見出し画像

マルサの女を観た感想をnoteに書きました-浦野璃音の映画レビュー

こんにちはみなさん!今日はちょっと懐かしの話題になっちゃうけど、1987年に公開されたあの名作、『マルサの女』について語りたいと思います!タイトルだけじゃ何のことか分からないって人も多いだろうけど、ちょっと待ってね、これから説明するからね!

さて、この映画はね、東京国税局の税務調査官(マルサ)を主人公にした犯罪映画なんだ。主演に宮崎萬純さんと仲代達矢さんが出ていて、二人の熱演が見どころなんだよ。

物語は、税務調査官の松田(宮崎萬純さん)が、大手企業「美杉商事」の脱税疑惑を追うところから始まるんだ。松田は同僚たちと一緒に、美杉商事の会長・美杉(仲代達矢さん)や彼の秘書・野口(原田美枝子さん)に近づいて、脱税の証拠を探そうとするんだけど、美杉が賄賂や人脈を使って税務調査をかわそうとしていて、松田たちには大変な戦いが待ち受けているのさ。

しかもね、松田は野口と次第に心を通わせるんだよ。そして、彼女の過去や美杉商事の内情を知ることになるんだ。そんな中、松田は野口の協力を得て美杉商事の不正を暴こうと奮闘するんだけど、美杉は汚職を隠蔽しようと、さらなる策略を弄し始めるんだよね。

犯罪映画といえども、この映画はちょっとした知恵と勇気の戦いを描いていて、登場人物たちの駆け引きが面白いんだ。そして、観客に正義と悪の間で揺れ動く人間の心理を考えさせるとともに、巨悪と戦う税務調査官たちの勇姿を描いているんだよ。

まあ、これだけ語っても実際に見ないと分からないよね。機会があったらぜひ『マルサの女』をチェックしてみてね

マルサの女の感想

さてさて、『マルサの女』を観た感想をちょっとだけシェアさせてもらうね。この映画、犯罪映画っていうだけあってスリリングな展開があるんだけど、それと同時に人間の心の葛藤や複雑な人間関係が描かれていて、ただのアクション映画じゃないんだよね。

宮崎萬純さん演じる松田と仲代達矢さん演じる美杉の駆け引きは見ていてドキドキするし、原田美枝子さん演じる野口と松田の微妙な距離感もなんだかワクワクする感じがするんだ。

税務調査の世界って、普段あんまり目にしないでしょ?だからこそ、この映画で描かれる税務調査官たちの緻密な捜査や企業がどうやって税務調査をかわそうとするかっていうのがめちゃくちゃ興味深いんだよね。

登場人物たちの心理描写もすごく巧みで、正義と悪の間で揺れ動く彼らの葛藤がリアルに感じられるし、人間関係の複雑さも上手く描かれていて、観ていて目が離せないんだ。

要するに、『マルサの女』っていう映画は、犯罪映画だけど人間ドラマも楽しめる作品なんだよね。単なるアクション映画やサスペンス映画じゃ物足りないって人にもオススメだよ!ぜひみんなも機会があったら観てみてね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!