ボストンコンサルティンググループのケース面接_回答編

ボストンコンサルティンググループ/BCGのケース面接(ペーパー問題)の回答になります

ペーパー問題・・・面接官が2~4枚くらいのA4資料を渡し、そこに記載されたチャートを基に、ケース面接を回答するもの
ケースの設問も3問ほど資料に記載されている。また、資料に印刷された設問以外に、面接官がアドリブで質問を出してくることもある

BCGのケース面接の問題には、予め決められた問題が印刷されたペーパー型と、面接官が独自に(思いつきで)出題する口頭型に分かれます

ペーパー型と口頭型が出題される確率は半々です

ペーパー型は決まった問題しか出題されないので事前にある程度対策することが可能です

今回は、ペーパー型問題の回答を現役の戦略コンサルタントが解説します

序文用_1

①現役の戦略コンサルタントが解説

ケース面接はコンサルタントとしての適切を確認するためのテストです
その設計/評価思想を理解するためには、コンサルティング業務に精通している必要があります
また、新卒や第二新卒は除いて、ケース面接ではビジネスセンスや感度を厳しく確認されています

従って、ケース面接の解説は、日々のコンサルティング業務やビジネスやそのトレンドを理解している現役の戦略コンサルタントが行うべきです

②思考過程を詳細に記述

ケース面接は候補者の”思考のプロセス”を確認するテストです
従って、ケース面接の解説は、実施のコンサルタントの思考のプロセスが追体験できるものでないと意味がありません

そこで、今回は、
現役のコンサルタントの思考を追体験できるよう、思考過程を精密に記載するように留意しました

結果、この解説の総ボリュームは、16,000文字を超えています
平易な文章で丁寧な解説をしているので、ケース面接初心者にとっても十分理解可能な内容です

③図解での解説を多様


ケース面接、ひいてはコンサルティングワークで求められるスキルのなかで、特に重要なものが”構造化スキル”です
構造化スキルは複雑な事象を抽象化して、構造的に整理する能力で、クライアントの課題を理解し、できるだけ確からしい答え(仮説)を作る際に必須の能力です


文章だけの解説を読んでいても、初心者の方にとっては「どのように考えることが構造的に考えることなのか?」を理解することは難しいと思います
構造化スキルというのは、実際に図示されたものを見て”視覚的”に理解することが重要です


この解説では、随所に図解を挿入しており、初心者の方でも構造的に思考することの意味や、ケースの全体像を理解できるように配慮しています
この解説を読むことで、ピラミッドストラクチャーやイシューツリーを土の様に構成していくべきかを理解することができます

画像5

ケース面接を習得するためには、適切な問題/回答での繰り返しの訓練が最も有効です
しかしながら、現職で活躍されている忙しい皆さんがケース面接対策に割くことができる時間は限られていると思います

本解説は16,000文字の分量でケース面接の回答過程を追体験できますこの解説を読むだけでも、相当ケース面接を解く素養を身に着けることができます

このnoteの良いところは、例えば、通勤中にスマホでケース面接の学習やイメージングができることです

できれば、回答を見ずに何度も自分で繰り返し解いて欲しいですが、時間の無い人は最低限、数回は流し読みをしてください

ビジネスの勘所を抑えた上でのケース面接の回答力が各段に向上します

限定特典

序文用_2

本解説をご覧いただいた方からのご質問にお答えします

本解説の内容はもちろん、それ以外の転職活動のご相談でも構いません
回数等の制限は設けないので、気になる点があればお気軽にご連絡ください

連絡先は、本解説の末尾に記載しています
この解説を公開後、多くの方からご質問を頂き、大変満足頂いています
頂く質問が増えた場合は特典を終了するので、ご興味のある方はお早目にご質問ください

この解説の評判

ニッチなジャンルにも関わらず、リリース依頼多くの方に愛用頂いています。

このnoteシリーズをご購入頂いたお客様から頂いたコメントの一部です。

図7

図6

図5

図4

図3

図2

図1

画像7

※本記事は告知無く値上げしていきます
※本記事の内容に関して不明点や疑問点がありましたら、記事最後部に記載してあるメールアドレスにお気軽にご連絡ください
※本記事購入で著者である私に購入者様の氏名等が漏れることはありません。ご安心ください(noteの仕組み上、購入者のニックネームは執筆者に表示されますが、氏名は執筆者に表示されません)

※なお、ペーパー型の問題は、棒グラフや線グラフなどが提示され、そこから示唆を読み解く形でディスカッションが始まります
しかしながら、このグラフの読み取りは非常に簡単で、誰でも見ればすぐ分かる内容ですので、ここでは「前提」という形で示唆を予め記載しています
もちろん、受験者間で評価が分かれるポイントは、ファクトがなぜそうなっているのか?を考察するWhy So?の部分と、そのファクトからどのような提言を考えるかのSo What?の部分です

画像8

ドラッグストア

この続きをみるには

この続き: 16,296文字 / 画像5枚

ボストンコンサルティンググループのケース面接_回答編

コンサルタント

2,480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
外資系コンサルティングファームで全社・事業戦略策定に従事 未経験者のコンサルティングファームへの転職を支援するサイトを運営 https://consultant-career-hack.com/