グラフィックトライアル-Baton-、4/24から印刷博物館にて開催。トークイベントも。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

グラフィックトライアル-Baton-、4/24から印刷博物館にて開催。トークイベントも。

The Chain Museum

グラフィックトライアルとは

トップクリエイターと凸版印刷が協力して新しい印刷表現を探る企画展です。色数、用紙、インキ等に制限をつけず、究極の色再現やリアルな質感再現を印刷技術の力で最大限に引き出すことで、印刷が持つ豊かな表現の可能性を追求します。展覧会ではポスター作品と実験プロセスを展示、印刷の魅力をわかりやすくお伝えします。

事前入館予約
https://www.printing-museum.org/reservation/
印刷博物館P&Pギャラリーでは入館の事前予約を実施しております。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承ください。

開催概要

グラフィックトライアル2020 –Baton –
グラフィックの可能性を印刷で探るポスター展

会期
2021年4月24日(土)~8月1日(日)
休館日:毎週月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日(水)

会場
印刷博物館P&Pギャラリー

住所
東京都文京区水道1-3-3トッパン小石川ビル

開館時間
10:00~18:00

入場料
無料(印刷博物館展示室へご入場の際は入場料が必要となります)
※入場は事前予約制となっております。

主催
凸版印刷株式会社 印刷博物館

企画
凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター

後援
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

問い合わせ先
gainfo@toppan.co.jp
03-5840-4058

URL
https://www.toppan.co.jp/biz/gainfo/graphictrial/2020/

※本展および関連イベントにつきましては、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のために中止もしくは延期など変更になる可能性があります。なお、開館する場合でも事前予約制等入場制限の措置を講じさせていただきます。
詳細は上記ウェブサイト等でお知らせします。

トークイベント

グラフィックトライアル 2020 -Baton- トークイベント
2021年5月17日(月)
オンライン配信の予約はこちら▼

参加クリエイター

画像1

佐藤卓
株式会社TSDO/グラフィックデザイナー
1979年東京藝術大学デザイン科卒業、81年同大学院修了。株式会社電通を経て、84年独立。株式会社 TSDO代表。商品パッケージやポスターなどのグラフィックデザインの他、商品や施設のブランディング、企業のCI等を中心に活動。代表作に「ロッテキシリトールガム」「明治おいしい牛乳」パッケージデザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」グラフィックデザイン、「金沢21世紀美術館」「国立科学博物館」 シンボルマークデザインなど。また、NHK E テレ「にほんごであそぼ」アートディレクター、「デザインあ」総合指導、21_21 DESIGN SIGHT館長を務め、展覧会も企画。著書に、『塑する思考』(新潮社)など。

画像2

野老朝雄
TOKOLOCOM/美術家
幼少時より建築を学び、江頭慎に師事。2001年9月11日より「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め、美術、建築、デザインの境界領域で活動を続ける。単純な 幾何学原理に基づいて定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や、同様の原理 を応用した立体物の設計/制作も行なっている。主な作品に、大名古屋ビルヂング下層部ファサードガラスパターン、東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレム、大手町パークビルディングのための屋外彫刻作品などがある。

画像3

アーロン・ニエ
AARON NIEH WORKSHOP/アートディレクター
1977年台湾生まれ。台北を拠点に活動。台湾で初めてAGIメンバーとなった(2012)グラフィックデザイナー。彼の表現は細部にわたり微妙なところまで作りこまれている一方、視覚的には非常に刺激的かつ野心的で、斬新な想像力に満ちており、台湾のポップミュージック界、そして出版や舞台芸術の領域に新風景を吹き込んでいる。年間ベストブックデザインを複数回受賞、ゴールデンメロディアワード台湾のベストアルバムデザイン、レッドドットデザイン賞、ドイツiFデザイン賞受賞。

画像4


上西祐理
株式会社 電通/アートディレクター、デザイナー
1987年生まれ。東京都出身。2010年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業、同年電通入社。ポスター、ロゴ、パッケージなど単体の仕事から、総合的なブランディングやキャンペーンなど仕事は多岐にわたる。主な受賞歴として、東京ADC 賞、JAGDA新人賞、JAGDA賞、富山ポスタートリエンナーレ銀賞、NYADC金賞、D& AD金賞、ONESHOW銀賞、CANNES LIONS金賞、CANNES YOUNG LIONS金賞など。

画像5


市川知宏
凸版印刷株式会社/フォトグラファー
1971年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。凸版印刷株式会社クリエイティブ本部ビジュアルクリエイティブ部所属。ポスター・カレンダー、メーカープロダクツ、文化財アーカイブ等の撮影を手がける。動画ではマルチディスプレイ用映像制作を行う。撮影以外に自動車・住設等の3DCGディレクターをこなす。全国カレンダー展、gregor international calendar Photo Calendar Award受賞。

ArtStickerのダウンロードはこちらから
▶︎iOS版:App Store
▶︎Android版:Google Play

ArtStickerは、アーティストへ「好き」の気持ちを直接おくれるプラットフォームです。
コーヒー1杯分のお金からはじまる、アーティストとのつながり。
小さな「好き」の気持ちが連鎖して、アートの世界が広がっていきます。
ArtStickerで、今までにないアート体験を!

Please follow us!
Twitter | Facebook | Instagram

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
The Chain Museum

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

ありがとうございます!
The Chain Museum
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。

 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/