますので、本書を購入してもらえれば「いつでも」「どこでも」稼げる動画を作ることができるようになります。

※ 新着情報があれば、追記もしていきます。


【推定している読者】
・YouTubeの初心者で、どんな動画を作ればいいか分からない
・YouTubeを始めたけど、再生回数が伸びなくて悩んでいる
・収益化できる動画について興味がある
・とにかくYouTubeで稼ぎたい

今回お伝えするポイントを理解して、動画の制作に取り入れてもらえれば、収益化していける動画を作ることができるようになります。そして、稼げる動画を量産していけば、さらに稼げるチャンネルへと育っていきます。


【注意点!】
・動画制作の具体的なノウハウやテクニックをお伝えするものではありません
・稼げる動画に共通するポイントを、わかりやすくお届けするものです
・本質的なことをお伝えするので、どのジャンルでも再現性があります

本書は、撮影方法や編集テクニックなどを、具体的にお伝えするものではありません。また、稼ぐための裏技をお伝えするものでもありませんので、ご承知おきください。

もしも、手っ取り早く稼ぎたいと思っておられるならば、本書はスルーしてください!


稼げない人の99%が「リサーチ不足」


YouTubeに限らず、どんなビジネスでも成功するためには「リサーチ」ってとても重要で、リサーチを制するものはビジネスを制するといっても過言ではありません。

YouTubeで稼げる動画を作る前に、各種設定やリサーチをしておきましょう。

①チャンネルの目的を決める
②コンセプトを決める
③ターゲッティングをする
④チャンネル名を決める
⑤リサーチをする
⑥チャンネルの各種設定をする
⑦動画を撮影して編集する
⑧動画を投稿する
⑨データを分析する

このように、やるべきことをしっかりやれば、YouTubeでは動画本数が増えるにつれて、どんどん稼げるようになっていきます。


チャンネルの「コンセプト」と「ターゲット」を決める


商品やサービスを売るのと同じで、YouTubeでも「コンセプト」と「ターゲット」を決めておくことは重要で、これから成功するためのポイントでもあります。

もしも、コンセプトとターゲットの2つが決まらないままで、YouTubeでの活動をスタートさせると「一貫性のないチャンネル」になってしまい、結果的に「誰も見てくれない」という悲惨な結末に・・・なるかもです。

【コンセプト】
・どういう想いでYouTubeを始めるのか?
・視聴者にどんなことを伝えたいか?
・自分が提供できる価値はなにか?
・将来的にはどうなりたいか?

上記のような問いかけを自分にしながら、まずは色々な答えを書きだしてください。それらをもとに頭の中を整理していくと、チャンネルの「コンセプト(チャンネルが目指す考え方)」を決めやすくなります。

ちなみに、YouTubeを継続できない人の特徴が、このコンセプトが決まらないまま「見切り発車」をしてしまうことです。もちろん、スピード感をもつことは大切なんですが、進む方向が決まってなければ暴走してるのと同じです。

そして、コンセプトを決めるのと一緒に、あなたのチャンネルが「ターゲットにする視聴者」も決めておきましょう。

【視聴者のターゲッティング】
・年齢と性別は?
・動画をスマホで見る?パソコンで見る?
・YouTubeを開く時間は?
・視聴者はなにが知りたい?
・どんなことに興味をもっている?
・どの地域に、どの国に住んでいる?

こんな感じで、できるだけ「具体的」にターゲットを設定していくと良くて、ターゲッティングがしっかりできていると、再生される動画を連発できるようになります。

なお、コンセプトとターゲットの決め方で悩んだときは、下記の参考記事を読んでみてください。

※ 参考記事(こちらも併せて)
YouTubeで成功したい!コンセプトとターゲットの決め方【成功者の共通点とは?】


それでは、ここから本書の本題がスタートです!

(10ポイント)
ポイント①:「タイトル」と「サムネイル」でクリックさせるコツ
ポイント②:視聴者を逃さないオープニング作成のコツ
ポイント③:キーワードを使った動画の作り方
ポイント④:視聴者に気に入ってもらえる動画の作り方
ポイント⑤:YouTubeで最適な動画の長さ(結論)
ポイント⑥:再生回数が伸びていく動画を作るコツ
ポイント⑦:再生リストでチャンネル全体の再生回数を増やす方法
ポイント⑧:テロップを必要最小限にするコツ
ポイント⑨:BGM・音声がとても大切である理由
ポイント⑩:ノー編集でシンプルな動画を作るコツ


※ 以下のボタンから購読していただけます。

この続きをみるには

この続き: 8,271文字 / 画像9枚

【目指せ!収益化】YouTubeで稼げる動画を作る10のポイント

トール

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
トール

お役に立ちましたら、Twitter/Facebook/LINEなどでシェアしてもらえると、新たな創作意欲が沸くので嬉しいです♪

トール
「ブロガー&ユーチューバー」二刀流で発信中です!ブログでは書けない濃い内容を、格安でお届けしていきます♪公式ブログです➡https://business-personal-trainer.com/