見出し画像

釣行記-23【アカハタ新聞SIX】

もくじというか釣行記
https://note.mu/tonuma/n/n9c3618aa34ec

どうもこんにちわ。釣行記の第23回目、真鶴the6。

いつもの4人で出船。なんと4時出船。4人だから?いや違う、夜明けが早いから。狙いはアカハタ、青物、その他、といつも通り。

道すがらシイラが跳ねてるので釣ります。ぼくはジグでつれませんでした。プラグがよかったみたい。

で、最初のポイントに入ります。釣れた、と思ったら。。

カッサーゴ。結構大きいのでキープ。カルコンDC201、初手合わせがカサゴとは今年最初に釣れた魚がカサゴなせいか?
--
ロッド:ポイズングロリアスMH66ハイパーウルフ
リール:シマノカルカッタコンクエスト201DC
ルアー:バグアンツ4インチシルキーオレンジイエロー
シンカー:ナス型8号
ライン:ラピノヴァ1.2+フロロ12lb
--

ぼちぼち釣れます。

この後、浅場でトップやろう、ということになりちょっとやって迷い始めたので少々大きく移動。前回発見したところへ。と、ここで爆発。

連発アリで、気がつくと誰かしら竿を曲げています。「移動しましょうか?」という提案が誰かから出ても、その直後に誰か釣っちゃうので、色々と「イイ」ために別れられない男女のような、そんな感じで釣り続けます。

もしかしたらディープクランクで釣れるんでは?と思って装備したタックルがようやく入魂されました。
--
ロッド:フィッシュマンBC4 6.10XH
リール:シマノ カルカッタコンクエスト301
リグ:エコギアスイミングテンヤ25g+バルト4インチイワシ
ライン:ラピノヴァ1.2
--
リグですが、テキサスとジグヘッドのローテーションでした。ルアーはバルトがヒット。今回は色よりも形状や波動が問題だったみたい。

たっぷり釣れたのでさすがに飽きてきまして、やや早上がりで納竿。順調だと反省もドラマも少なく、あんまりためになりませんね。潮周り、場所、リグ、全てマッチすると楽勝な構図。。。

港に入り係留待ちをしていたら、チューバーがここでもキャストしカサゴをゲット。ぼくも片付けてなかったサビキでまさかのカマス追加。

カツ丼食べて帰宅です。すげー眠かった。。。

味の大西本店。ここはラーメンがベストですね。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。他も見てくださいね。
私は元気です。今年は好きな物事で仕事します。 自由、スピードの出る乗り物、精密機械、何か専用の道具、釣り、考えをまとめること、答えを探し見つけること、おふろに入ること、お酒を飲むこと、綺麗な何かを見ること、そうした物事が好きです。 (2019.8.8現在)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。