新しい研究によると、CO2排出インフラの構築を今すぐ停止する必要がある

また、すでに持っているものを廃止し、よりクリーンな発電所、炉、車両に置き換え始める必要があります。

新しい研究は、既存のエネルギーインフラからのコミットされた排出量が1.5 °Cの気候目標を危険にさらすというタイトルでリリースされたばかりで、結論は次のとおりです。

…当社の排出量の見積もりは、追加のCO2排出インフラをほとんどまたはまったく委託する必要がなく、歴史的なインフラ(または炭素捕獲および貯蔵技術による改造)よりも早いインフラの廃止が必要である可能性があることを示唆しています。パリ協定の気候目標を達成するために。

要約すると、現状を維持するだけで、現在稼働しているもの、化石燃料の抽出は、1.5°Cに温暖化を制限する可能性を終わらせるのに十分な高いCO2レベルを置くのに十分です。そして、計画されたインフラ投資(カナダの大きな新しいパイプラインなど)は直ちに棚上げする必要があります。

Phys.orgによると、「パリ協定などの国際協定で求める世界的な気温の安定化を達成するためには、ミッドセンチュリーまでに二酸化炭素排出量ゼロに達する必要がある」と、地球システム科学のUCI博士研究員ダン・トンは述べた。

しかし、耐用年数が終わる前に長続きする発電所、ボイラー、炉、車両を取り除き、非放出エネルギー技術に置き換えない限り、それは起こりません。

科学作家マーク・ライナス。

次の操作を行う必要があります。

– 新しい石炭やガスの発電所は、どこでも、今までにない。

– 完全な電気輸送への即時移行(これ以上のディーゼル、ガソリン)

– すべての石油/石炭/ガス探査を停止(バイバイシェル/BP/エクソン)

– 大規模な再生可能エネルギー+原子力展開

– 脱炭素産業

— マーク・ライナス(@mark_lynas) 2019年7月2日

その代わりに、どこに行くの?

しかし、実際にどこに向かっているのでしょうか?

– 過去最高の炭素排出量、2018年は37Gt、年間成長率は2%:https://t.co/VdB0K4djSP

-現在の政策は、まだ潜在的に4度以上=気候

catastrophehttps://t.co/3AI5DrVuELpic.twitter.com/UkIh7wisQy

— マーク・ライナス(@mark_lynas) 2019年7月2日

別の研究著者は、Phys.orgで警告します。

「我々の結果は、基本的に国際的な気候目標の下で新しいCO2排出インフラの余地がないことを示しています」と、地球システム科学のUCI准教授であるスティーブン・デイビスは述べています。”むしろ、既存の化石燃料を燃やす発電所や産業機器は、炭素捕獲・貯蔵技術で実現可能な改造が可能でない限り、あるいはその排出量が負の排出によって相殺されない限り、早期に廃止する必要があります。このような根本的な変化がなければ、パリ協定の願望はすでに危険にさらされているのではないかと懸念しています。

ニューヨークでは、活動家のダグ・ゴードンが「駐車スペースについて議論しよう」と言うかもしれません。アメリカで?そこは独立記念日なので、みんなを惜しまないようにします。またはパッシブハウスプラス作家ケイトが結論として:

そう見えるよ

— ケイト・デ・セリンクール(@Kate_de) 2019年7月3日

┃代  表:榊原康寛
┃所在地:東京都千代田区大手町1-7-2
┃会社名:株式会社ブルーエコノミー
┃設  立:2005年3月
┃資本金:3,000万円
┃業  種:環境ソリューション

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
株式会社ブルーエコノミー 「自然環境」を守るための将来的なビジネスを構築し、全国各地で導入させている(株)レストレイション環境リバース。同社の取組みについて迫る。「エコロジー」というキーワードを、産業界がいかにプロデュースし実践していくか、ということが大きな命題となって久しい。