マッキンゼー(Mckinsey)のケース面接対策用過去問題_回答・解説編
見出し画像

マッキンゼー(Mckinsey)のケース面接対策用過去問題_回答・解説編

このnoteは、
ケース面接が不安で仕方のない方、通過する気がしない方、
対策の仕方が分からない方

へ向けて書かれた
最短・最速でケース面接対策を行い、
確実安心にケース面接を通過する対策方法
です

現役の戦略コンサルタントが解説した、マッキンゼーのケース面接過去問の回答/解説になります

※こちらの記事は適宜、最新の面接情報を基にアップデートしています

マッキンゼーのケース面接は非常に独特の試験です。
他のファームでは、面接官が口頭で、自身が考えたケース問題を出題することが一般的ですが、マッキンゼーの場合はグローバルで共通して使用される小問3問程度からなるケース問題が出題されます

出題される問題は比較的共通した切り口で考えれば解ける問題ですが、他のファームと問題が全く異なるので、マッキンゼー個別に対策をすることが必要です

このnoteを活用することで、
ケース面接対策で迷うことがなくなります。過去問を活用して、マッキンゼーの出題内容・難易度に沿った適切なケース面接対策が可能になります

・現役の戦略コンサルタントの解説により、求められる回答のクオリティがイメージできます。これにより、本番でも安心してケース面接に取り組むことができます

・ケース面接に生まれ持った頭の良さは関係ありません。現役コンサルタントの思考回路をトレースすることにより、誰でも合格ラインのケース面接の対応力が身につきます

この回答・解説の特徴

序文用_1


①現役の戦略コンサルタントが解説

ケース面接はコンサルタントとしての適切を確認するためのテストです
その設計/評価思想を理解するためには、コンサルティング業務に精通している必要があります
また、新卒や第二新卒は除いて、ケース面接ではビジネスセンスや感度を厳しく確認されています

従って、ケース面接の解説は、日々のコンサルティング業務やビジネスやそのトレンドを理解している現役の戦略コンサルタントが行うべきです

②思考過程を詳細に記述

ケース面接は候補者の”思考のプロセス”を確認するテストです
従って、ケース面接の解説は、実施のコンサルタントの思考のプロセスが追体験できるものでないと意味がありません

そこで、今回は、
現役のコンサルタントの思考を追体験できるよう、思考過程を精密に記載するように留意しました

結果、この解説の総ボリュームは、15,000文字を超えています
平易な文章で丁寧な解説をしているので、ケース面接初心者にとっても十分理解可能な内容です

③図解での解説を多様

ケース面接、ひいてはコンサルティングワークで求められるスキルのなかで、特に重要なものが”構造化スキル”です
構造化スキルは複雑な事象を抽象化して、構造的に整理する能力で、クライアントの課題を理解し、できるだけ確からしい答え(仮説)を作る際に必須の能力です


文章だけの解説を読んでいても、初心者の方にとっては「どのように考えることが構造的に考えることなのか?」を理解することは難しいと思います
構造化スキルというのは、実際に図示されたものを見て”視覚的”に理解することが重要です


この解説では、随所に図解を挿入しており、初心者の方でも構造的に思考することの意味や、ケースの全体像を理解できるように配慮しています
この解説を読むことで、ピラミッドストラクチャーやイシューツリーを土の様に構成していくべきかを理解することができます

画像16

ケース面接を習得するためには、適切な問題/回答での繰り返しの訓練が最も有効です
しかしながら、現職で活躍されている忙しい皆さんがケース面接対策に割くことができる時間は限られていると思います

本解説は15,000文字の分量でケース面接の回答過程を追体験できますこの解説を読むだけでも、相当ケース面接を解く素養を身に着けることができます

このnoteの良いところは、例えば、通勤中にスマホでケース面接の学習やイメージングができることです

できれば、回答を見ずに何度も自分で繰り返し解いて欲しいですが、時間の無い人は最低限、数回は流し読みをしてください

ビジネスの勘所を抑えた上でのケース面接の回答力が各段に向上します

画像18

限定特典

序文用_2

本解説をご覧いただいた方からのご質問にお答えします

本解説の内容はもちろん、それ以外の転職活動のご相談でも構いません
回数等の制限は設けないので、気になる点があればお気軽にご連絡ください

連絡先は、本解説の末尾に記載しています
この解説を公開後、多くの方からご質問を頂き、大変満足頂いています
頂く質問が増えた場合は特典を終了するので、ご興味のある方はお早目にご質問ください

この解説の評判

ニッチなジャンルにも関わらず、リリース依頼多くの方に愛用頂いています。

お客様から頂いたコメントの一部です。

画像29

図7

図6

図5

図4

図3

図2

図1

※本記事は適宜、最新の面接情報を基にアップデートしています
本記事購入で著者である私に購入者様の氏名等が漏れることはありません。ご安心ください(noteの仕組み上、購入者のニックネームは執筆者に表示されますが、氏名は執筆者に表示されません)

本編に行く前に、まずは、マッキンゼーのケース面接のポイントを解説します。一般的なケース面接以上に、特にマッキンゼーのケース面接において重要な点を挙げています。(この要素が最も重要、という意味ではありません。ご注意ください)

ケース面接対策をする際の参考にしてください。

McKinseyのケース面接のポイント⓵

Mckinseyのケース面接の大半は、基本的な分析の為のフレームワークを活用すれば回答できます。基本的なフレームワークというのは、収益構造の分解の仕方であったり、所謂3Cとその各要素の詳細を分析する様な事業環境の分析のフレームワークのことを指します

(下記の解答集1つ目の公共政策系の問題はビジネス分析の基本的なフレームワークが使えせん。こちらに関しては、1つ目の解答例を見て、解き方を学んでください)

これらをしっかりと理解し、場面場面に応じて、適切なフレームワークを活用していくことで、短いケース面接の時間の中で効果的にアピールしていくことができます。

【対策方法】基本的なフレームとその活用の仕方については、本noteの回答編を参考にしてください。図解を多用した説明で、活用のイメージが掴みやすいと思います。

McKinseyのケース面接のポイント②

マッキンゼーのケース面接では、計算問題がケース中に必ず出題されます。この計算問題は、回答の作成や計算含めて非常にシンプルなので、他のケース問題が解ける実力の方であれば問題なく回答することができます。

ここで見られているのは、単純な計算力です。ミスなく素早く計算を終えることができるかどうか、だけです。

また、無理して、全てを計算しようとせず、ラウンドアップ(四捨五入)を効果的に使って、概算していきましょう。ケース面接で必要な計算は概算で規模感をつかむためのものがほとんどであり、すべての桁を正確に計算する必要はありません。

【対策方法】こちらのnoteの練習問題を何度も解いてください
あとは、新卒・中途でよく使われるwebテストの参考問題などで計算の練習をすると良いと思います。

マッキンゼーのケース面接のポイント③

この続きをみるには

この続き: 15,663文字 / 画像18枚

マッキンゼー(Mckinsey)のケース面接対策用過去問題_回答・解説編

戦略コンサルタント

5,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
外資系コンサルティングファームで全社・事業戦略策定に従事 未経験者のコンサルティングファームへの転職を支援するサイトを運営 https://consultant-career-hack.com/